覚悟の瞬間(とき)

LIBEX 代表 堀江隆司
ほりえりゅうじ

堀江隆司

福岡県生まれB型
職業:LIBEX 代表
趣味:釣り、ゲーム
座右の銘:何をするか、よりも、誰とするか

東福岡高校、福岡美容専門学校卒業後。美容業界へ就職。23歳で業務委託サロンで個人事業主として勤務。その後25歳で店長、26歳でマネージャー、そして27歳で独立しEIL一店舗目をオープン。現在は二つの会社を経営し12店舗を構える。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

僕は入学が決まっていた大学を蹴って専門学校に入学しました。なぜかというと、高校生の頃から経営者になりたいと思っていて、手に職をつけたほうが早く経営者になれると思ったからです。美容師の道を選んだのは、中学生の頃から友だちの髪を切ったり、セットをするのが好きで、美容師に憧れを抱いていたからです。親の反対を押し切って進路を変更し、美容師になったんだから、絶対に結果を出したいとずっと考えていました。それが最初の原動力です。2018年から仕事のほとんどを経営の仕事にシフトしたため、美容業界以外の経営者たちと知り合う機会が増え、日々新たな刺激をいただいています。その結果、「なにをしたいか」よりも、「誰とするか」で物事を決めるようになりました。また、人脈が広がったことでできることが格段に広がり、経営基盤もさらに強くなりました。培った人脈を活かし、今年の夏から初の飲食事業に挑戦しています。飲食事業は他社と共同経営をしていますが、この仕事も「誰とするか」を軸に考えた時に一緒に仕事をしたいと思える人たちと出会えたからなんです。

現在の仕事への想い

「スピード」「信頼」「信用」の3つを重要視しています。僕は会社を2つ持っていますが、1つ目の会社「Plaia」では独立してすぐに「EIL hair Garden」を立ち上げ、その後続けて2店舗構えました。2つ目の会社は、2020年末に立ち上げて今年から始動した「LIBEX」で、大阪への出店ラッシュをかけました。パフォーマンスも含めて、勢いはとても大切なことだと思います。また、信用や信頼を築くために心がけていることは、「絶対に嘘をつかないこと」です。単純な嘘であってもつかないようにしています。「来年、給料を倍にしようね」とスタッフと話したら、それが何気ない会話の場であったとしても、一度口にしたことを守るためにスタッフにも行動に移してもらっています。そして、話の内容を忘れないために、スマホにメモをするよう心がけています。おかげで、僕のスマホのメモ帳は文字で埋め尽くされているんですよ。

あなたにとって覚悟とは

親友の不慮の死です。彼は同じ専門学校に通っていた同級生で、初めての就職先も同じでした。「将来、一緒に店を出そうね」と約束をしていたのですが、一緒に夢を叶えることができなくなってしまいました。彼は、もっと生きたかったと思うんです。その親友の分まで人生を、仕事をやり切りたいと思って、彼の想いと存在を日々の糧にして動いています。

カッコイイ大人とは?

何がベストかを問い続ける大人がかっこいいと思います。先を見据えてスピーディーに動く行動力がある方は、結果として夢を実現させることができるのだと感じています。だからこそ、僕と違う生き方をしている兄をとても尊敬しています。両親に言われた道を進んでるかと思っていましたが、両親に言われたことの上を常にいっているような兄だからこそとても尊敬しています。

今後の展望

コロナが落ち着いたら、美容事業の海外出店を考えています。この事業に関しては、日本人である僕らだからできることはないかと追求した時に出てきた考えで、富裕層ではない人たちにジャパンメードの美容サービスを届けたいと思っています。また、ゆくゆくは、スタッフたちも僕と同じ目線に立ってほしい、そこまで成長してほしいと思っています。以前は、スタッフたちにサロンを引き継いでもらいたいと考えていましたが、事業を展開するにつれ、遠くない将来、会社そのものを引き継いでもらいたいと願うようになりました。

若者へのメッセージ

人生って、どうもがいても状況が変わらないことがあると思います。しかし、人生につまずいたら、無理に進もうとせずに、まずは違う方向に動いてみる。すると、変化が出てくるかもしれませんよ。経営者の中には自分の利益ばかりを追求している人も多いけど、トップばかりが稼げるのは違うと思っているんです。僕は、「一緒に仕事をしていて楽しい!」と思える人と人生を共に過ごしたいんです。見たことのない世界を共有できるって、想像するだけでワクワクしませんか?トップになって経営をする楽しさをぜひ味わってほしいですし、トップに登りつめるためのステップアップできる環境も用意しています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

岡山大学臓器移植医療センター 教授 大藤剛宏

岡山大学臓器移植医療センター 教授
大藤剛宏

自由民主党 石破茂

自由民主党
石破茂

パティシエ 辻口博啓

パティシエ
辻口博啓

お気に入り

時計

30歳を機に購入した時計です。あまり物欲がないのですが、周りの方やスタッフの方々からもっと自分にお金を使ってくださいと進められていたので、30歳を迎えたことを機にスタッフにも憧れていただけるような時計を購入しました。

ハサミ

亡くなった友人の形見であるハサミです。今は経営がメインですが現場に立つときは、自分のシザーケースに常に入れています。またこれは私の覚悟を何度も思い出させてくれます。