覚悟の瞬間(とき)

ディーディーホーム 代表取締役 伊藤主具瑠
いとうすぐる

伊藤主具瑠

秋田県生まれO型
職業:ディーディーホーム 代表取締役
趣味:映画鑑賞、ディズニーグッズを集める
座右の銘:一期一会

東京建築専門学校卒業。新卒で秋田の地元工務店に就職、工務の仕事を1年半経験後退社。大手アパレルメーカーに就職。地元の店舗の販売員として接客を経験。その後父親の経営する住宅機器卸の会社に転職。リフォーム・リノベーション部門の担当として従事。入社後10年目で住宅部門を切り離し独立。株式会社樹乃香を立ち上げる。令和3年5月に社名をドリームデザインの頭文字をとってディーディーホーム株式会社に変更。現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

建設業に携わる父の仕事ぶりを幼少期から見て育ってきたので、その影響が大きいです。高校卒業後に進路に悩みましたが、父の反対を押し切ってこの仕事を選びました。新卒で工務店に就職し、工務の仕事を1年半経験後、アパレルの道に進みました。販売員を経験した後父親の会社に戻り、新築部門を切り離すタイミングで独立しました。

現在の仕事への想い

もし、家を建てるのが自分の家族だったら。もし、家を建てるのが昔からの親友だったら。土地選びから、資金計画、それに間取りやデザインはどうするだろうか。ディーディーホームは”大切な人のために”家を建てる、そんな姿勢でお客様それぞれの生活スタイルや、趣味嗜好に合わせた建築を心掛けています。大切な家族や友達には何でも正直に話せるし、何でも聞いてほしいです。それにいろいろと良くしてあげたいと思いますよね。お客様とのお打合せの際も自分の大切な友人や家族であると捉え、お客様の想いや好きを形にできるよう一緒に考え、いい家にするために真剣に取り組むことが私たちの務めです。

あなたにとって覚悟とは

現在の事務所に移転してきたことで、今まで以上に頑張ろう、やってやろうという覚悟ができました。独立してから3年間は、間借りの状態でしたので、今の事務所に移転して、打ち合わせスペースができたことで、お客様に会社自体の雰囲気やかっこいい内装を見ていただくだけでもお客様の印象が変わるので、お客様に自然とアピールできてるのかなと思います。

カッコイイ大人とは?

理想の大人というか理想とするのは自分の父親だと思います。今は前の事業をたたんで会長として自分の会社を手伝ってくれていますが、30年もの間会社を経営してきたことはやはり尊敬する部分だと思っています。今も一緒にいるのでその背中を追いかけるだけでなく追い越すつもりで頑張っています。

今後の展望

設計士や現場監督がお客さまと直接コミュニケーションをとることで、お客様と一緒に造り上げ、イメージを共有します。直接設計へとつながることで、時間のロスも最小限に留まります。地域の皆様に満足いただけるお住まいを作り続けているからこそ、「あんな家を建てたい」「ディーディーホームで家を建てたい」というお客さまがまた増えていきます。それがなによりの営業活動だと私たちは思っています。また、自社で施工することで施工費用も抑えることができ、住みやすくてちょっとかっこいい家をより安く提供することができています。施工する棟数が増えることでも多くのメリットを生みます。ここ数年の施工実績が認められ、数多くの提携業者様のご協力を頂き、大工工事や材料の確保など、多くの発注をかけることで材料費のコストダウンを実現しました。それにより、安定した価格でご提供できるようになります。わたしたちは、この施工実績を維持するために、今日も最高の一棟をつくり続けていきたいです。

若者へのメッセージ

今できることを一つ一つ精一杯やることが一番成長できると思います。簡単なことでも手抜きなどをせず、しっかりやることで後々がスムーズに進むことがあるので、まずは今できることを最大限頑張ることが大事だと思います。頑張ってください!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

コラムニスト 泉麻人

コラムニスト
泉麻人

順天堂大学医学部心臓血管外科教授 天野篤

順天堂大学医学部心臓血管外科教授
天野篤

プロ卓球選手 四元奈生美

プロ卓球選手
四元奈生美

お気に入り

iPad Pro

お客様との打ち合わせ内容や図面への書き込み・現場での打ち合わせなどに使用してます。メールのチェック等にも使っているので、離せないものです。

リュック

iPadや資料を持ち運ぶのに使っていますが、いろいろなリュックを使いましたが、今使っているリュックが一番使いやすく大きさもちょうどいいです。