私のカクゴ

新宿セントラルパーク歯科 歯科医師 長谷川巧
はせがわたくみ

長谷川巧

北海道生まれO型
職業:新宿セントラルパーク歯科 歯科医師
趣味:旅行、ウェイトトレーニング
座右の銘:為せば成る

明海大学歯学部を卒業。「ドイデンタル原宿クリニック」(原宿)2年間、「タイラデンタルクリニック」(南青山)17年間の勤務経験を経て、「新宿セントラルパーク歯科」を2020年に開業。顎咬合学会、日本矯正歯科学会、日本口腔インプラント学会、スウェーデン歯科学会に所属し、日々研鑽している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

小学生の頃、虫歯が一本もない生徒は、全校生徒の前で「歯の健康優等生」として表彰してもらえるという、面白い取り組みがされていた小学校で、毎年表彰して頂いていた事から歯に関心を持つようになった事が最初のきっかけだったように思います。その後、永久歯に生え変わったあと、噛み合わせの不具合を感じるようになり、当時、歯並びや噛み合わせの治療は一般歯科で行える医院が少ないという情報を得る手立てもなく、一般歯科に行って噛み合わせの不具合を訴えたところ、健康な歯を削られて詰め物を入れられてしまった苦い経験があり、患者様ファーストの治療が行える歯科医を目指すようになりました。

現在の仕事への想い

歯は、他の臓器のように自己修復ができませんし、一度生え変わったあとは、一生同じ歯を使わなければなりません。天然の歯は、湿度、温度、噛む力など、過酷な環境の中、約70年近く同じ物質を使わなければなりません。現状、そのような過酷な環境で70年近く安定した物性を保てる物質は、いまだ発見されていません。本来授かった天然の歯一本一本にとって、矯正治療など併用して、快適な環境を整えておく事が大切だと考えています。お口の中は、客観視することができないので、どこか他人事のように捉えられがちです。そこで、様々な機材でお口の中を見える化して、自分事として捉えてもらえるような取り組みをしています。

あなたにとって覚悟とは

独立開業が、一番覚悟した瞬間だったように思います。勤務医の頃は、治療だけしていれば良いですが、独立するには、資金調達はどうすれば良いのか、労務管理や、財務、法律的な事、クリニックを多くの人に知ってもらうための対策などなど、今まで縁がなかった仕事内容をこなしていかなければなりません。そして、それらの事はある程度先輩や、業者さんにアドバイスをもらう事はできても、そのアドバイスが本当に正解なのかは、自分が判断しなければなりません。しかし、実際に歯車が回り始めると、自分で何でも決めていける事が、自分の人生の手綱を自分で握っているような感覚になってきて、それが楽しく感じられるようになってきました。

カッコイイ大人とは?

何事にも慌てず、いつもどこかに余裕があり、自分本位にならず、周囲の人にも気遣いがさりげなくできる、そんな人は大人だなと感じます。余裕は、いろいろな経験を積んでいく過程で培われていくものなのかな?と最近感じるようになりました。ですから、ただ年齢を重ねていけばよい訳ではなく、逆に若い方でも自分とは畑違いの知識や技術を持っている方、様々な経験を積み重ねている方は、大人だなと感じる事があります。私事ですが、実は人前で話すのがあまり得意なタイプではありませんが、今回の取材を受けてみようと思ったのも、今までにない経験を積んで、自分のキャパシティーが広がるといいな、という考えも一つありました。

今後の展望

夢は、同じ方向を向いて一緒に頑張っていけるスタッフを増やして、少しずつ医院の規模を拡大していきたいという事と、歯の治療について言えば、マウスピース矯正の技術が、今すごい勢いで進化しているのに、まだまだ、マウスピース矯正でどんな事ができるのかという事を、世間には正しく認知されていないなと感じる事が多いので、正しい知識を広めていきたいです。例えば、マウスピース矯正だけでも、歯並びだけではなく、噛み合わせも治す事ができるだとか、マウスピース矯正の方が歯を抜かずに矯正できる確率が高いといった内容も、もっと広く知ってもらえれば、悩みを抱えている誰かの助けになるのではないか、と考えています。

若者へのメッセージ

今の若者は、多くの情報に晒されて、自分の軸のようなものが見えにくい時代になっているのかな、という印象があります。時代の流れに乗る事も一つの処世術なのかと思いますが、流されているだけでは何が自分にとっての正解なのか、わからなくなることもあるのではないかと思います。まず、目標や将来のビジョンみたいなものを頭に描いて、例えば20年後こんな大人になっていたい、とビジョンができたら、そこからどんどん逆算して、今から10年後の自分、今から5年後の自分、来年の自分、来月の自分、といった感じに、その時その時にやっておくべきことや、身に付けておくべき事を明確にしていくと、自分軸が整っていくのかなと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

脳科学者 茂木健一郎

脳科学者
茂木健一郎

山岳医療救助機構 医学博士 大城和恵

山岳医療救助機構 医学博士
大城和恵

ロシナンテス 理事長 川原尚行

ロシナンテス 理事長
川原尚行

お気に入り

AirPods

どこに行く時にも、常に携帯しています。ノイズキャンセリングが簡単にできるので、カフェで集中をしたい時や、webミーティングで相手の声をしっかり聞きたい場合など、生活になくてはならないものです。

リップクリーム

緊張すると唇を舐める癖があり乾燥しやすいので、こちらのリップクリームは手放せません。保湿力や使用感が他のものとは全然違って優秀なのでお気に入りです。いろいろなフレーバーが気分転換にも一役かっています。