覚悟の瞬間(とき)

サンバダンサー 工藤めぐみ
くどうめぐみ

工藤めぐみ

兵庫県生まれO型
職業:サンバダンサー
趣味:サンバ、愛犬と遊ぶ
座右の銘:練習は嘘をつかない

9歳よりサンバを始め19歳でダンスインストラクターになると共に、19歳で単身、本場ブラジルへ半年間の修行に出る。パシスタ(少数のトップダンサー)としてリオのカー二バルに出場。大学卒業後2008年秋、人気高い「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro(サウゲイロ)」のパシスタに合格。2009年のカー二バルにて16年ぶりのチーム優勝に貢献するとともに、日本人パシスタとしては初優勝を飾る。その後、続けて2010年、11年、13年、14年、15年,16年とリオのカーニバルにSalgueiroのパシスタとして出場。そして2014年、2015年のリオのカーニバルではチーム準優勝を果たす。帰国時は、活動拠点の神戸にてダンス教室「MEGUサンバダンス 」を主催し、 Feijao Preto(フェジョンプレット)のダンサーリーダーを務める。全国のサンバイベントに参加。SMAPドームツアー・山下智久コンサートのサンババックダンサーとしても出演。サンバコンテスト「サンバフェスタKOBE」では2008年に最優秀賞を獲得。そして2009年、2010年、2011年、2012年、2014年と続けて最優秀賞を受賞。現在6連覇中である。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

なぜ今の仕事に?

9歳よりサンバを始め、2004年に現在の所属チーム「フェジョン・プレット」にてダンサーを教えて欲しいと言う声があがり、人に教えるなら本物を学ばなければいけないと思い2004年〜2005年にかけて半年間、19歳で単身ブラジルに渡り修行、そして実力試しに行きました。無事にパシスタ(少人数の花形ポジション)に合格しカーニバル出場。帰国後「MEGUサンバダンスレッスン」を立ち上げ自身のクラスをスタートさせました。そして、現地で本場のサンバを学び、本物のサンバ、楽しさを日本に広める為、サンバショーや各地のイベントにて出演させて頂いています。

現在の仕事への想い

サンバのイメージがどうしても露出の多い女性がただ、お祭り騒ぎをしてるだけに思われがちなのですが、実はリオのカーニバルがコンテストであり、1チーム4000人〜5000人で構成されたチーム全員が1つになり、1年かけて本気でたたかっています。そしてその中のポジション「パシスタ」花形ダンサーは30人〜40人と少人数でポジションが構成されているため、オーディションが行われています。パシスタとして生き残る為には練習意欲や実力が試され、体力面や忍耐力、アスリート部分が強くとても厳しい世界です。本場のサンバを、本物を理解し学んだ事を日本へ伝えたい、日本のサンバのイメージをカッコイイものへ変えたい。そんな気持ちで日本の活動を大切に活動しています。

そう思うようになった、きっかけ

やはり2004年に初めてリオ・デ・ジャネイロ渡ったときから私の人生をかけてリオと日本を往復し、現地のコミュニティーの人たちの中に入りとけ込む事で、国籍を越えて交流し学べる事がたくさんありました。そしてパシスタの世界の厳しさ、本気、そして素晴らしさを伝えて行きたいと思いました。私自身サンバを始めたきっかけが阪神淡路大震災で被災し、暗く落ち込んだ気持ちを元気にすべく親子で始めたサンバ。私自身も元気に前向きになれた事と、私のサンバを見て「元気をもらえたよ!」と言ってもらえた事で、人の役に立てるんだと実感し、この素晴らしさをたくさんの人に広めたいと思いました。

あなたにとって覚悟とは

19歳で初めての海外、初めての一人暮らしでリオ・デ・ジャネイロに渡った瞬間、そして人に伝えるという環境になった時だと思います。

今後に向かって

10代からリオ・デ・ジャネイロと日本を往復し現地のコミュニティーに入り本場で学んで来たので、その学んで来た事を次はどんどん日本で本物のサンバを広げて行きたいと思っています。サンバ自体がマイナーフィールドからメジャーになれるよう、私の出来る活動はどんどん積極的にして行きたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ロボット工学者 大阪大学教授 ATRフェロー 石黒浩

ロボット工学者 大阪大学教授 ATRフェロー
石黒浩

ジャーナリスト 荻原博子

ジャーナリスト
荻原博子

ロダン21 代表 品川隆幸

ロダン21 代表
品川隆幸

お気に入り

チームメンバーとの写真、手紙

毎年リオ・デ・ジャネイロへ修行へ行くときに日本のチームメンバーがくれる応援メッセージと写真。そしてリオ・デ・ジャネイロのパシスタメンバーとの写真は大切な宝物です。

ブラジルのブランドの石鹸

ブラジルのブランド「GRANADO」の「um Sonho」シリーズの香りが好きで、ボールタイプの石鹸は見た目も可愛くてお気に入りです。