株式会社レイクビー 代表 山根翼
やまねつばさ

山根翼

滋賀県生まれA型
職業:株式会社レイクビー 代表
趣味:ランニング
座右の銘:四方よし

滋賀学園高校S類スポーツコース卒業、名城大学人間学部人間学科卒業。新卒で名古屋の住宅リフォーム会社に入社。営業マンとして5年間活動。入社3年目には最優秀賞受賞。その後、2016年に地元の滋賀に戻り、実兄と滋賀電力株式会社の経営を行う。2018年に会社を売却し、現在は、株式会社レイクビーの代表取締役として活動中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

新卒で住宅リフォーム会社の営業マンとして5年働いて、その後、兄が代表を務める滋賀電力株式会社に27歳で取締役として経営に携わるという経験を経て感じたことは、サラリーマンとして働くよりも、自分たちで会社経営をするのは楽しいし、やりがいが素晴らしいということです。また、トップに立つ兄がカッコよく見えて、私も30歳までに次のステップとして経営者として活躍したいと考えました。そして、29歳で株式会社レイクビーの代表取締役としてビジネスをスタートさせ、2018年から本格的に今の事業を開始致しました。生まれ育った滋賀県を拠点にビジネスをしたいという想いと、もともと私が小さい頃から陸上をしていたという経験から、スポーツやヘルスケアに興味を持ち、自分が携わっていて楽しいと思えるこの業界で勝負したい!という想いのもと、活動しています。

現在の仕事への想い

1つめは、スピード感です。滋賀電力というベンチャー企業で経営に携わっていくなかで、他社がやっていないことをいかにスピーディーにやるか、見積もりは一番に即日提出、顧客からのメールは即レス、などを意識的に行っていました。そうしないと、他社との差別化を図れませんし、そうすることで、顧客から信用・信頼され契約に繋がったり、喜んでもらえたりということを実感しています。結局、スピード感がないと、顧客の心は離れてしまいますし、どれだけ資料を作り込んだりしたところでこちらの熱量は上手く伝わりません。熱量や誠意を伝えるにはスピードが1番だと思っています。ビジネスは、スピードが一番。そのあとに、提案内容・金額などが付いてくると考えています。2つめは、物を売るのではなく、ストーリーを売るということを常に意識しています。例えば、住宅リフォーム会社の営業マン時代は、キッチンをただ単に売るのではなく、キッチンを新しくした後の、姿をイメージさせてあげることを常に意識していました。また極論、キッチンを売らずに、お客様の抱えている問題点を聞いていくうちに、間取りを変えることが大事で、キッチンを新しくするだけは満足できないのでは?といったように、お客様からの依頼をそのまま返すのではなく、プラスαの提案をしたりということもありました。上記2つの考え方は今後、どんなビジネスをする上でも、常に意識してやっていきます。

あなたにとって覚悟とは

新卒で入社した会社を辞めて、兄が立ち上げた創業1年目の会社を共に経営していくことに決めた時です。新卒で入社した会社では、5年目を迎えており、若手から中堅へと変わり始める頃で、仕事も楽しくて営業マンとしての営業成績もうなぎ上りでした。そんなタイミングで兄から「一緒に会社をやらないか」と誘われたのです。さらには、当時付き合っていた彼女(後に結婚)とも今後のことも考えているところでした。勤めていた会社は名古屋で住まいも名古屋でした。しかし、兄の立ち上げた会社は地元の滋賀県だったので、滋賀に戻らないといけないという状況でした。彼女も名古屋住まいだったので遠距離になるか、同棲をするかということも悩みました。結果、結婚をすることを前提に同棲を選びました。なぜなら、サラリーマンを辞めて立ち上げたばっかりの会社の役員になることを応援してくれたからです。また、周りからは「仕事も順調なのにもったいない」と言われることも多々ありましたが、この仕事を自分はあと何十年もやるのか?と考えると疑問に思う部分もあったので、それよりは、自分の人生だからこそ全く別の世界に飛び込み、立場を変えてやってみたほうが、自分の視野が広がると思い、お金の部分も生活の部分も何も保証もない、ベンチャー企業の役員としての人生を選んだわけです。ただ、この選択が自分の考え方、行動に大きな変化をもたらしました。新しいことを創り上げていく楽しさ、喜び。ビジネスが上手くいったときの感動。これは、今までに経験したことのないものがあります。さらに、今は経営者としてもスタートしました。これらの感情は、より強いものになるはずです。常に刺激たっぷりのビジネスの世界で生きていきます。

カッコイイ大人とは?

