私のカクゴ

優和会 理事長 松永平太
まつながへいた

松永平太

千葉県生まれA型
職業:優和会 理事長
趣味:美味しいものを食べること
座右の銘:意識の高さより無意識の豊かさへ

1992年東京医科歯科大学卒業。みさと健和病院、柳原病院等にて、地域医療、看護ケアの大切さ、いのちを支えるケアを学ぶ。1997年父の診療所を継承。2000年介護保健制度施行にあわせ有限会社ハイピースにて訪問看護、介護ステーション、「そよかぜ」創設。2001年医療法人社団「優和会」創設。翌年、デイサービスセンター「あそぼ」を設立後、2005年社会福祉法人「おかげさま」創設。その後、老人保健施設「夢くらぶ」、「夢ほーむ」、認知症対応型デイサービス「おかげさま」創設。2009年松永醫院リニューアルオープン。2023年看護小規模多機能「にこにこ」創設。2024年地域包括支援センター創設予定。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私は、父親が医師、母親が看護師という医療者夫婦の次男として生まれました。医療者である両親のもとで育った私は自然と医学を志すようになりました。父の入院をきっかけに千倉に戻ることになり、患者さん、地域の皆さん、人のためになると決心し、父の開設した診療所を受け継ぐことになりました。

現在の仕事への想い

患者から任せると言われれば任せろと言います。責任を持ったからには最高の医療を提供することを心がけています。長い高齢期の時間を充実したものにするには、大きな病気を予防しながら、できるだけ元気に過ごすか、人生の最後の日までその人らしく生きられる、そういう地域社会を作っていく事が大切です。つまり、最後の最期まで診る、看取るまで診る、そして「幸せな人生だった」と満足死を達成してもらうことです。

あなたにとって覚悟とは

目の前の患者の今を守ること、それだけではなく、10年先の未来も守ることです。患者のより良い未来を守るために責任を持つことです。私は、「1日32時間、365日、患者のために」をモットーにしています。24時間を上回る意気込みで、地域の人々の人生を丸ごと診ること、「田舎の町医者として生きる。」という覚悟を持つことで、患者に幸せな人生だったと言わせたい、この田舎で生きて来てよかったと言わせたい、この地域を豊かにさせたいと思うようになりました。

カッコイイ大人とは?

私は人生の最大の目的は「みんなが幸せになること」だと思います。幸せとは求めるものではなく、自分の身の回りにあることに気づき、拾い上げ噛みしめるものだと思います。意識の高さを求めてしまいがちですが、自然体であることです。カッコイイ大人とは、意識の高さではなく、無意識の豊かさに気づくこと、触ると火傷をするような、うちに潜む情熱を持ち合わせている人だと思います。

今後の展望

目の前の10年未来の命と笑顔を守ることです。家で最後を迎えられる地域を作っていくことです。未来の房総半島を守り、命に優しく心豊かで幸せを感じることができる地域を作ることです。千倉長平館地区の高齢化率は50%を超えています。世界一長寿の国である日本の25年未来をいくこの南房総半島で最先端の地域創成モデルをつくり、100年経っても生き残っている田舎にしたいです。

若者へのメッセージ

人生の目的は幸せになることです。そのために「笑う、食べる、愛される」事にこだわってほしいです。「笑う」ことは命の輝きの象徴です、「食べる」ことは、生命活動のエネルギー源です。最後に「愛される」ことは、家族や人とのつながりの中で生きることです。自分自身が幸せになること、そして今だけでなく未来も守れる人になってください。人に幸せをどれだけ与えられるか、元気な若者になってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

バレーボール選手 清水邦広

バレーボール選手
清水邦広

総合格闘家 所英男

総合格闘家
所英男

元プロ野球選手 松田宣浩

元プロ野球選手
松田宣浩

お気に入り

電気焼き鳥器

炭おこしせず簡単に焼き鳥でも焼き肉ができます。家族と楽しみながら焼き鳥をするのも良し、仕事が終わった夜遅く、ワインを飲みながら独り焼き鳥をするのも良し、焼きたてを美味しく食べるのは、幸せを感じる瞬間です。

ラジオ体操の出席カード

千倉では、夏休みに朝7時からラジオ体操が行われています。子供から高齢者まで参加できるイベントです。地域のつながり、支えあう医療に欠かせないラジオ体操です。