医療法人社団満禎会 医師/医療法人理事長 由利直樹
ゆりなおき

由利直樹

大阪府生まれO型
職業:医療法人社団満禎会 医師/医療法人理事長
趣味:読書、特撮、アニメ、音楽
座右の銘:念ずれば叶う

大阪府立北野高等学校卒。
愛媛大学医学部医学科卒。
大阪大学医学部研究生。
大阪大学医学部附属病院耳鼻咽喉科勤務。
久保武大阪大学医学部耳鼻咽喉科教授より
大阪大学医学部大学院進学をすすめられるも、家庭の事情により断念。
関西労災病院耳鼻咽喉科勤務。
大阪回生病院耳鼻咽喉科勤務。
家内の実家の内科の隣で由利耳鼻咽喉科医院開業。
医療法人社団なおき会を設立。
直樹クリニックなどを開設。
医療法人社団満禎会に改称。
江戸川から国立市に移転し現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

自分自身は、物理学者になると考えてましたが、中学の親友と、高校の漢文の先生から、医師になることを強く勧められたからです。自分も家族も耳鼻咽喉疾患にかかった経験があり、受験前に母が入院していたことも、自分の人生の選択に影響したと考えています。「癌かもしれないかも」という一言で、患者さんは不安になり、その判断の可否で命に関わってしまう。医者としての判断、そして言動の責任を感じました。

現在の仕事への想い

疾患とは患者様の命に関わったり、その後の生活の質に影響したり、患者様だけでなくそのご家族、社会にも影響のあるものです。そこに失敗は許されません。完璧な検査まで至っていないのに、医師としての「異常なし」の判断はできないと考えています。医師になって20年以上たちますが、常に精神を研ぎ澄ませて診察にあたるように心掛けています。

あなたにとって覚悟とは

物理学者でなく医師。家内の実家の養子に入る。研究医でなく臨床、開業医。関西から関東に出ての展開。それぞれの決断が、自分の存在理由の自覚です。病気を治すことが医師の役目ですが、現在の社会のシステム自体が病んでいると考えてます。微力ながら、自分の診療、取り組みを通して、少しでも良い社会になるように努力したいです。

カッコイイ大人とは?

世界レベルの超専門家と言われていた、大学時代の恩師に憧れがありました。その先生から頂いた「君たちの手で、この教科書を書き換えられることを臨む」という言葉は、非常に私の軸になっています。新しい発見や医療の改革に向かって、常に挑戦できるような医師、大人でありたいと考えています。そういう意味では、分野の専門家であり、また評論家でもある必要があると思います。

今後の展望

医療で得意な8つの疾患、分野の診療を通じて社会貢献したいと考えています。難聴と認知症との関わりから、補聴器を通じて認知症予防の啓蒙活動をしたいです。睡眠時無呼吸の治療を通じて、居眠り運転手による事故をへらし、高血圧、糖尿病などを減らし、心疾患、脳血管疾患で早死にされる患者様を減らしたいです。自分なりのメッセージを社会に届けて、医療をはじめとした社会問題の解決に少しでも役に立ちたいと考えています。

若者へのメッセージ

医学部受験などの問題が取り沙汰されていましたが、正しく、平等であるべきことはしっかりと政治が行ってもらうべきです。一人一人がしっかり勉強して、自分の得意分野で社会の皆さまが幸せになるように仕事をして下さい。真のエリートとは、弱いものを助けるヒーローであるべきです。報道、ネットに惑わされず、自分で考えて判断してください。高齢化する日本を経済的だけでなく、心が豊かな国になるよう一緒に頑張っていきましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

精神科医 名越康文

精神科医
名越康文

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授 大堀理

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授
大堀理

衆議院議員 高市早苗

衆議院議員
高市早苗

お気に入り

キーホルダー

ヒーロー、アイドル、アナウンサー、手塚治虫先生、トゥイーティー、ジャイアンツの岡本君がついています。ヒーローは帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンメビウス、仮面ライダーで主題歌は元気、勇気をくれます。アイドルは日向坂46潮紗理菜、握手の天才で、自分は潮くんと呼んでいます。こちらの体調を気遣ってくれる優しさ、明るさ、賢さを持ち合わせたアイドルです。トゥイーティーは娘に似ており、ジャイアンツの岡本君は息子と似ています。ついでに妻はおじゃる丸にそっくりなんです。

缶バッジ

缶バッジは良い音をプレゼントする思いを込めて、理事長本人が原型をデザイン提案しました。四つ葉のクローバーで幸せ、つまり医療法人の満禎の幸せいっぱいを表しています。因みに満・禎は妻の母、自分の母の名前からとりました。ハート、こっそり由利直樹イニシャルも入れてみました。8つの得意分野で社会貢献を意味する8色にしました。この配色はデザイナーさんに協力頂きました。