覚悟の瞬間(とき)

TAKAOバックオフィスサービス 代表取締役 新井貴雄
あらいたかお

新井貴雄

埼玉県生まれAB型
職業:TAKAOバックオフィスサービス 代表取締役
趣味:読書
座右の銘:アウトソーシングで企業は変わる

大学卒業後、大規模な会計事務所及びそのグループ会社でアウトソーシング業務に携わる。その間、大手企業を中心とするサービスに従事。17年間の勤務を経て、2021年独立。中小企業へアウトソーシングを展開するサービス提供を開始。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私はアウトソーシングというものを中心に、会計税務サービスを提供をしてきましたが、クライアントの多くは、大企業やそのグループ会社となっておりました。大企業では、効率よくビジネスを展開させていくためのリソースが充分であることが多いですが、さらに効率化・標準化への意識が高く、アウトソーシングを上手く活用して、ビジネスを効率的に成長させています。法人の9割以上が中小企業という状況の中で感じたことは、「中小企業にアウトソーシングを導入することで効率的にビジネスを成長させるサポートができるのではないか」、「中小企業の多くはアウトソーシングという手段、認識を持ち合わせていないために、ビジネスを効率よく成長させるチャンスを失っているのではないか」ということです。間接業務をアウトソーシングすることで、効率的にビジネスを成長させていくノウハウをより多くの中小企業に伝えていきたい、このように考えています。

現在の仕事への想い

私が勤めた会社では、仕事を始めたころから、常にスピードを意識することを強く言われてきました。スピード対応は、分かりやすく、それだけで付加価値となるサービスであることです。ただし、スピードだけでなく品質も追及することを求められ、スピード対応と品質を高めることを常に意識して、これまで経験を積んできました。アウトソーシングは、効率的にビジネスを成長させていくツールでありノウハウです。これは大企業だけのものではありません。現在はITツールやクラウドを使ったシステムなどが充実しており、低コストでこれらの利用が可能となりました。設立後間もない企業であったとしてもこれらを利用して、効率良くビジネスを成長させることが不可欠となっています。経営資源や人材に限りがある中小企業に質の高いアウトソーシングを導入し、本業の近い業務、コア業務に資源人材を集中させることで、日本全体の生産性向上へと繋げることができると信じています。アウトソーシングをコストと考えるのではなく、未来への投資と考えていただきたいです。

あなたにとって覚悟とは

17年間のサラリーマン生活に終止符を打ち、独立したことです。不安はもちろんありましたが、自分の想いをぶつけて、やってみたいという気持ちでいっぱいでした。思った以上に、効率化のサポートができる中小企業が多いことに気が付きました。また、私自身がアウトソーシング業務自体がとても好きだということに改めて気付きました。世間では経理業務と聞いて前向きになれない人が多いと思います。前提となる知識や、一定の経験も必要ですし、例えば経理部への異動の打診を受けると前向きに捉えられない人も少なくないかもしれません。ただ、私はその業務が好きなのです。多くの人が敬遠しがちな業務は、アウトソーシングで我々のような専門家へ外注して頂きたいと思っています。

カッコイイ大人とは?

やらなければならない事をするのではなく、やりたい事だけをする人です。それによって自分だけでなく周囲に影響を与えることができる人です。アウトソーシングをきっかけに業務を効率化することが出来る事について、多くの人に認知していただいて、より多くの人にサービスを提供していきたいです。

今後の展望

自分と同じ想い、同じ考えに共感できるメンバーを増やして、アウトソーシングの導入をきっかけとして、日本の中小企業の生産性向上につなげていきたいです。アウトソーシングと聞くとまだまだ日本では根付いていない印象を受けます。導入がゴールではなく日本経済活性の入り口になる文化を作っていきます。

若者へのメッセージ

情報化社会が進む中で、多くの企業が時代とともに変化していくことが必要です。これまでの価値観とは違った考え方を取り入れ、違ったやり方を試していくことが必要です。中小企業は生産性に問題があると言われていますが、その多くは過去から続くこれまでのやり方、考え方に縛られたものに原因があると考えています。これまでのやり方、考え方に固執することなく、変化を受け入れることが、これからの社会を生き抜くためのヒントになるのではないでしょうか。企業にとっては、そのための手段の一つがアウトソーシングです。質の高いアウトソーシングを導入することで、多くの中小企業のビジネスを効率的に成長させることができる、生産性向上へと繋げることができると信じています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

内閣総理大臣補佐官 衛藤晟一

内閣総理大臣補佐官
衛藤晟一

プロ フリーダイバー・日本代表 岡本美鈴

プロ フリーダイバー・日本代表
岡本美鈴

プロフリークライマー 野口啓代

プロフリークライマー
野口啓代

お気に入り

ノートパソコン

仕事に欠かせないものです。軽くて持ち運びにも便利で、これだけで、ほぼすべての仕事が完結します。

ノート

打ち合わせの内容や考えたことを書いています。思考を整理するだけでなく、後で見返したときに、新たな気付きを発見することもあります。