やじま歯科医院 院長 矢島孝浩
やじまたかひろ

矢島孝浩

長野県生まれO型
職業:やじま歯科医院 院長
趣味:旅行
座右の銘:志高き出る杭になる

長野県松本市出身。長野県松本県ヶ丘高等学校卒業。
1987年 愛知学院大学歯学部卒業。歯科医師免許取得。
高校時代より9年間柔道部に所属。歯学体優勝など文武両道に励みました(柔道2段)
1987年 愛知学院大学専科専攻生(歯科補綴学)・研修医制度第1期生研修医代表。
かみ合わせ、審美歯科、入れ歯、顎関節症などを研究しました。
1988年 愛知学院大学助手・歯科補綴学第3講座(クラウンブリッジ)
大学の教員として、治療・教育・研究に励みました。
1991年 愛知学院大学退職。やじま歯科医院開業。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

歯科医師になったのは父親が獣医師(家畜保健所勤務)で、常に医療を身近に感じていたからです。また、友人の父親が学校歯科医で、ダンディーで素敵な大人だったという事もあり、歯科医師への憧れがありました。現在の職についてはPOICウォーターと出会って、POIC研究会の立ち上げを手伝い、その後、理事長として会員の教育に当たる立場となり、現在に至っています。プラズマレーザーシステムにおいてもレーザー治療をする上で歯科治療水の重要性に気づき、仲間と共にプラズマレーザー研究会を立ち上げ、現在に至ります。

現在の仕事への想い

細菌を全く含まず、なおかつ殺菌力を持つ歯科医領水を使用する事こそ歯科医療が真の医療となる基本です。歯科治療は基本的に観血する外科処置。例えば虫垂炎の手術をする時に外科医はまず局所を殺菌して滅菌してある器具を使用します。手術中に使用する水は細菌を全く含まない生理食塩水です。ところが多くの歯科医院では細菌の塊であるデンタルプラークがついたまま、汚染された治療水を使用して治療しています。我々はまずPOICウォーターで口腔内のデンタルプラークを除去してから治療します。これは内科医が注射する前に必ずアルコール綿で局所を清拭することと同じです。それから細菌を全く含まず、殺菌力のある歯科治療水で連続除菌しながら治療します。これは「歯科医師」として当然のことと考え、歯科が「歯科医療」に、歯医者が「歯科医師」となるべきであると考えています。

あなたにとって覚悟とは

歯科医療人にとって「ユニットから細菌が検出される」と言うことは最も伏せたい事の一つかもしれません。歯科医師会、厚生労働省にしても同様です。しかし、真の安心安全な医療には避けて通れない問題です。このことについて講演などすると同業からは何を言われるかわからないですし、様々な妨害が入ることも懸念されます。最新鋭のプラズマレーザーシステムにおいても大手メーカーからは面白くないかもしれません。出る杭は打たれる。と言います。しかし、他人が追いつけないほどに「志高い出る杭」になれば、叩きようがなくなり、人はついて来るようになると思っています。

カッコイイ大人とは?

孤高な大人です。孤独とか、わがままというのではなく「自分の信念」をきちんと持っている人がカッコイイ大人です。一本芯が通った生き方が出来る人や、群れることなく、常に自分を持ち続ける人はカッコイイです。ただし、どうすれば良い方向に進めるのか、団体をまとめる時にはどうすれば良くなるのかを常に考え、他のメンバーの意見も聞き、取り入れる。と言うと、一見矛盾するようですが、一人で走るわがままとは違います。セミナー活動などを開催するにあたり、チームとして活動する事も大切です。また、トップとして重要な仕事の一つは後継者を育てる事と考えます。

今後の展望

やじま歯科医院においてはスタッフと共にさらに研鑽し、患者さんに正しい歯科医療を提供すると共に、最も重要な「予防」の普及に努めて参ります。そのためにPOICウォーター、プラズマレーザーシステムを使用したメインテナンスシステムのさらなる充実を図ります。長男が歯科医師として名古屋で修行中なので、近い生来は一緒に治療に当たり、医院をより良い形で継承したいと考えています。所属団体においては、さらに安心安全な治療が出来る歯科医院、歯科医療関係者を増やす事を考えています。そして、歯科医療は口腔内のみではなく、全身の健康にも関わる事であり、逆に全身の健康状態も口腔内に現れるので、医科との連携、さらには介護関係者や教育関係者との他職種連携もさらに図りたいと思います。さらに、一般市民向けにも、このような医療や口腔ケアの重要性を周知するセミナーを今まで以上にに開催していきたいです。最後に、志を引き継いでくれる後継者を育成することが最も重要と言っても過言ではございません。

日本を背負う若者へメッセージ

歯科医師過剰と言われて久しいが、きちんと全身の事を考えて、正しい安心安全な歯科治療が出来る歯科医師はまだまだ足りません。正しい歯科医療、他職種連携医療が出来ることで、歯科医療が日本の医療、医療費高騰を救う可能性さえ秘めていると思います。また、このような治療を海外へ広めることも重要となってきます。まだまだやることはいっぱいです。広い視野で正しい歯科医療を学び、歯科医師となってくれる事を願います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

パラリンピック競泳金メダリスト 河合純一

パラリンピック競泳金メダリスト
河合純一

プロフリークライマー 尾川智子

プロフリークライマー
尾川智子

ヴァイオリニスト 葉加瀬太郎

ヴァイオリニスト
葉加瀬太郎

お気に入り

POICウォーター&オーラループ4プラス

この素晴らしい口腔ケア用品との出会いが私の人生を大きく変えました。誰でも簡単に、しかも3~5分で80点以上の口腔ケアができ、患者さんも口腔内が良くなることを実感されています。診療に使用すると臨床成績も上がります。もちろん私も毎日愛用しております。

甲州印伝の名刺入れ

山梨伝統の鹿革に漆で模様を描いた甲州印伝の名刺入れ。限定の鉄腕アトムバージョンのものを使用。我々の世代には鉄腕アトムは幼少期の思い出があり、この名刺入れをきっかけに会話が弾むこともある。さらに印伝は使い込むほどに味わいが増すものである。