Green-Room株式会社 代表取締役 野伏龍寛
のぶしたつひろ

野伏龍寛

東京都生まれB型
職業:Green-Room株式会社 代表取締役
趣味:サーフィン
座右の銘:苦難は幸福の門

東北工業大学土木科卒業。飲食業界に入る。ガールズバー、高級クラブなどで接客業を徹底的に学ぶ。その後、恩師の死をきっかけに介護業界に転職。現場での必要性を感じ、訪問医療マッサージで起業をする。その後、Green-Room株式会社を設立。代表取締役に就任。今期で10周年を迎える。また仙台はせくら倫理法人会 会長や一般財団法人日本プロスピーカー協会の顧問なども務め、多方面でも活躍中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

大学卒業後、サーフィンができる仕事として選んだのが水商売でした。ガールズバーからスタートをし、恩師からヘッドハンティングをしていただき、高級クラブに転職をしました。恩師からは接客とは何かを徹底的に教えていただきました。その恩師が肝硬変から癌になり、亡くなってしまいました。その恩師の死をきっかけに転職。介護の仕事に就いたのですが、現場はとても暗く悲しい現実が待っていました。テレビとしか喋っていない。息子に見捨てられた。死にたい…ネガティブなメッセージがとても心に残り、自分は何ができるのかを考えた時に、水商売で働いていた頃の明るい空間を思い出し、介護の業界に明るい空間を創造し、空気までも変わるサービスを追求していこうという想いで起業をしました。

現在の仕事への想い

理念をとても大切にしています。明るい空間を創造するために、弊社は存在しているので、この想いに賛同してくれる仲間を社員にしています。明るい空間を創造するために会社を水槽に例えると水質が明朗(明るく朗らか)愛和(仲良く)喜働(喜んで働く)に常になっているかを大切にしています。そのために目的目標を明確にし、達成するための技術と人間関係を良好にするために選択理論心理学を会社の教育に導入しています。

あなたにとって覚悟とは

起業ですね。水商売から介護の業界に入り、周りからは急に偽善者になったとかいろんなことを言われました。そして起業しようと思って友人、知人にも話をすると世の中そんなうまくいかないとかを言われ、一歩前に進めないと自分がいました。だれのために何のためになぜ起業するのかと考えた時、「入居者の方たちのために、明るい空間を創るためだ」と一点のブレもなく明確になった時に覚悟が決まり、起業できました。

カッコイイ大人とは?

有言実行されていて自分を持っている人はかっこいいなと思います。私が会社を経営していく上で目標としている人がいまして、人材教育の会社をされている社長様なのですが、本当に愛に溢れている方でして、その方から「成功の土台は愛である」という言葉を教えて頂きました。社員さんの人数が増えても家族のように関わっている姿を見て自分もそういう経営を目指していきたいと思っています。

今後に向かって

「明るい空間を創造していく」という理念に賛同してくれる社員たちと共に、業界を変えるリーディングカンパニー目指しています。現場でこの想いを具体化してくれている社員のみんなのことをすごく尊敬していますし心から愛おしく思っています。この業界に入ってきて夢破れた子達がもう一度活躍できる場をつくり、業界を明るくするためにも、東北に整骨院50院治療院50院を出し、明るい空間グリーンルームを地域に創造し心身ともに健康な人を増やし、イジメ、自殺、虐待のない明るい社会づくりに貢献していきたい!

若者へのメッセージ

人はいつからでもどこからでも誰でも良くなれます!可能性は無限大です!期待しています!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ミスユニバース2007 森理世

ミスユニバース2007
森理世

政策工房 代表 原英史

政策工房 代表
原英史

'98FIFAワールドカップ日本代表 中西永輔

'98FIFAワールドカップ日本代表
中西永輔

お気に入り

アチーブメント手帳

目的目標を常に見れるようにしている。もう10年使っているのでなくてはならない相棒です。

時計

水商売やっている時にとても紳士なお客様が付けていたのがIWC。自分も起業して食えるようになったら絶対買おうと思って、買った思い入れのある時計です。