住まいるサポート株式会社 代表取締役 高橋彰
たかはしあきら

高橋彰

神奈川県生まれB型
職業:住まいるサポート株式会社 代表取締役
趣味:若いころはよく海外一人旅(バックパッカー)
座右の銘:Rome was not built in a day

千葉大学 工学部 建築工学科卒
株式会社リクルート ビル事業部(不動産)
株式会社UG都市建築(都市計画コンサルティング)
株式会社三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング:地域計画リサーチャー)
日本ERI株式会社(建築物の省エネ関連制度づくり)
等を経て、高性能な住まいの相談室(住まいるサポート株式会社)を起業

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

ドイツ、フランス、スイスなどの住宅事情の視察に参加した際に、日本の住宅と欧州の住宅の圧倒的な性能の違いを目の当たりにして愕然としました。当時、日本ERIという指定確認検査機関の最大手の会社で、国と連携しながら住宅の省エネ性能関連の制度の立ち上げに携わっていました。例えば、国土交通省が旗を振って立ち上げたBELS(建築物エネルギー性能表示制度)や経済産業省のZEHという省エネ住宅の制度の第三者認証制度の立ち上げに関わりました。また、建築物省エネ法という新しい法律ができた際には、制度の詳細の制度設計に関する委員会にも国土交通省や東京都、大阪府、横浜市といった行政のメンバーの中で唯一の民間の人間として加わったりもしました。そして、これらの制度ができた際に、大手ハウスメーカーやマンションディベロッパー、大手ゼネコン設計部等の方々に対して、セミナーや勉強会の講師を多数務めました。事業者サイドに対して、住宅の省エネ性能や断熱性能の向上について情報を提供して、我が国の住宅の性能向上を図っていこうと考えていたんですね。ところが、これらの取り組みを通して痛感したのは、住宅の事業者サイドからでは、日本の住宅の性能はなかなか向上していかないということなんです。なぜかというと、消費者側がその価値や意味を理解していないと、コストをかけて性能を向上させても、住宅の分譲価格や家賃に反映されないので、事業的にペイしないんですね。一方で、多くの消費者は、一生に一回の住まいづくりなのに、大切なことを知らないままに性能が不十分な家を建ててしまその結果として、冷暖房に使うエネルギーを無駄にしていることはもちろんですが、それ以上に問題なのは、居住者の健康なんです。家の中の室温差に起因して、冬にお風呂で亡くなる方は、消費者庁のデータによると、年間なんと19,000人にも上るそうです。そして、その何倍もの方々が命はとりとめても、半身不随等の後遺症によって、健康寿命を縮めていると言われています。つまり、健康ではない老後を過ごす期間がとても長い国なのですが、その一因は住宅の性能にあるんです。また、性能が低い住宅は、アレルギーや喘息も引き起こしているんです。これは、気密・断熱性能が低い住宅だと、どうしても結露が起き、そこにカビが生え、カビはダニの餌になるため、カビ・ダニがアレルゲンとなって、アレルギーや喘息を引き起こしているんですね。実際に、こういった症状をお持ちの方が、高気密・高断熱住宅に引っ越したら、これらの症状がピタッと収まったという話はとてもよく聞きます。前提として、日本の住宅では結露が起きるのが当たり前ですが、ヨーロッパでは住宅に結露が起きると施工者は責任を問われます。それくらい、日本と欧米の国々では、住宅に要求されている性能のレベルが違うんですね。一般の方のほとんどは、日本の住宅の性能は世界でもトップクラスにあると思っている方が多いのですが、実は、全く逆で、先進国の中でダントツに性能が低いのです。まずそのことをきちんと認識していただくことが必要だと思います。そして、高気密・高断熱住宅で暮らすと、いわゆる人生の質、クオリティオブライフが大きく向上すると思っています。その上、決して贅沢品ではなく、とても経済的です。住宅ローンの支払いが終われば、光熱費の削減分はまるまる家計に残るので、老後の生活のゆとりにもつながります。このように、高気密・高断熱住宅は、デメリットはほとんどなくて、メリットばかりなのですが、ほとんどの方がそれを知らないために、低気密・低断熱の住宅ばかりが供給されているのが実情です。この状況を消費者に情報を提供して、住まいづくりのサポートを行うことで、消費者側のニーズを顕在化させることで、日本の住宅の性能を向上させていきたいという思いで、「高性能な住まいの相談室」を立ち上げました。まだまだ微力ではありますが、消費者側に寄り添うことで、日本の住宅の性能を向上させていきたいと思っています。

