TIMBERLINE 空師 野村慎吾
のむらしんご

野村慎吾

東京都生まれO型
職業:TIMBERLINE 空師
趣味:ドライブ、散歩、読書
座右の銘:日進月歩

20代前半にこの業界に入り会社で約10年間勤務。会社を辞めてこの業界自体も辞めようと思っていた時に周囲の方々に一度起業し、チャレンジしてみればと後押しをして頂き、2017年、TIMBERLINE 設立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

もともとは何もやりたいことがなく目標もありませんでした。そんな時代に20歳過ぎから植木屋としてスタートし、大きい樹を扱うような仕事が増えていったのがきっかけで今の仕事に出会いました。そこで何トン、何十トンというスケールが大きい仕事ができることにやりがいを感じ、次第にのめり込んでいきました。

現在の仕事への想い

テーマは人と自然の共生です。空師・アーボリカルチャー(treeclimbing)はまだまだ日本では認知や普及してないのが現状です。一つ間違えれば命の危険を伴う仕事ではありますが、だからこそやりがいのある仕事だと思っています。

あなたにとって覚悟とは

TIMBERLINEを起業したときです。自分に何か秀でる能力があったわけではないですが、会社の同僚やお世話になった方々から「独立してみな」と背中を押してもらい起業を決めました。本当に人に恵まれてます。仕事が楽しくて苦になったことはないです。

カッコイイ大人とは?

現状に満足せず、常に新しいことにチャレンジし向上心を持ってる人です。今はSNSが進み海外の技術なども気軽に学ぶことができる環境にあります。私自身も常に新しい技術を学び、現場に取り入れるようにしてます。

今後の展望

まだ4年目の若い会社であり、自分自身も会社も伸びしろがまだまだあると思っています。強く長い信頼関係を築いていける様に向上心を持って行動し、人と自然の共生を実現していこうと思います。また、個人的にはどんな時も人のためになることを追い求めていきたいです。

若者へのメッセージ

思いついたら行動し、時には失敗しても決して諦めずにチャレンジし続ける気持ちを持って日々過ごしてもらいたいです。全て通ってきた道に意味があり、その経験が新しい知恵を生み(知識となり)財産になっていくと思います。決して諦めずに何度でも立ち上がるということ。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

落語家 桂米團冶

落語家
桂米團冶

神奈川県知事 黒岩祐治

神奈川県知事
黒岩祐治

元F1レーサー 片山右京

元F1レーサー
片山右京

お気に入り

チェーンソー

樹木の枝打ち伐採していく道具です。

ハーネス

樹木に登っていくための道具です。