リヴソル物流 取締役営業部長 萩原一央
はぎはらかずお

萩原一央

岡山県生まれAB型
職業:リヴソル物流 取締役営業部長
趣味:野球、ゴルフ、ボウリング
座右の銘:何事も自分次第

九州工業大学大学院で機械工学を修了後、マツダ㈱に入社し、ディーゼルエンジンの設計を担当。その後、やっていたこととは全く異なる地元の重量物運送・据付を行う会社で現場の修行をし、現在リヴソル物流㈱を設立。現在、機械等の据付・重量物運送・クレーン事業を主に行っている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

デスクワークだけでなく、現場で仲間と共に苦労しながら、汗水流して働き、共に喜びと苦労を共有する「働き方」が私の理想でした。「働き方」を一番重視している中で、機械などの据付業・重量物運搬業は、現場を経験し、熟知していないとできない仕事であり、どれだけIT関係が発達しても人の手でないとできない、働く人々のアイデアと実行力で成り立っていると感じ、現場修行後、現在の会社を社長と共に設立しました。現在、すべての業務を私に一任していただいており、度々現場でも働きながら、仲間と一緒に試行錯誤し、喜びと苦労を共有できるような一致団結した会社を従業員一同目指して頑張っています。

現在の仕事への想い

学生時代から何事にもずっと心掛けていたことがあります。一つ目は「できる、できない」ではなく、「やるか、やらないか」二つ目は迷った時は、「楽」ではなく、「楽しい」を選択する三つ目は楽しくするかは、自分次第当たり前のようで、当たり前にできないことだと思っています。私は学生時代、ザ・昭和の学生寮といわれた先輩の言うことは絶対とされた場所に住んでいました。今の時代に反した場所で、理不尽な事があるのは当たり前。入寮の半年後には辛くて新入生が半数になるのは当たり前。そんな場所です。しかし、ここはただのおかしな寮というわけではなく、勉強面は横に置いておいて、後輩の「人間力」を育成することに非常に力を入れている場所でした。その一環として、「自ら動き、巻き込む力」を養うため、寮のイベントの企画・運営は一番下の後輩が行う事になっており、企画・立案・先輩への個別説明・運営費の管理・当日の運営と様々なことを担当しました。クセの強い先輩がたくさんおり、様々な意見や考えがあり、思い通り進まない中、大変だ、面倒だと思う事もありました。しかし、どこまでも世話をし、最後まで付き合ってくださる先輩方と共に過ごす中で、やるからには「楽しく」「参加してくれる方々に喜んでもらいたい」という気持ちにもなりました。そこで、どうしたら良いか、何を心掛ければ良い方向に進むのかと考え始め、たくさんの方と話し、様々な考え・価値観に触れ、今の心掛けになっていったのだと感じています。今思えば、様々な試練を用意し、乗り越える中で自ら成長していく事を促し、先輩方が学んだことを後輩へ引き継ぎ、将来の糧としてほしいという願いがあったのだと感じています。

あなたにとって覚悟とは

私にとって【覚悟】とは、飛び込み、やりきる勇気だと思っています。私の人生の中で最も覚悟したことは、やはり「リヴソル物流㈱」を起ち上げる際です。両親に工学系の大学院まで通わしていただき、自動車用エンジンの設計開発をしていた私にとって、重量物の据付や運送、クレーン業は全く知らない道の世界でした。その中に飛び込み、自ら先頭に立つ立場になる事、会社の従業員やその家族の生活が懸かっていること、不安なことを並べると数えきれないほどです。しかし、私の人生にとって何が楽しいのだろう、何にワクワクするのだろうと考えたとき、自ら考え、動き、実現していく事程、楽しくワクワクすることはないと感じました。実際飛び込んでみて、以前にはない充実感や達成感を毎日のように感じており、お客様とのやり取りの中で日々勉強させていただき、いろいろな考えや価値観に触れることで、自己の成長につながっていると思っています。

カッコイイ大人とは?

私にとってカッコイイ大人は、自己犠牲のできる人です。リーダーとなる人は損をすることも多くなると思っています。しかし、自分に特にならない事でも嫌な顔せず、全力で取り組み、自らの知識や技術、人脈で応えれる人は、本当にカッコイイなと感じています。そういう方は仲間が非常に多く、周りにたくさんの笑顔があり、私の目指す大人になっていくのだと思っています。

今後の展望

1番に目指しているものは岡山で1番の重量屋になることです。ここに任せておけば間違いないといっていただける会社にしたいです。そのために、少しずつではありますが、職人の地位向上という部分をやっていき、職人になりたいという方を増やしていく必要があると思っています。給料面、労働時間・環境面など、現状多岐に渡り課題があると感じており、【職人の魅力】を増やし、リヴソル物流で職人を目指したいと思ってもらえる会社をまずは目指していきます。

若者へのメッセージ

経験も少ない若輩者で、若者へのメッセージを送るというのは恥ずかしいですが、今の私の中にある芯というべきものを書かせていただきます。「何事も自分次第」これは私の座右の銘です。決して自己中心的な意味ではなく、楽しく生きるための考え方だと捉えています。楽しい事を楽しめるのは、誰にでもできる事だと思います。楽しくない事を楽しめるのは、誰でもできない事だと思います。ただ、誰もが何事も楽しんでしたいと感じていると思います。私は、解決策をこの言葉が表現していると感じています。例えば、大量の書類整理を一人で黙々とやっても面白くありません。ならどうしたら面白くできるのか。誰かを誘って一緒に意見を交わし、しゃべりながらやってみよう。さらに、今まであまり関わってなかった人を誘ってみよう。そうすることで、その人のことをよく知る時間になり、別の仕事では協力して達成できるようになるかもしれない。その姿を見た他の人が手伝ってくれ、さらに輪が広がり早く終わるかもしれない。自分次第で様々な可能性に繋げていく事ができます。最後になりますが、自分次第という考え方は、問題が起きたときの対応と反省にも同じことが言えるのではないかと思います。様々な事を自分次第でポジティブに楽しく行っていく事が「実現」することの一歩目ではないでしょうか。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

第98代内閣総理大臣 安倍晋三

第98代内閣総理大臣
安倍晋三

脳科学者 澤口俊之

脳科学者
澤口俊之

山岳医療救助機構 医学博士 大城和恵

山岳医療救助機構 医学博士
大城和恵

お気に入り

耳かき

匠シリーズの耳かき。先が細く、耳かきしてる感が非常に強い一品です。数々の耳かきを買い試した結果、これが一番!私の座る場所にはどこにでも置いています。

キーケース

呼び方がわかりませんが、鍵などをまとめて腰にぶら下げれるものです。大学時代通っていた古着屋さんからいただいた物で、10年以上常に身に付けています。右越しにこれがないともう落ち着きません。