覚悟の瞬間(とき)

FROM PROJECT セルフデザイナー 竹内菫
たけうちすみれ

竹内菫

東京都生まれB型
職業:FROM PROJECT セルフデザイナー
趣味:人のコア(譲れないもの)に触れること、フラダンスを踊ること、絵を描くこと
座右の銘:好きな人と好きな事をして赴くままに生きる

(一社)FROM PROJECT 代表理事。グアムの高校を卒業後、国際教養大学に入学し、約3年間の休学後2020年に自主退学した24歳。2015年から参画していたFROM PROJECTの活動を成長させるため、前法人を引き継ぎ2020年3月に(一社)FROM PROJECTとして刷新し、より大きな社会的価値の創造と持続的な活動体制を構築するべく取り組んでいる。当法人の外でも、NPO法人Class for Every Colorの設立理事や、株式会社BYDと株式会社W.S.P.の教育事業部に所属し、自らの行動をもとに「自分の人生を自分で創る」ことを全国の学生に伝えている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

大学1年の頃から今の活動をしており、この活動を辞めるか辞めないかの選択肢の瞬間になったときに、ある男子高校生がいて、全然悪いことではないのですが、「やりたいことがない」という状況だったのですね。ワークショップを通して、その男の子のやりたいことを明確にしていったり、彼もプロジェクトを行なって、最終報告会でその男の子が泣きながら「やりきれなかった、すごい悔しいです」という話をしていました。そこで変化する価値を届けることが出来た、この活動を辞めることはできないな、もっともっと多くの人に価値を届けたいなと思い、今に至ります。

現在の仕事への想い

本人以上に、その人の可能性やポテンシャルを信じ続けることを大切にしています。対話の中で「できない」「無理だ」という発言はしません。振り返りの際には、事実と解釈をしっかり分けて、解釈次第で次のアクションが変わり、自分の世界が変わることを体験を通して伝え、自信につなげていくことを重視しています。どんな意見・状況であっても、一人ひとりに色があることを常に忘れないこと、表面の言葉よりも、なぜその発言をしているのか、などの本質を捉えることを大切にしています。

あなたにとって覚悟とは

意図的に何かを選択した時は必ず覚悟が伴うと思います。凄く条件の良い会社に就職をするか、今の活動を続けるかの分岐点で、この活動を続けていこうとした際は大きな覚悟をしました。私自身が人生で1番重視していることが、好きな人と好きなことをして赴くままに生きるということです。そのためにこの決断をしたと思います。

カッコイイ大人とは?

今を生きるということをしている人です。ワクワクしていたり、それを選択して行動していると自覚している人は非常にカッコ良いと思います。今やりたいことをフラットに問い直してみて、「あれ?何か違うぞ!」となった時は凄くチャンスだと思います。

今後の展望

自分色を引き出し、世界を彩るということをビジョンをしています。いろいろな人の特技や個性を引き出して、カラフルな世界にするということが出来れば良いなと思っています。あらゆる多様な人からいろいろな色が引き出せれば良いなと思っています。

若者へのメッセージ

まず言葉にすることが大事だと思います。言葉というものに表現することだと思っています。いろいろな格好良い人たちがいますが、皆さんどこかで言葉にしていると思います。小さな言葉でも良いので、言葉にして話してみるということを身近な人からぜひシェアしてみましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

北関東循環器病院 院長 南和友

北関東循環器病院 院長
南和友

ジャーナリスト 荻原博子

ジャーナリスト
荻原博子

演出家 宮本亜門

演出家
宮本亜門

お気に入り

ボールペン

「菫」模様の入ったプレゼントでもらったボールペンです。菫(植物)は小さく鮮やかで素敵なお花を咲かせるけれども、実は雑草の一種で、コンクリートのしたからでもお花を咲かせる強さがあります。なので、私の名前と同じこの菫の模様を見るととても元気づけられます。

ヘアゴム・簪

常に持ち歩いて、自分のスイッチONとOFFの切り替えなどに使用しています。