下田公認会計士事務所 所長 下田慎也
しもだしんや

下田慎也

大阪府生まれ
職業:下田公認会計士事務所 所長
趣味:海外旅行、バイオリン、ホットヨガ
座右の銘:To live is to change

2013年早稲田大学国際教養学部卒業。在学中、イギリス University of Warwick 留学(Business)。2013年8月、公認会計士2次試験合格、翌年、有限責任あずさ監査法人入所。入社2年目で、会社法監査の現場責任者を務めるとともに、東京証券取引所一部上場会社を中心に、商社・製造業・不動産・アパレル・ファンド・ITなどの多岐の業界にわたってIFRS/JGAAPの金商法・内部統制・会社法監査担当。2017年公認会計士登録。一部上場会社現場責任者を経て、2018年退所。同年12月、下田公認会計士事務所設立及びIT事業会社入社(経理・財務マネジャー)。同月、東証マザーズ証券取引所上場。翌月、上場後初の四半期報告書等作成責任者担当。2019年4月、同社、経理・財務シニアマネジャー昇格。2020年3月、経理財務部部長昇格。現在は、同社の経理・財務及びM&A(財務DD・企業価値算定)を担当しながら、同会計事務所にて、コロナ支援等を含む経営支援を行っている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

大学在学中、イギリスへ留学し、株価算定、マーケティング、起業等、専門性の高い講義を受けておりました。議論する学生の質の高さや、国籍の異なるグローバルな環境での学びは、非常に刺激的だったのですが、帰国後の授業は、一般教養にとどまっていたため、物足りなさを感じていました。当時、大学三年生だったこともあり、将来の就職先を決めようと思考していた時期でもありました。自己を振り返っているうちに、飽き性であるため、転職が、いつでもできる職種はないか、また、社会人の経験なしに一つの企業を選択することへのリスクを感じていました。そのような状況の中、友人が公認会計士という資格を目指していることを知り、業種に関わらず、複数の上場企業の内情を知ることができる監査に興味を持ったことがきっかけです。会計や簿記から興味をもって目指す人というよりも、いろいろなビジネスを学ぶという観点で目指していたので、その知見・ノウハウをもって、事業会社向けの経営支援を行わせて頂いております。

現在の仕事への想い

記帳代行や売上のスケールアップを目指したパッケージでの販売、スタッフの派遣によるアドバイザリーを行うのではなく、私自身が、お客様の立場に寄り添ってサービスを提供しております。そのため、まずは、クライアント様が抱えている問題やご希望を、最初のご面談時にお伺いして優先順位を付与させて頂いております。そのうえで、ご予算に応じて月の稼働時間等、スケジュールを調整させて頂いております。また、小規模の事務所であるため、環境の変化にあわせて、優先順位やスケジュール等も柔軟に変動させて頂き、クライアント様にとって、価値の高いもの、ニーズに適したものを提供することを常に考えております。

あなたにとって覚悟とは

覚悟とは、やりきることを想定して意思決定することだと思います。周囲や過去の実績から難しいということも、意思決定をし、ご自身にあった方法で継続すれば成功する確率は高まります。また、仮に、失敗したとしても、複数の選択肢を調べ、検討し、判断し、実行する中での経験は、今後の経験にいきるもので、ポジティブな要素が多いと思います。私自身も、周囲で難しいといわれていた公認会計士試験を1年半以内に合格することを決めたときも、そのような心持ちでした。平均して合格まで2年かかると言われる試験ではありますが、それを理由に大学の授業に出ないやアルバイトを控えるなどは絶対にしないと決め、トータルの勉強時間を一日6時間を上限とすると決め臨みました。人よりも早く、また、専念するのではなく、生活スタイルは変えずに合格すると決めたため、一般的に言われる勉強方法ではなく、異なる方法を考える必要がありました。そのような中、テキストを最初から読むのではなく、模試の解答から読むという一見奇抜な方法を実践した結果、1年半で公認会計士試験に合格することができました。このときの経験が、今の事業会社に勤務しながら、個人事務所を兼任するというマルチタスクにいきていると思います。

カッコイイ大人とは?

