私のカクゴ

Tecrhyme 代表取締役 杉浦大介
すぎうらだいすけ

杉浦大介

愛知県生まれAB型
職業:Tecrhyme 代表取締役
趣味:音楽制作、バンド活動、カラオケ、ゴルフ、バスケットボール、サッカー
座右の銘:正義を貫く

1978年、愛知県・名古屋市生まれ。南山大学・経営学部経営学科卒。大学時代にプロのミュージシャンを志すも挫折。大手空調メーカーにて営業からキャリアをスタート。量販店ヘルパーの人事にかかわったところで人事に目覚め、大手自動車部品開発会社への人事として転職。これが転機となり、同社で人事変革を推進。その後、人事コンサルティングのベンチャー企業でCOOとして、上場準備期まで企業成長をけん引。同社でTecrhymeの原型となる技術系人事コンサルティング事業を開始。これまで1500社以上の経営者・人事責任者への講演活動、150社以上のコンサルティングを実施。2023年3月、株式会社Tecrhymeを設立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

大学時代からバンドで生計をたてようとしましたが挫折。大学卒業後、空調メーカーで営業の仕事につき、量販店の販売員の採用、育成、管理の仕事に関わった時に人事という仕事に魅了され、より人事の専門の仕事がしたいと、自動車部品メーカーエンジニアリング会社へ転職しました。そこで人事のキャリアをスタートさせ、エンジニアの採用や育成、制度やリソーセス戦略にかかわり、人事変革を推進していく実績をつくることができました。その後、人事コンサルベンチャー企業に役員としてスカウトされ、7年間、名古屋支社長、COOを務めました。上場を目指す会社の仕組みとして一定の成果が出始めた上で、自分自身が一番優先順位をおきたかった技術者やエンジニアを抱える企業の課題に特化した会社を作りたいと思い、起業し今に至ります。

現在の仕事への想い

私の使命は、「技術者や技術者を支えているすべての企業や人々の為に」ということで、何らかの専門性を発揮して成果を出す技術者と言われる方々および、その技術を広め拡販する営業、技術者を支えている経営幹部、間接部門など技術者を抱えているすべての企業や人に貢献するというのが私の使命であり、自社のミッションです。失われた30年と言いますが、改めて日本の価値を土台から向上させていく上では、技術者のパフォーマンス向上こそが、中長期で一番効いてくるものだと思っています。ただ、技術者にある意味で、冷たかったり、熱くさせられなかったり、そもそも技術者が何をやっているか知らない人が多いという実態があります。私は、そこを変えて、技術者に「温かく」、「熱く」、「明るい」社会の究極を追い求めていきたいと考えています。

あなたにとって覚悟とは

自分の使命は世の中の技術系企業を強くすることだと想い、大手自動車部品メーカーを退社し、コンサルティングの世界へ進んだ2016年の意思決定です。そこでその意思決定をしたことで、これまで多くの企業様の経営者やキーマンの皆様と仕事を超えた関係性になることができ、それによってさまざまなシナジーを作りだせました。自分や自分たちが関わったことがきっかけで、その企業や人材が自信を持ち、成果を出すようになり、さらに自分たちに誇りを持てるようになっていく様を見ることが、何よりの私のエネルギーの根源です。

カッコイイ大人とは?

世の為、人の為に、自分の私利私欲も持っていたとしても、それを感じさせず、自然に行動ができる人だと思います。必要だと思うことは、相手と一心同体となって、感謝を忘れず、真剣に考え、行動し、決してあきらめないということです。

今後の展望

採用や、育成、活躍定着などの人事課題に対するソリューションだけでなく、技術継承、DX、新規事業開発まで、技術者を抱えている企業が抱える課題すべてに対応できるソリューションを増やしていく計画です。現在、弊社の考えに共感していただいた大手技術系企業出身のシニアの方や、大手技術系企業の人事リーダーがコンサルタントして、続々とジョインをしていただいております。製造業、建設設備施工保守業、IT業などの業種で現状対応させていただいておりますが、技術者と一口にいっても、何らかの専門性で価値を発揮することを技術者と定義すれば、もっと拡がると考えております。その中で、技術力=日本というブランド、自分たちの強みに自信を持てる日本にしていきたいと考えています。

若者へのメッセージ

今は情報が過多で、経験値が足りない人や、視座がまだ低い人などが自分の経験についての事実をネガティブに解釈したくさん発信していることで、若い時から、あれは無理だとか難しそうとか自分の中で枠を作ってしまう瞬間がたくさんあると思います。今やこれからの時代は、平均点が高いだけの人は、イノベーションを起こすことができません。何かを探求、行動し続けられる人が、イノベーションを起こせると考えています。なので、誰かにムリだと言われたとしても、信じたものや好きなものにこだわり、行動し続けてほしい。自分の可能性に蓋をしないで、突き進んでください!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プロゴルファー 芹澤信雄

プロゴルファー
芹澤信雄

昭和大学横浜市北部病院循環器センター 心臓血管外科 教授 南淵明宏

昭和大学横浜市北部病院循環器センター 心臓血管外科 教授
南淵明宏

メンター 会長 藤田隆志

メンター 会長
藤田隆志

お気に入り

かばん

JIMMY CHOOのかばん。以前妹がJIMMY CHOOの社員として働いていて、本人が辞める間際に買ったもの。秋冬は、違うカバンを使っていますが、春と夏はこのカバンで、とても気にっています。

デニム生地の携帯のケース

よく携帯などを失くしてしまうので、目立つかつかっこいいケースを探していて、たまたまネットで買ったものです。ずっと愛用してます。