ステップ行政書士法人 代表/特定行政書士 大庭孝志
おおばたかし

大庭孝志

茨城県生まれA型
職業:ステップ行政書士法人 代表/特定行政書士
趣味:旅行、読書、創作活動
座右の銘:前向きな変化を創り出す

銀行勤務、地元学習塾勤務を経て1996年4月に行政書士として独立開業。
2006年12月に法人化、2015年に名称を現在のステップ行政書士法人にするとともにスタッフを増員して現在地(茨城県鹿嶋市宮中2010‐3カシマ95ビル1F)に移転。
現在は、ステップ社労士事務所、株式会社ステップを併設。建設業、運送業、法人設立、風俗営業、産廃業、入管申請、農地転用と幅広い分野の許認可申請を取り扱うとともに契約書や内容証明作成などの民亊法務分野にも関与。
その他各種セミナー講師や、過去には地元FM局にて6年に渡りレギュラー番組でDJも務めた他、2017年にはインターネットラジオpodcast「ポジテイブチェンジアカデミー」の配信を開始するなど、行政書士の枠にこだわらずに幅広く活動中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

きっかけは、たまたま試験の合格して、せっかくだから開業してしまえという、安易な流れで今の仕事を始めました。仕事を初めてからは壁の連続でした。なんせやることなすこと初めてのことばかり。ただ、そうした経験の中で、今確信していることは、人は潜在的に変化を求めているということです。事業を軌道にのせる、成功させる、これも変化です。悩みやトラブルを抱えていてそれを解決する、これも変化です。でも変化するって難しい、最初の一歩は踏み出そうとしても、どこかで躓いてしまって結局最後のジャンプまで行けないってことは多いんじゃないでしょうか。そんなジャンプの手前、ステップを創れる存在でありたい、そんな思いを込めて「ステップ」と名付けました。そうした変化を常に行動していける世の中でありたいと願って、今の仕事に励んでます。

現在の仕事への想い

私は、世の中の多くの人が常に変化していける世の中でありたいと思っています。その為に日常的に意識していることは、アンテナを張るということですね。今って、色々なものが進歩もして、また進歩する早さも格段に早くなっています。と同時に、法律や制度も大きく変わっていってます。ニュースを見ていても、働き方改革もそうですし、相続遺言についての法改正がなされ、外国人労働者関係の制度も大きく変わりました。私達は、クライアントの皆さまに、前向きな変化を提供していく上で、当然何が前向きな変化に繋がっていくのかということ、つまり未来を見るという意識を持たないといけないと思うんです。その為にも、時代、トレンド、制度改正など常にあらゆる方面にアンテナを張るということをスタッフ一同意識するようにしています。

あなたにとって覚悟とは

一つ一つの仕事が覚悟の連続なのかもしれません。プライバシーの問題があるのであまり具体的は話はできませんが、とても深く印象に残っているのが、あるアジアの国の方で母親が未婚で子供を出産した後に在留資格が無くなってしまって、そのまま子供を置いて強制退去になったケース。その子供はずっと親類のところで生活していたようですが、適正に手続きができていなかったことから、知人の紹介で私の事務所に相談にいらしっしゃいました。その方は無国籍状態でずっと生活していたようでしたね。入国管理局にも何度も足を運び、色々と調査もへて、何とか無国籍状態を改善して、今では日本国籍を得て幸せに暮らしています。そのように、時として私たちの仕事が、一人の人の人生を左右してしまうことがある。それを目の当たりにしたときに、一つ一つの仕事自体が覚悟の連続なんだって感じさせられました。

カッコイイ大人とは?

ぶれないで生きている人をみるとかっこいいなあって思いますね。何か成し遂げたいことがあって、どんな壁にあたっても、逃げないで乗り越えていく。そして多くの人たちに幸せな環境を創り出し、また成長のきっかけを作っていける。自分の仕事も、どこかで誰かのための、そんな幸せにつながるような仕事となるような事務所オフィスにしたい。その為には、とにかく前向きな変化をもつそういう気持ちを忘れないことなんじゃないかあって思います。

今後の展望

経営理念は「依頼者、スタッフそして社会に対して、前向きな変化を創り出すことで、ウキウキワクワクした世の中を実現する」ということ。その為には、もっと事務所、オフィスを大きくしたい。私がいま一番感謝しているのは事務所のスタッフです。いつもこんな理想ばっかり追っている自分にきちんとついてきてくれている、本当に苦労ばかり掛けてるんですが、そんなスタッフがもっと夢を持って、自信を持って生きていける場に、事務所を昇華させていきたいです。そうしたスタッフの空気が事務所を作り、そこからクライアントの積極的な変化に繋がっていくんじゃないかと思っています。

若者へのメッセージ

変化のスピードを落とすことなく、さらにそのスピードを上げて時代は動いてます。そんな時代に合った生き方をしていってもらいたいですね。その上で、自分自身がどうなりたいかということを、一つの軸として必ず持っていてほしいです。若者の皆さんは、私のライバルです!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

作家 室井祐月

作家
室井祐月

作家 石田衣良

作家
石田衣良

漫画家 倉田真由美

漫画家
倉田真由美

お気に入り

スマートフォン

ものにこだわっているわけではないんですが、とっさの調べモノ、事務所とのやり取り、スケジュール管理、すべてこれでやってるのでないと仕事になりません。

メモ帳

これももののこだわっているわけではないのですが、スマホが使えない場合や、とっさの場合、とにかく情報をストックするのに欠かせないアイテムです。