私のカクゴ

はあとふる歯科医院 院長 佐野哲也
さのてつや

佐野哲也

東京都生まれO型
職業:はあとふる歯科医院 院長
趣味:クラシック音楽鑑賞、オペラ鑑賞、ウォーキング、美味しいものを食べに行くこと
座右の銘:鞠躬尽瘁

1990年3月日本大学第二高等学校を卒業し、1992年4月日本大学歯学部に入学する。1998年3月日本大学歯学部を卒業し、1998年4月から2002年12月まで都内歯科医院で勤務医として経験を積む。2003年1月はあとふる歯科医院を開院する。2012年5月日本歯周病学会認定医を取得。2015年2月日本口腔インプラント学会認定・口腔インプラント専門医を取得。2016年5月日本歯周病学会専門医を取得。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

子供のころ、かかりつけの内科医さんに「困った時はお金がなくても来て良いよ」と言われ、「自分も困った人を助けられる医者になりたい」と子供心に漠然と思ったことがきっかけです。大学受験では医学部を中心に受験していましたが、幼稚園の卒業文集には「歯医者になりたい」と書いてあったので、結果としては夢が叶った感じになっています。

現在の仕事への想い

真実は細部に宿ると言われますが、教科書に書いてある治療手順で、一般の歯科医院ではやっていない、または手順を飛ばしている様な、そういった事柄を必ずおこなうことが、薄皮一枚ずつ積み重ねることが、大きな差を生むことを理解しているので、そこを大事にしています。生まれ持った才能によって人生に差がつく一面もあるかもしれませんが、努力は絶対に裏切らないし、他人の倍の努力をすれば絶対に技術は上がって結果はついてくる、と言うことは信じて疑わないです。

あなたにとって覚悟とは

祖父母が資産家で、医学部か歯学部なら学費を出してくれる、という環境にいたため、大学に入学することができました。そのため大学入学後は祖父母がお小遣いや生活費も出してくれるか?と思っていたのですが、一円も出してもらえず、また両親にも頼れない状況だったため、大学に行く交通費もなく、大学生活が始まる前に人生が詰んだと思いました。しかし、大学に入る前に人生が終わってしまうのも困るので、大学合格と同時に、アルバイト先を探し、塾講師のアルバイトを始めました。歯学部に入学すると、勉学が忙しくなるため、普通は大学2年まででバイトは辞めて3年生からは学業に専念するのですが、両親に頼れない状況だったため、結局、国家試験の1週間前まで、大学6年間、ずっとアルバイトを続けました。塾の中でも全校舎で有数と言われる理科講師となり、もうどこに行っても食べていける自信を持つことになりました。

カッコイイ大人とは?

一般論として、人知れず、コツコツ努力を続けていて、それによって誰もが到達出来ない様な領域までたどり着いている人は尊敬します。自分は元々、コツコツずっと勉強し続けてきていて、得意分野では、そこそこ良いところまでたどり着いているので同業の他人をかっこいいと思うことはあまりなくなってしまっています。でも尊敬する先輩が日本歯周病学会で最優秀臨床ポスター賞を取って授賞式に出ているのをみて、それはかっこいいと思いました。その先輩は歯周病の治療も、普通の人が治せない重症な人も、あっさり治してしまう上に、矯正治療も上手なので、その先輩みたいになるために、矯正治療を頑張って勉強中です。あと、うちの師匠はすごい人だと思います。相当頑張っていますが、背中まで手が届いたことは一回もないです。

今後の展望

親しい仲間に海外論文投稿をする様に5〜6年前から勧められているので、自分の疑問に思うことを研究し、論文発表をしたいと思っています。自分がたまたま運が良くて手に入れることができた知識や技術を、勤務医や勤務歯科衛生士に教えて、彼らが活躍出来る場所を提供し、成長を促していますので、当院を卒業していった彼らが地域医療でリーダーとして貢献していってくれることを願っています。自分1人では手の届かない、もっとたくさんの困った人たちに良い歯科医療を提供出来る様になっていったらいいなと思っています。

若者へのメッセージ

人生、思い通りにならないこともたくさんあるかもしれないけれども、コツコツ努力をちゃんとしていれば、お天道様はちゃんと見ていてくれて、必ず努力は報われます。人生の壁と思える様なツラい出来事は全て、あなたの人生を彩るスパイスです!!あなたは世界でたった1人の特別な存在だから、自分の能力を信じて、困難な道を切り拓いて、自分の人生を楽しんでいってください!!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

放送作家 元祖爆笑王

放送作家
元祖爆笑王

全世界空手道連盟新極真会 代表理事 緑健児

全世界空手道連盟新極真会 代表理事
緑健児

弁護士(元農林水産大臣) 山田正彦

弁護士(元農林水産大臣)
山田正彦

お気に入り

iPad mini6

いつでもどこでも海外論文を読むことができて、書き込みも可能です。論文データがクラウド上で管理できるので非常に便利です。最近ではセミナーや講演もiPad mini6で行うため、出かけるのに手軽でもう手放せないアイテムです。

ノイズキャンセリグイヤホン

色々なノイズキャンセリングイヤホンを持っていますが、このBoseのQuietComfort® Earbuds IIはノイズキャンセリング機能が一番凄く、騒音を完全にシャットアウトしてくれるので電車で移動中や喫茶店で海外論文を読んだり、勉強するときの必需品です。