日本経営心理士協会 代表理事 藤田耕司
ふじたこうじ

藤田耕司

徳島県生まれO型
職業:日本経営心理士協会 代表理事
趣味:神社巡り、読書
座右の銘:数字の背景には“感情“がある。 感情が勘定を動かす。

経営心理士、経営コンサルタント、公認会計士、税理士、心理カウンセラー、一般社団法人日本経営心理士協会 代表理事、FSGマネジメント株式会社 代表取締役、FSG税理士事務所 代表 19歳から心理学を学び、心理カウンセラー等の複数の心理系の資格を取得。2011年に有限責任監査法人トーマツを退職し、コンサルティング会社と会計事務所を設立。人材育成から労務問題、採用、営業、マーケティングまで幅広い分野でこれまでに1,000件超の経営相談を受け、心理学を活用した経営改善を行う。
また、これまでの経営改善事例から経営者の心理、部下の心理、顧客の心理、自己の心理を分析し、経営心理学として体系化することで、経営指導の成果を大きく高める。その成果が口コミで広がり、日経新聞をはじめ複数のメディアから取材や講演依頼を受ける。経営心理学を体系的に学ぶ経営心理士講座を主催し、「経営心理士」の資格認定を行う。
年間の講演は250回超。著書「リーダーのための経営心理学」日本経済新聞出版社(日本、台湾、韓国の3ヶ国で出版)、「経営参謀としての士業戦略」日本能率協会マネジメントセンター

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

経営者の交流会を2005年から始めたのがきっかけで経営者の知り合いが増え頻繁に経営の相談を受けるようになりました。その中で経営者の悩みのほとんどは「人」の悩みあることに気付きます。お客様という「人」が思うように動いてくれないから、売上が伸びない、だから資金繰りが苦しい。従業員という「人」が思うように動いてくれないから、生産性が低い、職場の一体感がない、離職率が高い。「人」を動かしたい。だけど「人」が思うように動いてくれない。その結果、経営がうまくいかない。そういう経営者が多いのです。そして、人を動かしているのは心や感情です。しかし、心や感情について体系的に勉強している経営者はいませんでした。そこで私が心や感情の性質を踏まえた上で経営のアドバイスをするようにしたところ、経営者から非常に喜んでいただき、経営の悩みに関して多くの成果が出るようになりました。そこで疑問に思ったのが、「経営やビジネスで成果が出ないと悩んでいるのに、なぜ心や感情の勉強をしないのだろう?」ということです。そこで経営やビジネスで成果を出すために心や感情について体系的に学べるセミナーをして欲しいという依頼が来るようになり、セミナーをやってみたところ大好評を頂き、次第にファンが増え、周りからの後押しもあったことから一般社団法人日本経営心理士協会を設立しました。

現在の仕事への想い

セミナーを受けることに意味はない。現場と日常を変えることに意味があるこれが経営心理士講座のコンセプトです。セミナーの目的は現場・日常を変えることです。現場や日常が変わらないのであれば、セミナーを受けても意味がありません。そのため、講座の内容は実践的で再現性の高いものにこだわっています。また、学んだ内容を少しずつでも実践し、成功体験を積むために自分という「人」をどのように動かしていくか、そのために自分の感情とどう向き合うかについて体系的にお伝えし、現場や日常で成果を出すことにコミットしています。

あなたにとって覚悟とは

高校3年生の時に大学受験に失敗し、浪人が決まった後、4月の一か月間は記憶に関する脳の勉強に充て、記憶のメカニズムを理解してから、5月より受験勉強をスタートしました。他の受験生より一か月勉強を始める時期を遅らせることは私にとって覚悟だったと思います。ただ、その選択は正解でした。記憶のメカニズムに基づいて勉強を進めると暗記が得意になり、成績がぐんぐん伸びて、最終的には当初の第一志望よりも上の大学に合格することができました。この経験から、「何事も脳や心といった人間の仕組みを理解してから取り組んだ方が効果的」という考えを持つにようになり、それが今の事業に繋がっています。

カッコイイ大人とは?

好奇心が衰えない人です。好奇心を持って、先入観を持つことなく、人の話を興味津々に聴ける人はカッコイイと思います。好奇心を失い頭が固くなってしまうと人の話に耳を傾けなくなってしまいます。そういう大人にはなりたくないですね。

今後の展望

日本を元気にすることです。その為にモチベーターをたくさん増やしていこうと考えています。モチベーターとは、人のモチベーションを上げる人であり、相手の話を共感しながら聴き、相手を理解し、相手の良いところを見つけてフィードバックし、相手の成長を支援する人です。そんな人材を増やしていきたいと考えています。

若者へのメッセージ

自分の可能性はまだまだそんなもんじゃないということに気付いてもらいたいです。経営心理士講座で感情との向き合い方をお伝えしていますが、自分の感情と向き合い、克服できるようになった人は、今まで以上の大きな成果を出せるようになっています。自分の可能性を信じて、自分に誇りを持って、自分の感情としっかり向き合い、さらに頑張っていってほしいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ベリーダンサー 木村カスミ

ベリーダンサー
木村カスミ

女優・声優 大山のぶ代

女優・声優
大山のぶ代

北京五輪・女子バドミントン日本代表 小椋久美子

北京五輪・女子バドミントン日本代表
小椋久美子

お気に入り

腕時計

同じモノを2回購入するほどに、気に入っています。講演中、この腕時計を見て時間配分をします。

ポインター

講演するにおいて、必須アイテムです。職業柄、肌身離さず必ず持っています。