覚悟の瞬間(とき)

TM Future 代表取締役 竹内美奈子
たけうちみなこ

竹内美奈子

滋賀県生まれA型
職業:TM Future 代表取締役
趣味:旅に出ること、ゴルフ、美術館・博物館
座右の銘:道は開ける

NECの人財開発部門にて人財育成、プロジェクトマネージャーを経て、2003年よりグローバル人材コンサルティング会社に入社、2007年代表取締役副社長に就任。2013年「人」の能力を引き出し組織力を向上させる「タレントマネジメント」を支援すべく(株)TM Futureを起業。Bリーグ理事(2019年まで)日本車いすバスケットボール連盟理事、日本バスケットボール協会理事、滋賀銀行、日本M&Aセンターの社外取締役も務める。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

NEC時代に10年間人事教育部門で人財育成に携わった後、SE職に転向しシステム開発の統括等に従事しました。20年勤務した大企業を飛び出すと同時に人事の世界に戻り、10年間人財サーチ会社でハイパフォーマー採用支援をしましたが、「採用」だけでは人と組織の問題は解決しないとの問題意識を持ったことが動機になりました。経営戦略と人事戦略が分断している企業、人を育てても組織文化を変えていかないと人はその力を発揮できず埋もれてしまう、良い人事制度を導入してもそこに魂を入れないと形骸化してしまう、そんな例をたくさん見てきました。「人を育て、人の成長が組織の業績に繋がる」ような人財育成や人事制度改革、「人と組織の両方に適切にアプローチする」組織改革に役立ちたいと考えたのが、タレントマネジメントの会社を起業したきっかけです。

現在の仕事への想い

自分のパーパスは、「人が活き活きと働き、その力を十二分に発揮できる環境を作る」こと、究極は、目の前にある「組織をよくする」ことにあると考えています。人には長所や短所、得意や不得意などデコボコがあり、組織も千差万別です。一方で、人と組織の問題は、どんな企業も抱えています。その問題のありかは組織によって異なります。人や組織に対する洞察力を磨き、目の前にある組織と人をとことん知り、的確な処方箋を書くことが私のミッションであり、そしてその治療にとことん寄り添いたいと思っています。そのことで、いずれ自立して(健全な)組織を運営頂ける方々に手渡していきたいと考えています。

あなたにとって覚悟とは

自分の「責任」で、判断して行動することです。私にとっては、転職や独立起業などのキャリアチェンジもそうですし、マネージャー時代に部下のチャレンジや失敗、お客様でのトラブルシュートもそうでした。また、社外取締役としての発言もそうです。玉砕しても、スルーされても、耳が痛いことでも、「その組織、人のためになると信じること」「自分が正しいと信じたこと」、さらには自分の究極のパーパスに対して、行動を起こし、自分で責任をとる、そういうことができるようにありたいと思います。そのためにも、「自分が正しいと信じること」が本当にそれでよいのか、それを見直したり、人の意見を聴いたり、足したり引いたりする、自己チェック機構としなやかさを持っていたいと思います。

カッコイイ大人とは?

ぶれずに自身の信念に向かって突き進んでいる人、一方で、謙虚で、人の意見に耳を貸し、常に自身の信念やパーパスに磨きをかけている人、そんな「しなやかさ」と「深い思い遣り」を持った人がカッコいいと思います。立場や地位や社名で権威を振りかざす人は、いちばんカッコよくないですね。

今後の展望

ひとつでも多く、自分が関わった「組織」をよくしていきたいですね。それが、本業のクライアントであったり、ガバナンスという社外取締役としてのアプローチであったり、スポーツ団体の執行部としてであったり、立ち位置が違うだけで、目の前にある「組織をよくしたい」、「人が活き活き働く場であってほしい」という想いは変わりません。そこに、これからもより貢献できたらと思っています。

若者へのメッセージ

「働くって楽しい」ということでしょうか。私は「人が働くこと」に深い興味を持っていました。この人は「なぜこの仕事を選んだのだろう」、「どんなキャリアを歩んでいかれるのだろう」といったことに、学生の頃からとても興味がありました。それは、「仕事」や「キャリア」が人生そのものであり、その人のやりがいや生きがいを生み出し、自己実現を図るためのかけがえのない「場」だと考えているからだと思います。「仕事」や「キャリア」は、人生において大きな喜びや幸せを生み出します。また、その人を成長させ、社会の中で貢献できる場を見出し、かつ夢や希望にもつながるものだと思います。流行りの言葉で言うと「ウェルビーイング」や「パーパス」になりますが、ぜひ、「仕事」や「キャリア」を通して貴方のパーパスを見つけ、ウェルビーイングを実現してほしいと思います。そのためには、好きなことや興味のあることをみつけ「目の前のことにチャレンジしてみる」ことからスタートだと思います。やってみて、ちょっと違えばそこから軌道修正すればよい。チャレンジや経験の積み重ねの先に、道は開け、また次のチャンスやチャレンジが生まれます。そうして、社会の一員として「働くこと」で、社会に貢献でき喜びを感じられる自分の究極の「パーパス」見つけてもらいたいと思っています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ベリーダンサー 木村カスミ

ベリーダンサー
木村カスミ

元総合格闘家 髙田延彦

元総合格闘家
髙田延彦

女性学研究者 田嶋陽子

女性学研究者
田嶋陽子

お気に入り

パソコン用バッグ

自分のパソコンと、必要に応じて貸与されている専用のタブレットなど2つ持ちをしなければならないこともあり、スリムでありながら、楽々2台入るこのバッグを重宝しています。ショールームに飾ってあったそのままハートの小物入れごと、夫にプレゼントしてもらいました。

万年筆

親から受けた教育のひとつに、「ちゃんとお礼状を書く」ということがあります。その時に2本の万年筆を使い分けて使っています。