覚悟の瞬間(とき)

演出家 テリー伊藤
てりーいとう

テリー伊藤

東京都生まれO型
職業:演出家
趣味:野球観戦
座右の銘:舐めてかかって真面目にやる

早稲田実業中等部、高等部を経て日本大学経済学部に入学。大学卒業後、テレビ番組制作会社「IVSテレビ」に入社。「天才たけしの元気が出るテレビ」「ねるとん紅鯨団」などヒット番組を手掛ける。その後独立し、テレビ東京「浅草橋ヤング洋品店」を総合演出、「サッポロ生搾り」「ユニクロ」「プロピア」「MGローバー」等数々のテレビ番組やCMを演出。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

実家は築地の玉子焼き屋。サラリーマンの家と違って朝も常に2時3時に起きるわけだし、土日も商売をやっていたから一緒にどこかに行ったという記憶はほとんど無いですね。時代は映画の「Always3丁目の夕日」のような時代だったけれど、子どものころからオシャレで、近所の友達と一緒に野球のユニフォームを作ったりしていましたね。学生時代もその延長線上で、音楽はビートルズやローリングストーンズを聞いて、洋書屋でファッション誌を買って読んでました。

現在の道へ進んだきっかけ

大学生のころも遊びばかりで、実家の玉子焼き屋では自分より年下の住み込みで働く子たちが朝2時に起きて働いているのに、自分は朝2時に遊んで帰ってくるようなどうしようもない生活。これは何か違うって思うようになって、自分の人生で楽しかったことを箇条書きで書いてみたんですね。思い出したのは、大学生時代に音楽イベントの演出をやっていたこと。イベントはけっこう上手くいって、幕が閉まるときに涙が出てきたんですよ。考えてみたら、テレビを見て泣いたり本を読んで泣いた、感動したってあるけれど、それは全部受け身での感動であって、自分が何かをして泣いたことってあのときだけだったなって思ったんです。だったら、演出的な仕事をしてみたいと思ってこの業界に入りましたね。

覚悟の瞬間

覚悟をしたのは、この業界に入ったとき。テレビ局に入ったわけじゃなく、制作会社に入ったから2人、3人しかいない制作会社だったから収入も少なかったですしね。でも、読売テレビから独立したメンバーが作った会社だったので、仕事は幸いあったんですね。入社2、3日目には会議に出ました。そのときには日本テレビの人たちや放送作家の人たちも集まった会議で、そのときの会議が本当に低レベルで「こんなつまんないことを言っているのか」って思ったんです。これならやっていける、と思いましたね。今でも自分のコンセプトにしているのですが「舐めてかかって、真面目にやる」。今は、テレビも自分が出ることもあるし、テレビじゃなくってラジオをやったり出版の仕事をしたり、色んな業界の仕事をするけれど「大したことないや!」って思ってます。でも、その業界でずっとやっている人もいるわけだから「真面目にやる」ということは大事にしてますね。

今後の目標

自分で感動するものを作りたいと思ってこの業界に入ったけれど、今は感動なんて無いですね。高田純次さん見て感動しないでしょ?所ジョージさん見て感動する?高田純次さんみたいになりたいっていう人は多いじゃない。それは何かっていうと、感動なんかよりも、ああいう風に生きれば世の中楽しいのにって思ったり、楽なのにって思ったりする。そういうところの方がいいよね。感動とか絆とか面倒くさそう。「テリー伊藤は夜遊びに行ってまだ女のケツを触ってるのか」っていうほうが何か面白い。感動なんかさらさら与えたくないですね。林家ぺーとか面白いじゃないですか。面白い方がいい。与えるよりも、その人の生き様だよね。ああいう風に面白く生きている人がどんどん増える方が日本はハッピーになる気がします。

日本のアカルイ未来のために

私は若いころの夏休みによく人を傷つけて思い出を作っていたんですよ。でも今は人を傷つけるわけにはいかないので、今の若い人にちょっと言いたいことは、どんな手段を使ってもいいから沢山の思い出を作ってください。後できっと素敵な思い出になると思いますので、身体を動かして、自分で限界を決めないで動いてください。素敵な青春を過ごせると思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

服飾評論家 市田ひろみ

服飾評論家
市田ひろみ

サッカー日本女子代表 澤穂希

サッカー日本女子代表
澤穂希

衆議院議員 柴山昌彦

衆議院議員
柴山昌彦

お気に入り

帽子

普通の帽子だとつばが長いと思いますが、この帽子に関してはつばが短く、照明の当りが顔までこないので気に入っています。知り合いの方に頼んでロンドンから取り寄せて頂いた物です。クラシックなデザインで気に入ったので茶色、黒色、グレー、エンジ色と4色持っています。

時計

グランドセイコーの時計です。時計はセイコーばかり持っているのですが、グランドセイコーの時計を特に好んで付けております。男性用の時計といえば普通ベルトは黒なのですが、白に変えるとイタリアのナンパ師のような雰囲気になるので気に入っています。あえておじさん臭い時計をカスタマイズして付けるのが好きです。