現在の仕事への想い

「高性能な住まいの相談室」は、中立的な立場で、「結露のない健康・快適な住まいづくり」のサポートを行っています。当社が自ら住宅を建てるのではなく、信頼できる高性能な住まいを建てている工務店やハウスメーカーと提携して、一般の方に無料でご紹介して、住まいづくりのサポートを行っています。住宅会社を紹介する住まいづくりのサポートを事業として行っている会社はいくつかあるのですが、既存の競合各社は、提携住宅会社の住宅の性能にはあまりこだわっていないんですね。むしろ提携している住宅会社の数を競っています。それに対して、高性能な住まいの相談室は、提携する住宅会社の性能に非常にこだわっていて、厳しい性能の基準を設定しています。ちなみに性能面で、当社の提携基準を満たしているのは、大手ハウスメーカーのトップ10社の中では、1社だけです。残りの9社は、当社の基準からすると十分な性能とは言えないんですね。一般の方には、住宅の性能の良し悪しって、とても分かりにくいと思うんです。それを専門家である当社が見極めて厳選した上で、提携した会社を無料でご紹介しますから、安心して高性能な住まいづくりができるんですね。私は、将来的には、当社が存在感を高めることで、住宅会社各社が当社と提携したいがためにそれぞれの性能向上を引き上げていくといった、実質的な民間主導の住宅性能の基準になるような存在になっていきたいと思っています。その結果として、日本全体の住宅の性能向上に貢献していきたいと思っています。それができれば、国民全体の健康や快適性、クオリティオブライフの向上につながりますし、地球温暖化対策にも貢献できると思っています。

あなたにとって覚悟とは

やはり起業することを決めたときでしょうか。それまでは、企業に属していましたので、組織に対するある種の甘えがあったように思います。起業により、単にビジネスを成功させよう、お金を稼ごうというのではなく、日本の住宅性能向上に貢献し、国民の健康・快適な生活に貢献しようという思いも含めての覚悟でした。起業後にだんだんわかってきたのですが、いかに社会に貢献していくかという理念のようなものは、とても大切ですね。予想もしていなかった様々な方が、私の想いに共感してくださり、いろいろな形で支援や応援をしてくださっています。それはとてもありがたいことです。恐らく、単にビジネスで儲けようという思いだけだったら、共感を呼ぶことはできず、そのような支援は得られなかったと思います。

カッコイイ大人とは?

信念を持ち続けて、それを行動につなげている方ですね。例えば、高気密・高断熱住宅の分野は、今はまだ住宅業界の中ではとてもニッチで、狭い世界なのですが、この分野で頑張っている方々には、強い信念をお持ちの方が多いですね。私なんかまったく敵わない強い信念とものすごい行動力をお持ちの方が多いです。そのような方々には、とても憧れますね。

今後の展望

これからの10年間で、高気密・高断熱住宅を日本の中で当たり前の存在にしていきたいと思っています。今はまだ、一般の人にほとんど知られていないのが実情ですが、高気密・高断熱住宅には、メリットばかりでデメリットはほとんどありません。まだごく一部の人しか、高気密・高断熱について知識や興味をお持ちではないのですが、ある時期に閾値を超えると、一気に普及が進むと思っています。その普及のプロセスで、当社が一定の役割を果たすことができれば、当社もおのずと成長していくものと思います。高性能な住まいの相談室が、日本の住宅の性能を変えていくんだという思いで、突き進んでいきたいと思っています。

若者へメッセージ

今の時代は、世の中の変化の速度がどんどん早まり、先行きが見通しにくくなっていますよね。そして、全体的に右肩下がりの時代ですから、夢や希望を持ちにくくなっているように思います。でも、そのような時代に生きているからこそ、自分がなんのために働くのか、社会にどう貢献していくのかといった思いや信念が大切なような気がしています。それを持ち続けることができるかどうかがこれからどんどん大切になっていくのではないでしょうか。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ファッションデザイナー ドン小西

ファッションデザイナー
ドン小西

女優・声優 大山のぶ代

女優・声優
大山のぶ代

第97代内閣総理大臣 安倍晋三

第97代内閣総理大臣
安倍晋三

お気に入り

仕切りの多い名刺入れ

起業時に知人にプレゼントされたもの。3つの一般社団法人を含め4種類の名刺があるので、仕切りが多く便利です。

青い鳥のペーパーナイフ

金沢21世紀美術館を訪ねた際にミュージアムショップで購入。何となく幸せを呼ぶ気がしてお守り的にデスクに置いています。