ガット 代表取締役 山下雄大
やましたゆうた

山下雄大

大阪府生まれO型
職業:ガット 代表取締役
趣味:音楽、映画鑑賞、ダンス
座右の銘:損して徳取れ

大阪外語専門学校卒業後、初めの1年間は経理システム販売の営業マンとして従事。その後、転職し現在の業界に入る。転職後すぐは大手に入り、5年ほど勤めた後、ITベンチャーへ転職。現在に至るまで、3社ほど転職をしているがどれもベンチャー企業ばかり。2020年に今までの経験を活かし、独立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

略歴にも記載しておりますが、私の社会人人生は2020年までサラリーマンでした。26歳で結婚し、当時お給料も安かったので転職を決意し、ベンチャー企業に就職してなんとか業績を上げ、お給料を上げる事しか考えないサラリーマンでした。その後、子供も2人授かり、2019年までは決して順風満帆とまでは言えませんでしたが、日々暮らしていて、このままサラリーマンで人生が終わって行くのだと勝手に思ってました。2020年を迎え、また1年頑張ろう!と思った矢先に父が亡くなりました。父とは、真剣な話など一切した事が無かったのですが、父の死に目に立ち合い、言葉では言い表すことの出来ない心の揺らぎを感じました。その後、葬儀等を全て終え、残る仕事は相続。父は中学卒業と同時に田舎から大阪に出てきて個人事業主を経て、建築会社を設立し、亡くなるまで会社経営していました。父自身も職人として。相続処理をしているときに、このまま父が遺した物が現金として変わっていくことが私自身嫌だったので、弟には父個人の資産全て、私は会社を相続するという形で相続処理を終えました。そこで、父が遺した会社は建築会社、私は二代目無知で経験もない代表、ノウハウもなく、人脈も何も無い、実績も無い。これでは戦えないと思ったので、私が今まで培ってきた能力・人脈を生かせるよう社名も変更し、業務内容も変え、新たにスタートした次第です。

現在の仕事への想い

社会人1年目から一貫して人をいかに巻き込んで仕事をしていくかを念頭に置いてやっていました。私自身、学も無く、突出した能力も無いので、私が出来ないところをカバーしてもらったり、 逆に私がカバー出来るところはカバーして仕事を進めていました。その方が、一人で仕事をしているよりはるかに効率が良いですし、職場の雰囲気も良く業績も上がっていきました。そこで必要不可欠な要素として人間関係があります。独りよがりな行動をしていては、人は離れていきます。上から目線で相手に対しリスペクトが無い言動・行動をすれば人に嫌われます。常に相手の立場に立って、相手の気持ちを汲み、いかにお互いが気持ちよく仕事が出来る環境を構築できるか今も考えて行動しています。学生時代・社会人時代を通して、一部の方たちですが、私だったら絶対発言しないような、発言・言動をする方たちがいらっしゃいました。なりたくない人達がいてくれたので、今の私があると思っています。抽象的な表現ですが、初心忘るべからず、常に謙虚で相手にリスペクトをもって行動していると、すぐに結果は出ずとも、必ず後に成果としての現れるものだと思います。それは部下だったり、お客様だったり、プライベートだったり、多方面において必ず成果は出ると私は信じています。

あなたにとって覚悟とは

最も覚悟したと思うところはやはり独立です。もちろん、母親や家族から最初猛反対されました。それはコロナ禍真っ只中でもありましたし、父が遺してくれた事業も廃止し、私が1から事業を行うという事は、リスクでしかありませんでした。そこで、思ったのが母親や家族さえ巻き込めない人間が、代表としてこれから加わってくれる仲間や新しい仲間・お客様を巻き込んでいけるのか自問自答しました。そこからは、論より証拠ではないですが、行動で示していく事こそが、信用・信頼を得る事につながるので、決して止まらず、常に相手の事を思い、理解してくれる、理解できるよう、常に心掛けて動いています。

カッコイイ大人とは?

私自身のかっこいい大人の定義は、一言で表すと「余裕を持つ」という事です。ですが、決して「余裕を持っていない」からかっこ悪いとは思いません。人によって、かっこいいの定義はそれぞれだと思うのですが、私がかっこいいと思う方たちは共通して、余裕を持っていました。自分自身の余裕・お金の余裕・時間の余裕、余裕も様々あります。自分自身の余裕があるからこそ、相手の事を思いやれる。お金に余裕があるからこそ、寄付が出来る。時間に余裕があるからこそ、プラスαの努力が出来る。人間は余裕がないと、機転が利かない事が多いと思います。現に私も若い頃はそうでした。日々の仕事に追われ、お金もなく、時間もない。友人に相談されても、上の空で、真剣に相手の事を思う気持ちもそれほど強くなかったと思います。そうなってくると、頭の中は自分自身だけになります。余裕があればあるほど、誰かを助けられるカッコいい大人になれると私は思います。

今後の展望

現在、もう1つ商いの柱として事業を構築すべく動いています。詳しくは、お話できないですが、グローバル展開を構想しています。少子高齢化が進んでいる日本で、日本が今後世界と戦っていくためには、外国人を雇用し、外国資本を活用するのではなく、日本資本で、日本人を雇用し、日本として国力を上げる事が大事なことだと思っています。あくまでも日本ブランドで、対世界を目指して事業展開するつもりです。決して簡単な事ではないと重々理解しておりますし、弊社みたいな小さい会社が何を言っているのかと鼻で笑われると思いますが、日本の未来の為、子育て世代、日本の若者、これから生まれてくる子供たちの為にも、小さいところから今の会社・今の大人たちが変革していかないとだめだと思っています。幸い私は周りの方たちに本当に恵まれているので、現在小さい事からコツコツと動いています。

若者へのメッセージ

生きにくい世の中だと思います。私も実際そう感じる事がいっぱいあります。また、現在コロナ禍で、今まで普通だったものが、普通ではない状況が続いています。小さい頃に夢見ていた現実とは違い失望する事、問題を打破する力がない自分を責めたり、はたまた将来に対して、夢や希望を持てなかったり。私もそうでした。ずっと見えない道を進んでいる感覚は本当に辛いと思います。ただ、もし私の言葉に少しでも耳を傾けて頂けるのならば、これだけは信じて欲しいです。人生、無駄な事なんて一つもないです。たかだか35年しか私は生きていないですし、みなさんとさほど年齢も変わらないかもしれません。何を知ってるんだと言われれば何も知らないかもしれません。ですが、私はそう信じています。決して人のせいにせず、日々一生懸命生きて良い事も悪い事も経験して、みなさんが生きてきた証が今後、明るい道を作っていく光になっていくと思います。もちろん、そこには、みなさんの大事な友人・職場の方々、家族も関わってきます。その方々と悩みを共有したり、助け合い、時には喧嘩しながら、一生懸命生きていくことが、みなさんの将来を明るく照らしてくれるものになっていきます。世知辛い世の中ですが一緒に一生懸命生きていきましょう!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

メンター 会長 藤田隆志

メンター 会長
藤田隆志

プロフリークライマー 野口啓代

プロフリークライマー
野口啓代

旭山動物園元園長 小菅正夫

旭山動物園元園長
小菅正夫

お気に入り

Apple Watch

時計+タスク管理ツールとして活用しており、もの凄く便利なので、気に入ってます。

名刺ケース

会社を設立にするにあたり購入した名刺入れです。文字数の関係で全部は入ってないですが、名刺ケースを開けるたびに会社の代表としての自覚を忘れないように、社名を入れてます。