覚悟の瞬間(とき)

時短設計士 (有限会社大青鉄工 代表取締役社長) 佐薙啓太郎
さなぎけいたろう

佐薙啓太郎

大阪府生まれO型
職業:時短設計士 (有限会社大青鉄工 代表取締役社長)
趣味:料理
座右の銘:何もしなければ何も生まれない。

大阪府立工業高等専門学校機械工学科卒。学校卒業後、某半導体製造工場で9年間システムエンジニアとして従事。以後、父親が経営する鉄工所へ入社。現在は、生産現場の時短化を目指した機械の設計・製作に従事し、時短設計士として活躍中。縁あって心理学を学び、仕事の傍ら、心理カウンセラーとしての活動も。魔法のしつもん認定講師。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私がちょうど学生の頃に父親が独立起業しました。卒業とともに、そちらに入るという選択肢もあったのですが、気持ち的にそのまま入ってしまうと世間知らずになってしまう恐れがあったので、『いずれは戻る』という考えで、一旦、外にでて仕事をすることにしました。サラリーマンになって、むろん、そのままサラリーマンを続けるということも視野にいれておりましたが、当時の職場では経営体制が変わるタイミングでもあり、2000年という区切りに前職に見切りをつけ、親元に戻りました。戻ってきた当初は仕事が畑違いということもあり、自分の居場所も感じられないまま、モンモンとした日を送っていました。が、その当時、町工場の中ではホームページを開設してるところはほぼ皆無で、電子メールすら使っているところも少なく、そこにサラリーマン時代にSEとして培ってきたコンピュータやネットワークの知識を活かすことで居場所を得ることができました。

現在の仕事への想い

ここ最近の自分自身のテーマは、「身近な社会で貢献できる会社になろう!」ということです。ブリスター包装機械を設計・開発している中で湧いてでた、『目の見えない人は、どうやって“そのもの”を認識し、購入してるのか?』という疑問。実際、調べてみると彼らは非常に難儀を強いられていることがわかりました。スロープをつけたり、段差をなくすことも大事なのだろうけど、それだけがバリアフリーではなく、もっと身近なところでも進めていく必要があるのではないかと思っています。自分の技術で社会に貢献できること。たとえ、それがほんの小さな些細なことだったとしても、誰かの役に立つのであれば本望だなと思っています。

あなたにとって覚悟とは

考えたこともなかったのですが、今がその時なのだと思っています。今、父親と二人で仕事をしています。ここ最近、少し大きめの案件を受け、対応している中で、親父も歳がいったなと感じるようになりました。今までは気にもせず、親父に甘えてばかりいた自分に少し反省をしています。という意味では、今が覚悟の瞬間ですね。本当の意味で、会社を引き継ぎ、本当の意味で社長になる時期がきたということです。

カッコイイ大人とは?

普段から持っている自分の中でのかっこよさの定義として、「Smart and Cool」があります。着飾り、派手なのではなく、何事にも賢く接し、智慧があり、且つ品があるという感じです。礼節を重んじ、時と場所をわきまえた行動ができる人。岩城浩一さんのようなイメージを持っています。

今後に向かって

このたび開発した点字付のブリスターの仕組みを拡げていきたいと思ってます。これによって、違った側面でのバリアフリー化が進んで行けばいいなと思っています。もうひとつは、生産現場の現状を何とかより良い方向へ改善していくお手伝いができればなと考えています。最近の人手不足はかなり深刻なようで、労働者の高齢化や働き方のスタンスや考え方が変わってきている現状を知ると、将来的にはかなりヤバくなるのではと危惧しています。過去のやり方を見直していく時期でもあるのかなと思っていますので、そんな中で機械創りの中で培ってきた自分の知恵や経験を活かすことができればいいなと思っています。あと、メカ好きな女子社員を募集しています。現状、弊社の機械ユーザは、ほぼパートの女性ということもあり女性目線での機械製作を切望しています。これから先は、どんな分野であっても女性の視点が重要になってくるとも思っています。

若者へのメッセージ

学生時代までは、たぶん、『答えは与えられるもの』として過ごしてきたと思います。親からも学校からも、無意識のうちに答えが与えられ、それに従って過ごされてきた方が大多数だと思います。けれど、社会にでれば、答えはそう簡単に教えてくれません。自分で考えるという力が必要になってきます。どんな答えであったとしても、まずは自分で考えてみるということが大事です。けど、ここで注意したいのは自分の考えが全て正しいと思ってしまうことです。相手の答えや意見をうまく“受け止める”術を身に着けてほしいなと思います。もうひとつ、受け止める ことと受け容れることは違います。一旦受け止めて、自分の中で咀嚼して、共感できるポイントだけ受け入れる。そこを意識してみてください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

国立天文台 副台長 渡部潤一

国立天文台 副台長
渡部潤一

元プロ野球選手 広澤克実

元プロ野球選手
広澤克実

順天堂大学医学部心臓血管外科教授 天野篤

順天堂大学医学部心臓血管外科教授
天野篤

お気に入り

レイバンのサングラス

普段、使っているサングラスです。デザインが気に入ってます。どこに行くにもほぼ、かけています。皆にイカツイと言われます。

ブルガリの指輪

結婚して20年以上経ちますが記念日にペアで購入しました。こちらもデザインが気に入っていてファッションとしも楽しんで毎日つけています。