パンラエル 代表取締役社長 林 洋輔
はやしようすけ

林 洋輔

京都府生まれB型
職業:パンラエル 代表取締役社長
趣味:旅行
座右の銘:時間は皆に平等

高校から留学の為にカナダへ。家庭の事情などにより帰国後、バイトなどを経て物流会社に就職。物流会社での実績を積み役員経験後、パンラエルを立ち上げる。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

学生のころから海外留学などをしており人より物事を俯瞰的に見れる自身だけはありました。その中で日本の会社で役員までさせていただき日本企業の良いところ悪いところも見てきました。そのような時にイスラエルという国と出会い日本とイスラエルという国が出会った時に素晴らしいシナジー効果が生まれると感じてパンラエルという会社を立ち上げました。

現在の仕事への想い

生まれた環境や状況によって人の人生は様々です。しかし私の座右の銘でもあるように時間だけは皆平等で有限です。なので失敗は恐れずに1分1秒を大事にして1日を全力で生きています。長い人生の中で失敗をしてもそれを修正して最後に成功に持っていけば良いだけと考えています。

あなたにとって覚悟とは

私にとっての覚悟とは覚悟=自責と考えています。これは体験談になるのですが私も昔はよく他責をしていました。経歴でもあるように中学卒業後に海外に留学してその頃の計画では海外で大学卒業して外資系企業で働くのが夢でした。しかし家庭の事情で日本に戻らされて「働いて」と16歳の時に親に告げられました。その時からしばらくは「親のせいで人生めちゃくちゃになった」など完全に責任を親に向けていました。不思議な事に人に責任を押し付けていると気持ちは楽になりますがどんどん人生が悪い方向に進みだしました。そんな時ある人と出会いこんな言葉を掛けられました。「自分の為の人生。他人ではなく自分の為に生きよう。」と。それからは完全に自責思考で日々覚悟を持って行動しています。すると自身が決めた事なので失敗しても気持ち良く受けいれるようになりました。人生短いです。「今を生きる。」を教訓に進んでいます。

カッコイイ大人とは?

遊びも仕事もどんな事でも全力で取り組んでいる大人はカッコイイと思います。私自身が時間を最重要している為、いつも全力で生きている大人を見ると時間を大切に生きている人だなと実感します。しかしこの全力で取り組む事は意外と難しくやはり人ですので時に妥協したりすることがあります。私も疲れた日など不調の際は「今日はもう良いかな…」となる時があります。このような時に如何にモチベーションを保てるかが重要と思い常に意識して行動しています。この積み重ねが全力で生きるカッコイイ大人に近づくと信じています。もう1つは常に謙虚である大人はカッコイイと思います。他人を立てて自身は常に謙虚でいれる人は素晴らしいと思います。しかしただ謙虚なだけでなく芯を持って行動できるカッコイイ大人になれるように私も人の気持ちに立って常に行動するように心掛けています。

今後の展望

今後の展望は確実に「日本変革」です。先代が築き上げてきたこの日本という国は素晴らしいです。しかしそれを壊して先に進むのも必要です。日本には素晴らしい点がいくつもあります。「多様性」「美徳」など。最後は「日本人らしさ」につきると思います。しかしグローバル化が進んできた昨今、日本という概念では通用しなくなってきてます。日本は、海外は、ではなく世界基準としてどのように行動していくかが今後さらに問われていきます。その時にパンラエルが1つでもそのきっかけになり日本の発展にとの思いでパンラエルを継続させていく所存です。

若者へのメッセージ

日本の明るいミライは「子供たち」です。私達のように成熟した大人は様々な経験を基にどんなことでも発信できますが一方で経験が行動の妨げになる時もあります。しかしミライとは次世代の子供たちです。どのように次世代の子供に伝えていくかが焦点と思います。イスラエルに特化した事業を行っていますが一番共感できたのは教育制度です。イスラエルの教育は「なぜ?」「どのように?」です。つまり「思考型」です。「Out of box thinking」が幼少期からの教育の基本になります。箱の中で物事を考えずに1歩踏み出して物事を考えるということです。そして今の日本の教育はご存じの通り「暗記型」です。このような世界では答えは無く正解もありません。人々が最善の解決策を見出せる日本人になってほしいが私の思いです。コロナウイルスのような脅威がきて初めて「思考力」が働くのは問題で常に危機感と豊富な知識を武器にミライへ進んで行ける日本を目指していきたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

アテネ五輪・競泳メダリスト 中西悠子

アテネ五輪・競泳メダリスト
中西悠子

ファッションデザイナー ドン小西

ファッションデザイナー
ドン小西

元総合格闘家 髙田延彦

元総合格闘家
髙田延彦

お気に入り

腕時計

尊敬する人にいただいた時計です。時間を重要視する私には本当にうれしいアイテムです。また個人的にも時計が好きなのでいつも目を光らせて良い時計探しはしています(笑)

パソコン

仕事を行う上で欠かせないアイテムです。パソコンがあればいつでもどこでも僕の仕事はできます。