自分がやったことに対して涙を流せる大人になりたいなと思います。本気でやったことに対して、涙を流す姿はカッコイイです。心底、努力して成功したとき、逆にダメだったときに涙は流れるものだと思っています。甲子園などで高校生が涙を流しながらプレーをしているのを観ながら自分もまだまだだなと実感しています。正直、自分は今までの人生、ほとんど泣いたことはありません。もしかすると、何事もそこまで本気で取り組めていないのかもしれません。単純に涙腺が強すぎるのかもしれませんが。。。しかしおそらく、その本気というステージに立てていないのでしょう。今後、経営者として想像もつかないような出来事がたくさんあると思います。自分が決めたことを全うして嬉し涙でも悔し涙でも構わないので涙を流せるくらいのことをやり遂げたいです。そこのステージに立れば自分の思う理想のカッコいい大人の土俵に立てると思います。

今後の展望

明確な大きな夢や目標は残念ながらありません。というのも、日常は日々変化しているので、目の前の小さな目標をクリアしていくことが重要と考えています。先の大きな目標があると逆に、今やるべきことが分からなくなってしまう気がしています。目の前の小さな目標を達成していった先に、自分の叶えたい夢が自然に見えてくるものだと思うので、気づけば自分が成長しているという形でいいのかなと思います。とは言っても、ある程度の目指すべきところは必要です。すごく曖昧ですが「山根翼の発信するコトに価値がある」と認められたいです。今この時代は色んなサービス、商品、情報がインターネット上にどれだけでも転がっています。基本的には、誰でも同じ情報を得ることが出来るし、同じ物を買う、同じサービスを使うこともできます。さらには、同じサービスを作ることもできます。そうなってくると弊社がリリースするサービスももしかすると内容に意味はないかもしれません。だからこそ、山根翼が発信するから、この商品を買おう、サービスを使おう、友達に紹介しようという価値を持つことが重要だと考えています。

若者へのメッセージ

アドバイスというと、おこがましいですし、ありきたりなことだと思いますが、とにかく自分の好きなことをやるべきだと思います!自分がやっていて楽しいと思えることって、どれだけでも勝手に知識が増えていくのに対して、楽しいと思えないことって、知識が身につくスピードが遅いと思います。というより、そもそも身に付きません。自分が楽しく思えないことや苦手分野は、今は、技術革新が凄まじいのでAIやIoTが勝手にやってくれるでしょう。これからの時代は平均点を出すことは望まれていません。情報は、ネットに転がりまわっているので。なので、自分の楽しいと思えることや得意分野をどんどん伸ばして、この分野なら、〇〇さん!、〇〇さんの#(ハッシュタグ)はこれ!みたいな存在になることが大切になると思います。私もまだまだ、そのような存在にはなれていません。一緒にそのような存在になれるように楽しく努力していきましょう!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

バレーボール全日本男子監督 植田辰哉

バレーボール全日本男子監督
植田辰哉

陶芸家 岡崎裕子

陶芸家
岡崎裕子

ジャーナリスト 須田慎一郎

ジャーナリスト
須田慎一郎

お気に入り

かばん

リュックにもなるビジネスバッグです。電車移動が多く歩くことも多いので、リュック型は便利です。毎日、愛用しています。

ノートPC

自宅でも事務所でもカフェでも電車でも、このパソコンが大活躍しています。自社サービスなどのステッカーを貼り、少しでも広告等になればと。