覚悟の瞬間(とき)

井上医院 院長 井上裕康
いのうえひろやす

井上裕康

愛知県生まれO型
職業:井上医院 院長
趣味:音楽・芸術鑑賞
座右の銘:笑う門には福来たる

愛知医科大学医学部医学科卒業後、愛知医科大学第四内科入局、臨床研修と並行し大学院入学。博士号取得後、医局命令にて国民健康保険坂下病院に勤務。平成18年、井上医院開業。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

小学生の頃はSF・推理・冒険小説が好きで(今でも好きですが)宇宙に興味があり、科学者になりたいと思っていました。中学生、高校生の頃はデザインや美術に興味がありました。高校2年生の頃に科学を軸としてと人と関わる仕事でと考えた時、医師という職業が目標となりした。実家が個人商店であり、父親の仕事ぶりを見ていた影響か、このころから医師となるからには開業したいと考えていました。大学院を卒業してからは医局からの命令で岐阜の中津川市にある(当時は合併前で坂下町でした。)国民保険坂下病院に勤務しました。小さい病院でしたので診療科を超えての協力や連帯がありました。往診、隣接した川上町や御坂町の診療所での診療、学校検診などなど色々な経験をする事ができました。また当時皮膚科のドクターが週に1日診療に来ていたのに張り付いて勉強をさせていただきました。このような体験が開業をする自信につながりました。良い体験をさせていただいたと感謝しています。開業を考えていた時にとある開業コンサルタントの方と出会い、いろいろと教えを受け、現在の医院の場所での開業を決めました。

現在の仕事への想い

これまで仕事(診療)を苦痛に感じたことはめったにありません。日々楽しく診療ができており、天職に出会えたと思っています。自分の両親や、家族、周囲の人、患者さんに助けられここまでたどり着き、維持されているのでそれに対して感謝しています。病気というストレス状態になってやってきた患者さんを少しでも晴れやかな気持ちにしてあげられるといいな、と思いながら診療をしています。できるだけお話をしっかりと聞き、特にわかりにくいことはわかりやすく説明をすることを心がけています。そしてできるだけその場で解決できることはその場で行ってゆきたいと思っています。そして自分の家族に対する様な気持ちで患者さんに接して行こうと思っています。全員に対して同じ事が適応できるかは難しいところですが、できるだけ楽しい医療、面白い医療を目指していきたいと思っています。自分の病気に対して興味を持っていただき、一緒に治してゆく感じにしたいです。

あなたにとって覚悟とは

まずは高校二年生の時に医学部を目指そうと思った時でしょうか。はっきりとこの時点でという瞬間の記憶はありませんが、これから目標に向かって頑張ろうという思いを持ちました。もう一つは今のこの場所で開業しようと思った時です。13年ほど前に坂下病院に勤務している頃に、コンサルタントに紹介された場所をいくつか見て回り、いまの場所に決めました。ここに根付いて、しっかり医療を頑張ろうと思いました。しかしよく考えると、患者さんと向き合い診断してゆくその時々こそ、その度に覚悟をしていると思います。クリニックですので軽症の方が多いわけですが、その中に重大な病気がないか?気が付いていない問題は無いか?と日々一人一人に対して考えています。この瞬間瞬間の決断が覚悟と言えるなら、そうだと思います。

カッコイイ大人とは?

仕事の上では職人のような、自分の仕事を極めてゆく人がかっこいい大人かなと思います。手慣れていて、自分のルールが仕事の中でしっかりできていて、確実に結果を出してゆき、決して単なる流れ作業にならず、自分の仕事に信念と誇りを持てるような感じがカッコイイです。人間としては性格が良くて、知性があって、体力があって、芸術的センスがあって、フットワークが軽くて、さらに洒落者で、こだわりもあってと月並みなカッコいい大人のイメージですが。引き出しがいっぱいあって、最も的確な引き出しが選べれると人がよいと思います。時にびっくりする様な引き出しを開ける事ができて、とくにウィットにとんだ言い回しができるとさらにカッコイイです。

今後に向かって

自分の思っている医療の在り方が、日本中、世界中に広められると面白いとは思います。現実にはいまの仕事をこなしていくだけで精一杯なところではありますが。基本的にはこれまで続けて来たことをこれからもずっと同じように地道にコツコツと続けてゆく事ができたら良いと思っています。もちろん今までと同じ内容ではなく日々アップデートし、改善をして行きます。受診した方全員に100パーセント満足していただけるような診療、というのはかなりむつかしいことです。しかしできるだけそうありたいと思っています。個々の患者さんの病気、おかれている状況、性格なども読み取って対応できたらと思っています。

若者へのメッセージ

特にいまの仕事をしていると如実に感じることは少子高齢化が着々と進んできているということです。またAIの時代が到来します。若い人に対してはさらに厳しい世の中になっていくとは思います。自分自身はどちらかといえば、かなり運に頼って生きてきた方なので、良いアドバイスが出来るかどうかはわかりません。最近は欲がなくて、ほどほどに無難な目標に向かう傾向があると聞きます。高い志を持ち、多少欲深くても、やりたいと思う事ができるように、自分の未来に対するイメージを持ち、そこに向かってひたすら進み続けられると良いと思います。もちろん失敗や挫折もあるでしょうが、へこたれずに頑張ってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元格闘家 武蔵

元格闘家
武蔵

作曲家 千住明

作曲家
千住明

作家 室井祐月

作家
室井祐月

お気に入り

メガネ

長く愛用しているメガネです。何回かレンズを交換しています。もはや体の一部です。

ベルト

大学生の時から毎日使用しています。多少伸びはしましたが、体形の変化もこれでわかります。