マウントフジミュージック 経営者 藤井裕樹
ふじいひろき

藤井裕樹

大阪府生まれB型
職業:マウントフジミュージック 経営者
趣味:旅行、映画鑑賞
座右の銘:和、三方よし

1979年大阪府生まれ。都立小平南高等学校在学中、第4回日本トロンボーンコンペティションにおいて第3位入賞。ネバダ州立大学ラスベガス校特待生(1年間在籍)。19歳でプロとしてのキャリアをスタートし、千葉県某テーマパークでのパフォーマー、アレンジャーのほか、ジャズやJポップなどで国内外の多くのアーティストと共演。2008年から2015年まで(財)ヤマハ音楽振興会認定講師。現在は株式会社マウントフジミュージック代表取締役、トロンボーン奏者、講師、ライター、プロデューサー、コンサルタントなど、複数の肩書で活動を行っている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

中学校で吹奏楽部に入り、トロンボーンを始めました。合奏(チーム)で一つのものを創り上げる素晴らしさや、練習などで一つの事に打ち込み、レベルアップしていく事の大変さ、楽しさを学び、充実感を体験しました。音楽をやっていたからこそ出会えた多くの方が僕の人生を豊かにしてくれたからこそ、音楽を生業にしていると思います。

現在の仕事への想い

ジャズやクラシックの生演奏の需要はデジタル音楽の発展と共に減りつつありますが、人間が豊かな生活をしていくためには衣食住の次に、アナログの温もりのある音楽など、一見、不要不急に思われるものが必要不可欠です。料理が栄養を取れれば良いだけでなく、そのものの味や文化を楽しむ事に意味があるのと同じだと考えています。この仕事に誇りをもち、その価値を社会に提供したいです。また、お客様側への需要の部分だけではなく、供給側を育てるのも大切なミッションですので、音楽家がプロとして生活していくための雇用の拡充や、ノウハウ提供にも力を入れていきたいです。

あなたにとって覚悟とは

自分の人生に責任をもつ事。プロの音楽家になろうと思ったのも、高卒で現場に飛び込むというリスクを課したのも、フリーランスで一つ一つの仕事を受けるのも、断るのも、海外留学も、会社の起業も、すべて自分で決断しています。エンターテインメントに関わる人間ですので、まずは自分自身が楽しんで生きている「エンターテイナー」でありたいし、そうあり続けるためには、自分の人生を他人や環境のせいにせず、自己責任で切り開く覚悟が必要だと考えています。

カッコイイ大人とは?

誠実な人、恩や縁を大切にしている人、多様性のある価値観をもっている人。そういう方の影響を受けて生きてきました。自分自身も、嘘はつかない、ミスは認めて謝る事が出来る、感謝を伝えられる、他者をリスペクトし、受け容れるキャパシティのある大人になれるよう精進したいと思います。

今後の展望

コロナウイルスの影響もあり、この1年で急速な変化を感じています。けっして悪い事ばかりではなく、オンラインで世界が広がり、多くの人が、自分の幸せや生き方について改めて考えるようになった事で、新たな可能性がビジネスにも生まれてきているように思います。変化を恐れず、むしろ楽しみ、グローバルな展開を目指します。

若者へのメッセージ

インターネットの普及でSNSなどが溢れていますが、教科書に書いてある事や、誰かに聞いた話、SNSの情報だけではなく、人の持つ波動・エネルギーは画面越しでは中々伝わらないと思います。自分の体験から学び、考えて、そして決断をしてください。その人のもつ個性を大事にして頑張ってほしいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科 教授 新浪博士

埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科 教授
新浪博士

元陸上競技選手 朝原宣治

元陸上競技選手
朝原宣治

タイタン 代表 太田光代

タイタン 代表
太田光代

お気に入り

トロンボーン

今は経営やプロデュースがメインですが、表現者としての自分にとって大切なアイテムです。

眼鏡

テーマカラーが「赤」、髭と眼鏡がセットで自分のキャラになっています。