覚悟の瞬間(とき)

ナイフテック 代表取締役 山下淳司
やましたあつし

山下淳司

埼玉県生まれA型
職業:ナイフテック 代表取締役
趣味:音楽鑑賞
座右の銘:ライバルは昨日の自分

公立の工業高校機械科を卒業。新卒で同業他社へ入社、工場に配属され12年間製造を経験して営業へ配属。7年間営業と製造を兼務したのち退職。2016年に株式会社ナイフテックを設立。2017年に同社名古屋工場を立ち上げ、現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

父親が元々この事業を経営しており、高校卒業後、一番身近な会社に就職したのがきっかけです。継ごうという意識よりもまずは一度働いてみようという感じでした。厚みが5ミリなどのものが製品となるのですが、公差がミクロンの世界です。それを研磨して製品にしていくすごく繊細な加工となります。弊社で製作したものをお客様に使用していただき、「良かった」と評価を頂戴し、またご注文をいただけることがやりがいです。何よりも製品が営業してくれていると思っています。

現在の仕事への想い

2016年に設立したまだ微力な会社です。自社でやれることが限られていますので、やはり人との繋がりを大切にしております。お客様をはじめ、従業員、協力会社様、すべての人に感謝しています。従業員であれば給与やボーナスで還元したり、協力会社様であれば、また違う仕事をお願いしたりなど次の仕事に繋がるよう心がけております。また、製造ではクオリティーの向上や段取り力を常にブラッシュアップすることを意識し、営業ではレスポンスとアフターフォローを心がけて、お客様へのサービス向上を意識しています。

あなたにとって覚悟とは

覚悟とは、自分への見返りを考えずに行動できること。私にとっての最大の覚悟は、やはり19年務めた前社を退職し、また一から起業したことです。当時、色々な選択肢があった中で、最難関に挑んだことはターニングポイントとなりました。

カッコイイ大人とは?

思いやりと感謝の心を表現できる人です。父親がそうだったと思います。叱るときはしっかり叱るのですが、どんなに小さなことでも「ありがとう」と言える人でした。高校卒業後から職場が同じなので、父と息子という関係よりも上司と部下という関係性の方が長かったため、どんな些細なことでも相談できました。親子だから喋れないということもなく本当に上司と部下という間柄で、それは私だけに限らず、当時の部下や協力会社様からも厚い信頼を持っていたと思います。

今後の展望

ライバルは自分自身だと思っていますので、昨日よりも今日、今日よりも明日の自分が成長できるよう日々学びを忘れずにしていきたいです。あとは緊張感のある場所で緊張しない自信つけていきたいですね。お客様や協力会社様すべて、垣根を越えた仲間だと思って仕事をしております。今後も色々なことをぶつけ合い、製品を作り上げていくそんな仲間を増やして、みんなが幸せになっていければと考えております。

若者へのメッセージ

仕事もそうですが何事も真剣に取り組むことが大切です。真剣だと知恵が出て、中途半端だと愚痴を言い、いい加減だと言い訳ばかり。私も身をもって経験しています。真剣に向き合うことによって、アイデアが生まれ、その新しいアイデアは今後、世界を変えていくアイデアのひとつなのです。どんなことでも何かひとつ真剣になれるものを見つけて、その新しいアイデアで未来を創っていってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元宮崎県知事 東国原英夫

元宮崎県知事
東国原英夫

サッカー日本女子代表 澤穂希

サッカー日本女子代表
澤穂希

映画監督 井筒和幸

映画監督
井筒和幸

お気に入り

Apple Watch

工場では携帯電話を持ち歩かないので、作業している際に電話やメールを確認できてとても便利です。

Air Pods

工場で作業している際に、手を止めずに作業できたり、デスクワークの際も携帯電話を持たなくて良いので通話しながら仕事が進められるので活用しています。