覚悟の瞬間(とき)

夏島運輸株式会社 専務取締役 近藤智平
こんどうとしたか

近藤智平

神奈川県生まれO型
職業:夏島運輸株式会社 専務取締役
趣味:料理、ボルダリング
座右の銘:明歴々露堂々

2003年ヘヴィーロックバンド、GUNDOGの7弦ギタリストとしてVAPよりメジャーデビュー。2008年夏島運輸株式会社に入社。2010年取締役就任後、物流経営士課程を修了し、2016年専務取締役に就任。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

28歳になる年音楽を辞めました。メジャーデビュー後は音楽の活動で若干お金を頂いて仕事をしていたのですが、50歳でどんな生活をしているか想像したらぞっとしまして…。若いうちに社会に入り、地に足の着いた仕事をすべきと思い引退を選びました。特に学があるわけでも資格があるわけでもなかったので、雇ってくれる会社もないと思い、父親の経営する運送会社に4トンドライバーとして入りました。

現在の仕事への想い

物流の中でも運輸というジャンルはシンプルなだけに競争が激しいと感じます。だからこそ、お客様に選ばれる価値と、社員に選ばれる価値の創造が必要と考えています。特に社員については、人生で最後の学び舎になるであろう場として、自己成長できる環境を提供し、常に挑戦し、自身の人生をより充実したものへと変えていけるような風土を作り上げていきたいです。また、社員のライフ・ワーク・バランスを意識し、労働時間の短縮化と同時に給料が上がるようにも配慮しています。自分の時間をしっかり使え、ストレス無く仕事ができる環境があればこそ、お客様に選ばれるクオリティの高い業務が出来るのではないかと考えています。

あなたにとって覚悟とは

端的に言うと兄の死です。元々跡を継ぐつもりもなくそういう立場でもなかったのですが、そうもいかなくなった瞬間でした。後に引けなくなったとも言いますが、甘えも捨ててしっかりした経営者にならねばという覚悟はこの時にしました。情けないことに、兄はずっとこういう想いを持って生きていたのだと、この時まで考えることもありませんでした。学が無いとか経験が無いとか、そういう言い訳は通用しませんし、足りないものは自分で補わなければ誰かが助けてくれるというものでもないので、当時はかなり自分を追い込んだように思います。自分に対してもそうですが、外で出会う方々は「夏島運輸の後継者」として見るので、看板に泥を塗らないように、会社に恥をかかせないようにと意識して勉強するようになりました。「馬鹿だから、知らなかったから」とかの理由で会社が潰れるような事だけは絶対にあってはいけないと思い、好き嫌いで仕事を選ぶこともせず、苦手な事こそ時間を掛けて身に付けるように努めるようになりました。とは言ってもまだ道半ばですので、これからもずっと進歩を続けて器を大きくしていきたいと思います。

カッコイイ大人とは?

決断力、行動力、好奇心を兼ね揃えている人です。まず決断力ですが、これは逆に物事を決められない大人ってまずかっこ悪いと思うのです。多くの選択肢がある社会で、物事を決断する力であったり、自身の進む道を決断する力は必ず必要になります。全ての責任我にあり、とまでは言いませんが、自分の今ある姿も自分の決断を積み重ねた結果ですからね。とはいえ、仕事の上では上司の判断を仰ぐことも忘れずに。行動力ですが、これは決断力とも繋がります。考えていることや知っていることも、行動に移さなければ意味を為さないことが多いです。若い頃、周りでは「ああなりたい」「こうなりたい」と言う割に、出来ない理由ややらない理由を並べている人って多かったです。僕も人の事を言えませんけれど。行動力には現状を動かす力があるので、主体的に率先して行動することが出来る人はかっこいいと思います。最後に好奇心ですが、いつもわくわくしていると言いますか、新しい事にも物怖じせずに興味を持つ人って、楽しそうですし魅力的です。好奇心ある人は、アンテナの感度も高いので、新しい情報を持っていたり、従来とは違う判断基準を持てたりするので時に凄いアイデアが出たりします。また、好奇心のある事柄って、早く深く身に付くんですよね。上記2つと違って「考えずにやっちゃう」という面もあるかもしれませんが、僕がかっこいい大人と思うのは合わせて3つを持った人です。

今後に向かって

仕事への想いで触れませんでしたが、今後はわかりやすい価値の創造を目指したいと考えています。運輸はシンプル、だから差別化が難しい。良い職場環境、高い品質と謳っても社外の方たちには伝わりにくいですから、もっと直接的な魅力ある価値の提供が出来るようにしたいです。現在も模索しておりますが、同じルーティンで業務をこなしていても成長には繋がりにくいですし、限界が見えてしまうので、「限界なんてない!」という気持ちを共有して、色んな可能性に挑戦できる会社にしたいと考えています。働いてくれる社員がうちに入社して良かったと思えるように、お客様にもうちを選んで良かったと思えるように、広くアンテナを張って少しずつでも成長していけるよう努力を続けたいと思います。

若者へのメッセージ

僕自身が若い時から思うことは、決断力と行動力が人生を変える強い要因だということです。しがないギタリストだった僕も、決断と行動でGUNDOGというバンドに加入しメジャーデビュー出来ました。実績として大きなものとは言えないかもしれませんが、誰でもなれるわけではないものになる、ということは普通にやっていたら実現困難なことが殆どです。能力の差や環境の差を言い訳にすることも、それでいいと自分で決断した結果だとも思います。また、色々な事に挑戦することも大事だと思います。誰もが最初は初心者ですから、できない、わからないも、時間を掛ければ解決できることが多いです。時には恥をかくことがあるかもしれませんが、やらないで諦めてしまうよりも、失敗するかもしれないけれど挑戦する勇気が大事だと思います。興味あるものってすぐ上達するんです。だから、苦手なものにも好奇心を持って挑んでみると自分の意外な得意分野が見つかったりするのではないでしょうか。一度きりの人生ですから、自分の可能性をどんどん引き出して、色んなことを体験して頂きたいです。僕もこつこつ限界突破していきたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元陸上競技選手 朝原宣治

元陸上競技選手
朝原宣治

タレント 小島慶子

タレント
小島慶子

プロレスラー 武藤敬司

プロレスラー
武藤敬司

お気に入り

ロレックスの時計

父親が30代の頃初めて割賦で購入したというロレックスの時計を貰いました。メンテナンスをすればずっと使えるので、脈々と引継いで欲しいという願いもあり、大事に使っています。問題は引継ぎ先が無いことです。

モレスキンのバインダー

取締役になってからモレスキンを愛用しており、講習、セミナー、勉強会などの内容を全てメモして綴じています。ここに僕が学んだ全てが詰まっているので、自分自身たまに読み返して初心に帰ったり、社員教育の資料の元として活用しています。