覚悟の瞬間(とき)

バンブーワァオ 代表取締役 矢作桂子
やはぎけいこ

矢作桂子

東京都生まれO型
職業:バンブーワァオ 代表取締役
趣味:映画鑑賞
座右の銘:Knowledge is Power

Boston University 経済学卒業。日系銀行ニューヨーク支店に入社3年勤務後、帰国し米系証券会社外債リサーチ部に、その後実父の経営する基礎土木会社に10年勤務する。結婚を機に退職し、以後6年間専業主婦となり子育てを楽しんだあと、2015年にバンブーワァオを設立する。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

金融、そして建築関係の仕事をしていて得られていた充実感とは別の感覚を、子どもが生まれて強く感じました。人生観の大変化です。我が子とそして私の手が届く子どもたちの未来に関わりたいと思いました。子どもに関わる事が自分にこれほどの幸福感をもたらしてくれたことは案外意外でしたね。アメリカに長く生活していたので、まずはアメリカの障害児や障害者を囲む状況を見に行きました。そこで生き生きと生活している人たちを見て、「自分のことが好きな子どもを育てる」ことを目指して起業しようと思いました。

現在の仕事への想い

「Happyな子どもを育てる」という目標のもと、子どもが「出来ること」を増やし自己肯定感を育て、人と関わる喜びを味わえるように保護者を含めてサポートしています。スタッフ全員が「子育ての伴奏者であれ!」です。また、既存の考えに縛られることなく、新しく優れたアプローチに出会えたら積極的に取り入れ、最先端の情報を常に発信することを信条としています。子どもたちの瞳の中に知性の炎が宿る瞬間がわかる時があります。本当に感動してこの仕事がますます好きになります。今後は子どもたちだけではなく、成人の障害者を含めた色々なことに挑戦したいと思っています。生活全般に人生の充実感をもたらせるようなキッカケを提供できたら最高ですね。

あなたにとって覚悟とは

教育分野で全くの素人だった私が療育という特殊分野で起業することには覚悟が必要でした。果たして私が追求する目標は達成することはできるのか?共感してくれる人はいるのか?などと悶々と考えていたのを覚えています。子どもがICUに入って生死を彷徨っていた時に、「この子が得られる最高の幸せを追求する!」と覚悟した瞬間からいろんな挑戦が始まっていたのかも知れません。

カッコイイ大人とは?

お釈迦様の様に「中庸」を知る人は大人としてカッコイイと思います。足るを知る人、承認欲求が満たされている人というのでしょうか。20代、30代と自分だけのためにキャリアを構築し、自分だけのために生活していたのが嘘の様に、今子どもに振り回される毎日です。あと、自己コントロールできる人は憧れですね。今ダイエット中ですから。

今後の展望

中度から重度の知的障害児へのアプローチは、WHAT(何を)、WHY(なぜ)という問いはかなり研究されてきていますが、HOW(どうやって)という問いがまだまだ解決されていないのが現状です。例えば、ダウン症という障害はどの様にして起こったのか、どういう状態か?は説明されていても、では具体的にどの様に子どもを育てて認知を伸ばしていくか?に対しての答えが無いのです。ここに対しての具体的且つ実用的な手法を次々に開発、実践しています。また、青年期や成人期の大人に対しての認知発達を促すアプローチは挑戦していきたい分野です。療育とは別に「仕事」「生活」の場を創造する予定でもあります。

若者へのメッセージ

子どもの幸福を追求する!という仕事をしていますが、では幸福ってなに?となりますよね?幸福とは状態であって、目には見えず手でも触れないものです。多くの研究者から発表されている研究結果から思うに、「自分が好きで」「人と肯定的な関わりがあり」「友達がいて」「ありがとうと人から言われる様な活動を日常的にしている」事が大まかな幸福の要素かな、と想像します。まずは自分を大好きになってもらいたいです。たくさん挑戦し、失敗し、人と関わりながら、社会の中にいる自分を実感して欲しいですね。また、いろいろな場所、国に出かけて行って多様性を肌で感じ、新しいエネルギーを生み出していってもらいたいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

タレント、スポーツ解説者 魔裟斗

タレント、スポーツ解説者
魔裟斗

俳優/画家 片岡鶴太郎

俳優/画家
片岡鶴太郎

福岡市長 高島宗一郎

福岡市長
高島宗一郎

お気に入り

ピタッと積み木

子どもの認知発達を向上させる教材第一号として開発したもの。シンプルながら子どものわからないところをピンポイントで浮き彫りにしてくれます。

エプロン

主人が製作した会社のロゴマークが入ったエプロン(仕事着)。会社の5周年記念の時に作ってスタッフに配布しました。5年頑張れた!という気持ちが詰まったエプロンです。