インサイトラーニング 取締役社長 ドクターケン箱田
どくたーけんはこだ

ドクターケン箱田

神奈川県生まれA型
職業:インサイトラーニング 取締役社長
趣味:マラソン、ギター、音楽
座右の銘:No Problem. We can do it.

コロンビア大学教育学博士、オーケストラ指揮者、カンザスウェスリヤン大学元教授、サライナシンフォニー交響楽団で日本人初の音楽監督、常任指揮者として活躍。15年間で同楽団をカンザス州でトップクラスのオーケストラに育て上げる。リベラル・アーツ・カレッジ教授、音楽学部長として16年で音楽学部生徒数を7倍にする。米国屈指のリベラル・アーツ大学の地位を築く。在米30年後、令和元年に長く秘めていた母国での人材育成ビジネスの必要性を具現化するためインサイトラーニング株式会社の取締役社長に転じる。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

今まで、目標を持って30年間、アメリカに住んでいて、色々やってきました。15年前に、常任指者、音楽監督として潰れかけていたオーケストラを引き継いで、カンザスを代表する楽団に育てることができました。教育にしても、教授にまで出世すくことができ、沢山の教育者を世の中に送り出すとことができました。アメリカでやりたいことは100%やれたと思っています。私が今まで頑張って来れたのはサポートしてくれた両親のおかげだと思っています。私の両親はインサイトラーニングという素晴らしい研修会社を創設し、日本にある研修というものを変えて行った存在です。この度、会社を引き継ぐというチャンスをいただきました。今、46歳、今までの30年間、アメリカで大学の部長、指揮者、教育者として学んだ経験を日本のビジネス、そして、若者たちに伝えていきたい、そして、今までサポートしてくれた家族に恩返しがしたいと思い、日本に帰ってきました。

現在の仕事への想い

今まで30年間、アメリカから日本を見てきました。外から見る日本という国は素晴らしい国だと私は思っています。人々の優しさ、親切さ(おもてなし)、テクノロジー、物づくりに対する細かさなど、素晴らし物を沢山持っています。しかし、今、インターネット、テクノロジーの発展により、グローバルな世界に変わってきました。本当に世界は小さくなったと思っています。私の意見ですが、残念ながら日本は少し世界の波に乗り遅れている気がします。世界に通用する語学力(コミュニケーション、芸術的価値観、それを育てる教育に少し問題があると感じています。昨年の日本のTOEFLのアベレージスコアは71点、アジア圏最低のレベルです。(韓国は84でトップクラス)。今、日本に住むことができ、私のユニークな経験を日本の人々に伝え、日本の素晴らしさをもっと世界に伝えていく力を教育していきたいと思っています。

あなたにとって覚悟とは

”覚悟の瞬間”とは人生の中で沢山あると私は思っています。人生は毎日、様々なDECISIONを求めらています。小さな日常生活のことから、大きなビジネスチャンスまで、どんな人でも自分で答えを決めて生きています。この答えの一つ一つが自分というもの、人間を作っていると確信しています。私はその1つ1つに覚悟を持って答えていきたいと思っています。僕は”YES"という言葉が好きです。私はいつでも人に頼まれたら”YES”と答え、出来るだけのことするという人生を生きてきました。どんなに自分の地位が変わっても、どんな人から頼まれても、自分のできる限り”YES”です。そうすることによって全てを可能にするという信念を持っています。”YES”は全てを可能にする力を持っています。私の覚悟は”YES”。これからも、すべてのDECISIONは”YES”とポジティブに答えていきたいです。

カッコイイ大人とは?

カッコイイ大人とは本当に自分の技をマスターした人々だと思います。自分はマスターだ、すごい人間だという人は沢山います。でも、そう言っている人は真のマスターではないと思っています。本当に技をマスターした人は、全く何も証明することもなく、ごく自然な、やさしい態度を持っています。まさかこの人が、と思わせる存在感の無さはある意味とてもかっこいいですね。

今後の展望

私は今日本に来たばかりで、全く何もわかっていない”平成浦島太郎”です。日本の方々も私のことは何も知らないでしょう。今、私が持っている夢はとにかく、”日本と元気にしたい”そして、日本素晴らしさを世界に発信する力を人々に教えていきたいです。これから研修、講演、本、新しい企画を通して、少しでも皆さんの役に立てたらうれしいです。今、日本の沢山の若者が夢を見れないということが言われています。格差問題、教育問題など色々な理由があるのでしょう。私は日本の教育がもっと芸術を重視して、CREATIVITYができる存在を育てることを考えたら良いと思っています。芸術(右脳思考)は夢を見ること、自分の可能性を見つけることには必要不可欠です。また、芸術は人間を豊かにしてくれます。私はその大切さを伝えていきたいと思っています。

日本を背負う若者へメッセージ

過去23年間、沢山の生徒を教えてきました。僕がいつも言ってきたことは1. No Excuses. Just Get it done.2.Hard work will never let you down.3. Love and care your students1.文句を言わずにやりなさい。 文句を言う暇があったらとにかくやりなさい。みんな人生でやることはわかっている。2つのタイプの人間が存在する:やれる人・やれない人。やった者が成功するのです。2.努力は決して君を裏切らない。努力を惜しむな。失敗するのは努力が足りないからです。3.自分の生徒を愛して、助けてあげなさい。キリストは”Love your neighbor”と言っています。とにかく自分が教える人々、一緒に働く人々を愛することで、きっと人間関係は良い方に向かっていきます。愛することで自分のその相手に対する態度も必ず良い方向に向かうでしょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プロビーチバレー選手 草野歩

プロビーチバレー選手
草野歩

コンディショニングコーチ 立花龍司

コンディショニングコーチ
立花龍司

香川県 知事 浜田恵造

香川県 知事
浜田恵造

お気に入り

父の本

この本は私の父が独立した時に最初に書いた本。初心を大切という、リマインダーです。

指揮棒

この棒の中に私のアメリカでの人生の全てが入っている。 経験、生徒、友人はこの某で繋がっていた。