覚悟の瞬間(とき)

衆議院議員 後藤田正純
ごとうだまさずみ

後藤田正純

東京都生まれB型
職業:衆議院議員
趣味:囲碁
座右の銘:逆命利君

慶應義塾大学商学部卒業後、政治家になるため後藤田正晴氏の秘書となる。その後、三菱商事に入社し、第42回衆議院議員選挙に徳島県第3区で初当選。内閣府大臣政務官就任などの経験も経、総選挙当選4回。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

大叔父の後藤田正晴や社会党の衆議院議員であった井上普方などが親せきにいたため、幼時から政治に関心を持ちました。小学校6年生のときの卒業文集に、政治家になりたいと書きました。

政治家の道へ進んだきっかけ

前述の通り、親戚に政治家がいたことと、幼いころから国会議事堂に遊びに行っていたので、あこがれが強かったです。

ターニングポイント

幼少のころから「政治家」はあこがれでしたが、1年ほど大叔父の秘書をやっていて、「社会を知れ!」と言われました。それをきっかけに商社に勤めることになったのがターニングポイントとも言えると思います。

覚悟の瞬間

政治家は結果責任なので、常に覚悟をしながら戦っています。

今後の目標

「成長」と「財産」が生きていくには必要だと思っています。一刻も早く戦後の日本を築いた方たちのように、畑を耕すようなことから始めなければならないと思っています。もう一度国民の皆さまに協力をいただき、あらゆる問題を乗り越えられるよう、政治家として訴え続けていきたいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

格闘家 前田日明

格闘家
前田日明

参議院議員 山本一太

参議院議員
山本一太

衆議院議員 柴山昌彦

衆議院議員
柴山昌彦

お気に入り

クリアフォルダー

いろいろな書類をポケットに入れ、持ち歩いているので、自分で作成をし携帯しています。

かばん

商社時代の友人が作っているメーカーで、機能性もさることながら、友人が今まで苦労してきたことや大企業に立ち向かう経営スピリットに惚れたのと、使い勝手がとても良いものなので使用しています。