UNBLANCHE 代表取締役 小﨑華
こさきはな

小﨑華

茨城県生まれA型
職業:UNBLANCHE 代表取締役
趣味:ゴルフ、ドライブ
座右の銘:わがままに生きる

3歳よりバレエを始める。12歳から単身で留学(カナダ、モナコ、イギリス、アメリカ)。2010年 アメリカ NewYorkのバレエ団に入団 。国内や海外でのコンクール多数入賞。14年の海外生活を終え、日本に帰国後、2019年6月UNBLANCHE株式会社設立。自身の経験をもとに未来のバレリーナと海外の架け橋となり活躍中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

14年間の海外生活を終え帰国してから、バレエで仕事にできることがバレエの先生しか思い浮かばず、東京でバレエを子供たちや大人に教えていました。働いていく中で、私ができることは、教えることだけじゃない!と考え、自分の経験を120%活かせる会社を作ろう!と思い立って1ヶ月半で会社を設立しました。自分が一番親身になれるものは何かと考えた時に、最初にピンときたものは、バレエ留学サポートでした。12歳で親元を離れ何もわからないまま行った海外。“あの時こんなことを知っていれば”や、“こんなサポートがあったら”と、自分が感じたこと、あったらよかったものを全部つくろう!とはじめたのがきっかけです。

現在の仕事への想い

100人いれば100個のストーリーがあり、1人1人悩んでることは違い、重さも全然違う。これはこうだから!と決めつけず、絶対に相手(子どもやそのサポートしている保護者さま)に選択肢や考える余地を与えることを大切にしています。レールを引いてその上を歩かせても、その時はいいかもしれないけれど、後で振り返った時に後ろに自分が歩いた形跡は残っていない。人は地図がないから道に迷うわけではなく、ゴールがないから道に迷う。自分で考え、ヒントをもとに、自分で選んだ方向に進み、橋から落ちそうになったら支えてあげ、喉が乾いた時にお水を差し伸べる、そんな安心感、信頼がその子の将来にきっとつながると思っています。

あなたにとって覚悟とは

30年間生きてきて、一番の「覚悟」をしたのは、会社を設立した時と弊社主催第一回目のワークショップの時。バレエ馬鹿と言われていたぐらいバレエが大好きでバレエしかやってこなかった私。ビジネスのビの字もわからず、2019年6月26日設立日を迎えました。その1週間前から、タクシーに乗っては不安になり泣き、お風呂に浸かりながらどうしよう・・と不安になっていました。メンバー数名で立ち上げたのではなく、私一人で始まった会社。ビジネスの何もわからず直感だけで進んだ最初の5ヶ月。2019年11月に初のワークショップを開催。私のやりたいことを詰め込んだワークショップ、10歳から65歳までの150名以上のバレエが大好きな方々が参加くださいました。参加くださったダンサーのワクワク、キラキラした目を見て、「ビジネス」というものに囚われず、自分が胸を張ってご提供できるものをこれからもやっていこう!と覚悟し、今があります。

カッコイイ大人とは?

大人になればなるほど、知識や経験が増えれば増えるほど、物事を分別してしまう。成功↔︎失敗に囚われず、無邪気に自分の成し遂げたいこと、夢を語れる大人が私は、かっこいいと思います。夢を語ること、口に出すことが最初の1歩。「バカだね〜」「無謀だよ」どんどんそんな言葉をかけられる大人になりたいです。

今後の展望

夢はたくさんあります。バレエも実力社会です。上手な子が留学し、プロになる。UNBLANCHEは、バレエが好き!その気持ちを常に応援していきたいのです。人一倍努力しても光を浴びないダンサーはたくさんいます。でもその子たちのバレエに対する愛や情熱は本当にすごい。バレエは芸術。芸術は人の心を動かすもの。年齢、経験に関わらず、バレエ大好きなダンサーたちにこれからもたくさんチャンスを与えたいです。プロになることだけがゴールではありません。

若者へのメッセージ

「楽しくするのも自分、つまらなくするのも自分」自分の人生は自分にしか歩めません。四六時中楽しい人なんていない、嫌なことをしなくちゃいけない時もあります。つまらない顔してテンション低めでやっていても、楽しくニコニコしてやっていても、過ごす時間の長さ、やることは一緒です。時間をどのように過ごすかは、自分次第です。ポジティブにいれば、きっといいことがあります。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

サッカー日本女子代表 澤穂希

サッカー日本女子代表
澤穂希

パティシエ 辻口博啓

パティシエ
辻口博啓

書道家 武田双雲

書道家
武田双雲

お気に入り

MacBook Pro

どこにでも持っていってしまうアイテムの一つ。なくてはならない存在。会社立ち上げの時、「MacBookが親友になるよそのうち」と言われたことがあり、今それを実感しています。

アクセサリー

私のテンションを上げてくれるアイテムです!一つ一つたくさんの思い出が詰まっています。