覚悟の瞬間(とき)

緒方清掃 代表取締役 緒方郁夫
おがたいくお

緒方郁夫

熊本県生まれA型
職業:緒方清掃 代表取締役
趣味:食べ歩き、料理
座右の銘:寧ろ鶏口と為るとも牛後として為る無れ。

東海大学第二(現、付属熊本星翔)高等学校卒業後、東海大学法学部法律学科進学、卒業。新卒で、都内レストランにて勤務。 退社後、(有)緒方清掃に入る。当初、収集・運搬業のみの会社から、2006年5月処分業の許可を取得し中間処理の事業に拡大転換をし、地域密着リサイクルセンターの運営に当たる。2012年5月、代表取締役社長に就任する。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

見た目のかっこ良さのサービス業界に憧れ、サラリーマン生活をしましたが、従業員よりも経営者として社会貢献したいと思ったのがきっかけです。また家業で(有)緒方清掃を先代社⾧(父)が経営していた影響も大きな理由の一つです(鶏口牛後)。

現在の仕事への想い

我々廃棄物処理業界では、休みを取る事がタブー視され、ましてや有給休暇を取得するなんて以ての外という空気があります。 ですので、我社においては有給休暇取得は、当たり前、休みは週休2日、月1度のプレミアムデー(15時までの勤務)を実践 していき、従業員に対しては「気付き」を大切にし、全てではなく一つでも、一生懸命に何かを成し遂げる人をたくさん育てたいです。

あなたにとって覚悟とは

代表権を取得した時と、代表取締役社⾧として、法人税申告書にサインをして提出した時に覚悟をしました。また、今回の「覚悟の瞬間」の事前インタビューを受けた時に、全ての事に覚悟もって挑むと改めて思いました。

カッコイイ大人とは?

手柄を独り占めするのでなく、周りの人達のお陰で上手く事が運んでいる事を感じ伝えられ、すべての人が幸せな気分で仕事ができ、生きていく事ができるようにマネジメントが出来る人です。一日一日を大事にし、真摯に生活し続ける(self-control)人だと思います。

今後の展望

一人一人の成⾧が会社の成⾧になると思うので、仲間(従業員)を増やし一緒に成⾧し夢を語り合える事が出来る会社にしていきたいです。 個人的には今は、「食べ歩き、料理が趣味です」と答えていますが、その他に、アルトサックスと言える様に鍛錬して、チャールズ・チャップリンの「Smile」を吹けるようになることです。

若者へのメッセージ

今やりたい事を精一杯やり、その中で趣味や特技が将来の仕事になる様に工夫し考え、一人一人の成⾧が日本の未来への明るい成⾧であると思うので、一日一日を大事にして興味がある事にドンドンチャレンジして、失敗や成功を沢山して下さい。「落伍者に勝利はない、勝利者は決して途中であきらめない」(ナポレオン・ヒル)の言葉を送ります。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

戦場カメラマン 渡部陽一

戦場カメラマン
渡部陽一

精神科医 名越康文

精神科医
名越康文

内閣総理大臣補佐官 衛藤晟一

内閣総理大臣補佐官
衛藤晟一

お気に入り

ボールペン

最近、お客様の御祝いの記念品として頂いた、パーカーのボールペンです。最初に手に取った時の感覚が、今まで使用していたどのペンよりもフィットし求めていた物だと感じました。スーツを着用した時、内ポケットに忍ばせておくと非常に便利で、スマートにサインが出来る為重宝しています。

カード入れ

自分へのご褒美と、キャシュレス時代にスマートに対応する為購入したボッテガヴェネタのグリーン(会社のイメージカラー)のラバー製カード入れです。