私のカクゴ

株式会社ウイングプラス/株式会社ウインスマイル 代表取締役 加瀬法起
かせのりおき

加瀬法起

茨城県生まれO型
職業:株式会社ウイングプラス/株式会社ウインスマイル 代表取締役
趣味:ドライブ
座右の銘:究極のサービスは感動

株式会社ウイングプラス/株式会社ウインスマイルの共同代表を務める。ストレスチェック事業、システム開発事業、農業の3事業をメインに自社で行っている。ストレスチェック事業に関しては、他のメイン事業を行っている会社が大多数の中、当社はストレスチェックをメインに事業展開した会社である。システム会社がバックにあるため、常にストレスチェックの依頼を臨機応変に受けることを可能とする。またシステム事業においては、港湾に関する開発実績が多数あることから、貿易・物流関連のシステム開発を得意としている。現在は農業事業において、一般農家では導入に抵抗のある新進的な肥料や設備導入の挑戦を計画している。

株式会社ウイングプラス 株式会社ウインスマイル

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

経営者になるのが夢でした。幼い頃から中小企業の社長さんと会うことが多かったため、「いつか自分の考えや戦略で経営ができるようになりたい」という夢が膨らみ、その中で自分の考えをしっかりと持った社長さんになりたいという思いが漠然とありました。最初はサラリーマンとして働き、その後いくつかの業種、職種のなかで、サービス業や営業、そして経営管理など、多くの経験をしました。18才頃に起業することを人生の目標とし、その思いから日大の経営学科に入学を決意いたしました。20代後半、グループ会社から代表になる話をいただいた際、最初は自分の夢を踏まえ、とても悩みました。当時の代表や共に仕事をしてきた仲間への想いがあり、その仲間と一緒に私の会社を始めようという決意をしました。

現在の仕事への想い

代表像として、よくピラミッドに例えると1番上に位置するようなイメージがあると思いますが、私はピラミッド型というより、ボールのような円形をイメージしていて、その中心に自分がいるというスタイルにした方が、会社の在り方として良いと思っております。私が上ではなく中心にいて、色々なセクションや立場からの情報が入ってくる、そして私から直接の指示やアドバイス、想いを伝える機会がある組織体制を意識しております。

あなたにとって覚悟とは

経営者になった時の覚悟、それはスタッフを雇用するため、事業継続といったところを念頭に覚悟を決めております。事業を展開する時の覚悟は、弊社のサービスに対して何かしら良いと思って利用していただいてるお客様がいることから、せっかくご利用いただいたお客様に対して、継続的に弊社のサービスを利用いただける体制やサービスを構築することが、私の覚悟になります。事業をスタッフに任せ、学び、考えていただく。そのスタッフが多くの時間を費やす特に20代、30代〜40代は、人生において貴重な時間であるため、決して無駄にはしないという覚悟を持ってお仕事を任せております。

カッコイイ大人とは?

「熱い人」が、かっこいいと思います。私自身、熱い人間だという表現ができないため、周囲の人にわかっていただけることは少ないのですが、仕事への気持ちにはすごい熱いものを持っていると自分では思っております。そのため、内に秘めた熱さを全面的に表現できる方はかっこいいと思います。小さい頃から長渕剛さんが好きです。長渕さんは、音楽はもちろん、その熱さを表現することも上手で、かっこいいなと思います。

今後の展望

社内においては各事業におけるスペシャリストを育成することです。各事業の従業員の個の力を伸ばせるような体制を整えたいです。ストレスチェック事業では各専門機関と提携やタイアップを進め、お客様の健康経営に少しでも貢献できるサービスを構築したいと考えています。システム開発ではAIやRPAを活用した開発提案を促進したいと思います。農業においては、地域貢献を前提に、地域とのタイアップ、有機栽培、農福連携、輸出等を視野に入れ事業展開を検討しています。

若者へのメッセージ

「人生の主役は自分」であることを忘れないでいただきたいです。仕事が人生の全てではない。さまざまな経験をして、若いうちにできるだけ多く、自分に合う仕事を経験してください。他人のために生きるのではなく、幸福を感じるのは自分が優先であることを忘れないでいただきたいです。応援しています。一緒に頑張りましょう!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

振付師 パパイヤ鈴木

振付師
パパイヤ鈴木

プロフリークライマー 野口啓代

プロフリークライマー
野口啓代

元サッカー選手 釜本邦茂

元サッカー選手
釜本邦茂

お気に入り

時計

二十歳の時に母が買ってくれた時計です。大学時代、新入社員から現在に至るまで、楽しいこと、苦しいこと、さまざまな時間を共に過ごしてきました。

となりのトトロ

幼い頃から数えきれないほど見てきた宮崎駿監督の作品です。息子もお気に入りの作品で、休日に家族で一緒に繰り返し見ています。