田中将太郎公認会計士・税理士事務所 代表 田中将太郎
たなかしょうたろう

田中将太郎

北海道生まれA型
職業:田中将太郎公認会計士・税理士事務所 代表
趣味:旅をすること、食事すること、お酒を楽しむこと
座右の銘:慎重に考え大胆に行動する

慶応義塾大学で経済学、シカゴ大学経営大学院にて経営学やファイナンスを学ぶ。公認会計士として、海外企業への国際監査や国内企業への国際会計基準IFRS導入に従事。その後、経営コンサルタントとして、大手金融機関、製造業、消費財、学術機関などの幅広い業界の企業に成長戦略やマーケティング、M&A戦略の策定を支援。その後、田中将太郎公認会計士事務所を設立し、多くのビジネスの成長を支援。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私が中学生くらいの時に、祖父の会社が倒産しました。100年以上も続いた会社でしたが、ある日、銀行から追加融資が受けられなくなって、あっという間になくなってしまいました。従業員も何十人もいて、田舎町の駅の裏に大きな工場もありました。それが倒産して、すべて更地になりました。多くの人が職を失って、昔から可愛がってくれていたおじさん達も倒産で仕事がなくなってしまいました。良い意味でも悪い意味でもビジネスの与えるインパクトの大きさを知りました。当時は不況で、大手の会社も倒産していたりしたのですが、公的資金なんかが入って救済した例もありました。なぜ、大きい会社は助かって、小さい会社は助からないのか、と悔しい思いをしたような気がします。また、100年以上続いてきた会社がなぜ倒産したのかを子供ながらに考えました。そこで経営とかファイナンスとかが重要性ではないかと思い、将来は経営やファイナンスを学んで祖父のような会社を助けられる人間になりたいと思ったのが、今の仕事に結びついています。それがきっかけで大学は経済学部で学んだり、まずは、公認会計士試験を受けようとしたんだと思います。

現在の仕事への想い

仕事上で出会うビジネスの中には、高いポテンシャルを持っているものがたくさんあります。しかし、必ずしもビジネス的に成功していません。情報やちょっとしたサポートが不足している結果、そのポテンシャルを活かしきれていません。ポテンシャルを最大化するプロフェッショナルであることが私たちの役割です。経営者には、多くの意思決定の瞬間があります。その意思決定を行うための会計・財務データをつくり、意思決定を行うビジネスのインフラを構築することで主に支援しています。特に、スタートアップ段階や成長段階の企業の場合は、このビジネスのインフラ作りが成長の大きなカギになります。会計データは地図であり、方位磁石だと思います。自分が今どの位置にいて、どちらの方向に走っていけば良いかを教えてくれます。冒険に出た時に、地図と方位磁石があるかどうかはとても重要だということは誰でも理解できますが、ビジネスの世界ではなぜか会計データの重要性を理解していない企業が非常に多い気がします。そこで、まずは、会計データを作る手助けをし、それをどう読んでどう解釈すべきかを伝えるのが我々の役割の1つです。そこで作られたビジネスのインフラを活用し、確固たるビジネスモデルを確立します。そして、中長期的な事業戦略を策定し、持続的な事業成長のための打ち手へとつなげていくのです。私たちは、クライアントの地図を用意して、一緒に進むべき方向を示すことができるプロフェッショナルでありたいと思っています。

あなたにとって覚悟とは

年齢を重ねるにつれてなかなか自分の安全圏から抜け出せない状況になってきている気がしました。そこで、20代後半のときに、すべてリセットしました。それが覚悟の瞬間です。家の賃貸契約も解約し、テレビ、ベッドなどの所有物をすべて処分し、最低限のものをバックパック1つに詰めて、1年くらい海外の色々な国を歩き回りました。月予算は約10万円で、毎日色々な土地の共同部屋みたいなところで見知らぬ旅人たちと同じ部屋で寝泊りしました。タクシーに拉致されて変なところに連れていかれた事など、怖い思いもしましたが、色々な意味で価値観が変わり、面白い人たちにも出会い、新しい発見がたくさんありました。物凄い活気ある海外市場に驚きました。一方で、海外で活躍する日本人の少なさにも驚きました。こんな面白くて活気ある市場にもっと日本企業もチャレンジすべきだと思いました。例えば、地方企業は人口1000万人の東京に進出するのではなく、人口40億人のアジア諸国に進出すべきです。東京オフィスに加えて、北海道札幌オフィスを作ったのも、地方から東京ではなく、地方から世界を目指すロールモデルを作りたいからです。

カッコイイ大人とは?

これまで多くの経営者と話す機会がありましたが、優秀な経営者の共通点は、本当によく人の話に耳を傾け、常に事業を改善することに貪欲でした。過去に大きな成功をおさめてきたにも関わらず、新しい挑戦に対して常に好奇心を持っていました。私が20代の頃の若手コンサルタントだった時に出会ったある大企業の経営者は、自分よりも30歳近く若い私の意見にも熱心に耳を傾けてくれました。相手の年齢や職位に関係なく、面白い意見に耳を傾け、自分の過去の間違いでさえ認めて、最適な解を自分の事業に取り入れていました。自分の過去の行動を改善し常に変革に挑める大人はカッコイイと思います。自分もいつかそんな人間に近づきたいです。

今後の展望

夢は、明日はこれをしたいな、と思って死ぬことです。死ぬ瞬間まで明日はこれをしようと楽しみに思える人生に憧れます。そのため、これからの人生で、明日の朝が来るのが楽しみだなと思えるように生きていくことが目標です。目先の利益にとらわれるのではなく面白そうなことを中心にやっていきたいと思いますし、固定観念にとらわれずに挑戦していきたいと思います。

若者へのメッセージ

私が大切にしていることは、数字が読めること、コミュニケーションが取れること、行動することの3つです。1つ目の数字が読めるということは、会社経営だけでなく、投資を行なったり、自分が生きていく上でとても重要なスキルではないかと思います。複雑な物事を数字にすることで、よりシンプルにできます。2つ目のコミュニケーションが取れることは、人間は言語があるので、他の動物よりも細かい情報を伝達できます。せっかくなので、人間特有の能力を最大限に活かした方が良いです。また、英語のような世界共通言語でもコミュニケーションすることができれば、日本の1億人だけでなく、世界の数十億へとアクセスできるので、これからの時代ではそういう言語的な部分もより重要になってくると思います。最後に、行動することです。私の経験上は、「行動してみて後悔したこと」よりも「行動せずに後悔したこと」の方が多いです。行動するのを諦めた瞬間に絶対に目標は達成できませんが、諦めずに行動し続ければ、いつか目標を達成できる可能性があります。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

レーシングドライバー 山本左近

レーシングドライバー
山本左近

編集者 見城徹

編集者
見城徹

 JUNKO SHIMADA INTERNATIONAL デザイナー 島田順子

JUNKO SHIMADA INTERNATIONAL デザイナー
島田順子

お気に入り

カバン

10年以上前に革屋さんで作ってもらったカバンです。長く使っていると徐々に柔らかく自分に馴染んできて手放せないアイテムになっています。

名刺入れ

尊敬する方から頂いた大切な名刺入れです。これも10年以上使い続けています。