年齢や経験による先入観なく、人と接し、常に新しいことへ挑戦し続ける人だと思います。SNSの発展により、経営者の個人的な挑戦も日頃から伺うことができ、経営成績などのオフィシャルな情報に加えて、経営者のパーソナリティもより重要になってきていると思います。ビジネスもまた、短いライフサイクルで移り変わりますし、昨今の新型コロナウイルスの環境下では、数ヶ月でライフスタイルが一変してしまいました。このような未曾有の環境でも、冷静に判断し対応していくためも、既存の価値観にとらわれず、データのみに基づくのではなく、責任感をもって行動していく大人でいられるといいなと思っています。

今後の展望

現在、世界の時価総額トップ10のほとんどは、私が子供の頃にはなかった企業です。彼らは、ライフスタイルの根幹を変えて、顧客のニーズを創り続けています。私自身も、環境や人のライフスタイルを変えるようなビジネスに携われたらと思っています。具体的には、どこに勤めているかという基準ではなく、その人、個人の能力や人となりの信頼に応じて、ビジネス、プライベート問わずに相談できるコミュニティを作れればと思っております。損得勘定の短期的な付き合いばかりを追い求める傾向にありますが、家族や、旧友のみならず、いつでも相談できる人がいれば、頼もしく、人生の苦難も共有でき、精神的にも豊かになるのではないかと思っています。長期的には、国内のみならず海外の主要都市でオンライン、オフライン問わずそのようなコミュニティをつくって交流できればと思っています。

若者へのメッセージ

インターネットの恩恵を受け、情報に触れる機会の増加、若年化、加速化が進み、環境も目まぐるしく変化しています。ビジネスでいうと、インターネットがなかった時代には、数十年間、成功事例であり続けた事象や企業も、環境や変化をつくっていく側にならなければ、数年後には、流行り廃れてしまいます。また、常識や価値観といったものも、SNS等を見ると多様化やもしくは多様化を受け入れる態勢を促すように変わってきているように見えます。結果として、次のような二極化が進んでいます。一方は、成功のベンチマークが一つではなく、王道と呼ばれる方法や特定の人に固執することなく、楽しめる時代になりつつあること。他方は、プライベートの領域までネットが浸透しており、目前の共通の前提や価値観から少しでも踏み外さないよう、’まとも’に生きなければならないと他人からの評価に敏感になっているということ。このような二極化が進んでいるからこそ、何も無理に他人の価値観にあわせて疲弊するのではなく、自ら人生を選択して頂ければと思います。何もしなくても、人が老いるように、価値観もまた時とともに変化していきます。そしてその変化の周期は、年々短くなっています。昨今の新型コロナウイルスにあたっても生活が一変しましたが、収束した後であっても、働き方を含めライフスタイルが大きく変わると思います。そのような中、変化をおそれずに、選択した人生を楽しんで頂ければと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元プロテニスプレーヤー 杉山愛

元プロテニスプレーヤー
杉山愛

評論家 石平

評論家
石平

アーティスト 影山ヒロノブ

アーティスト
影山ヒロノブ

お気に入り

Apple watch

マルチタスクが多く、電子マネーでの支払いも多いため、スケジュール管理やSuicaでの決済をApple watchで行っています。個人的には、左利きであるため、時計を右腕につけており、決済や通勤等、非常に便利です。Airpodsと連携して、お客様からのお電話をお受けするのに重宝しています。

香水(Shiro ホワイトリリー)

10代の頃より、香水をつけています。面談時等、お客様へお会いする際の身だしなみの一つとして、ホワイトリリーという花の香りがするものをつけており、リラックスして仕事に臨んでいます。なお、弊事務所のシンボルマークもカサブランカという花をモチーフにしております。