覚悟の瞬間(とき)

株式会社スマイルあわじ 代表取締役社長 長尾隆之
ながおたかゆき

長尾隆之

兵庫県生まれB型
職業:株式会社スマイルあわじ 代表取締役社長
趣味:旅行、車
座右の銘:大統領のように仕事をし、王様のように遊ぶ

兵庫県立洲本高校卒業。家業の不動産開発販売会社に入社後、熱帯魚輸入販売業、携帯電話販売業を経て現在の業界へ。2年間サラリーマンでノウハウを学び2006年独立・創業。現在は株式会社スマイルあわじの他、4つの会社を経営。また2018年10月に業界の全国団体「新エネルギー革命会」の会長に就任。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

今までの人生で一番経済的に苦しかった時が携帯電話販売業をやっていた頃。その時に親戚の電気屋さんから営業として来てほしいと声が掛かったのが今の業界に入るきっかけでした。今までずっと自営業でやってきていたので、きちんとしたサラリーマンで働くのはこれがほぼ最初といっていいくらい。今まで自分で経営してきたプライドと、経営者からサラリーマンへ転職…といったジレンマはありましたが、無駄なプライドを持っていても仕方ないと決心し転職しました。そこで2年ほど業界の勉強をさせていただいて独立し、現在に至ってます。

現在の仕事への想い

「こだわりは?」と聞かれると難しいのですが、考え方の基本には「利他の精神」があります。利他の精神とは他人を利すること。自分の利益ではなく、他人の利益を考えることです。常に自分よりも他人が大切、他人が幸せになるために自分が出来ることをしてあげるという考えなのですが、この利他の精神がないと仕事がうまくいったり会社の業績が良くなったりはしないと思っています。資本主義の競争社会の中においてそんな仏様のような考えでは生き残ってはいけないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。確かに他人のためだけというと無理はありますが、私が思う利他の精神とは、人のためにすることが必ず自分の幸せにつながっていくという考えなのです。利己的だったり、常に見返りを求めたり、もっと言うと何も与えずに与えられることだけを考えてるような人や会社に成長はあるでしょうか?「出入口」という言葉がありますが、「入り出口」とは言いません。まず出さない(与えない)と入ってこないのです。自分の周りで自分だけ成功しても楽しくないと思いませんか?遊んだり旅行行ったり、どうせ楽しむなら一人じゃなく仲間みんなで楽しみたいと思うんです。たぶん、自分がものすごく寂しがり屋なので常に周りに誰かがいてほしい、周りと一緒に楽しみたいというのがあるのでこの考えが培われたんじゃないかと思います。自分が与えたノウハウや情報でみんなが成功すればそれは自分の幸せでもあり、今度はその経験が自分の成功につながると信じています。

あなたにとって覚悟とは

「覚悟」を辞書で調べると、危険なこと不利なこと困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。とあります。危険なことや困難があることが分かっていてそこへ進むのはなかなかできることじゃありませんが、言い換えれば何が起きても信念を曲げることなく信じた道を進み続けるといったことではないでしょうか。私の場合、決断から覚悟へとなった感じがします。それは「プライドを捨てた時」でした。今思い返せばくだらないプライドでしたが、それがなければ今ここにいないかもしれません。「なぜ今の仕事に?」の項目でもお話ししましたが、32歳くらいの時が仕事もうまくいかず今までの人生の中で一番経済的に苦しい時でした。自分の店のレジからお金を抜いて食費に充てていたり(笑)バイトから「社長、お金が合わないんですけど…」って何度も言われましたが、「ごめん。俺、釣銭間違ったのかも」ってごまかしていました。ちょうど1万円合わないんだから釣銭じゃないんですけどね(笑)そんな状態から自分を変えるきっかけを作ってくれたのは電気店をやっている私の伯母でした。今までずっと経営側で仕事をしてきて、今回は初めてといっていい社員での仕事。しかも今までは甥っ子ということでそこの社員さんからはよくしていただいていたのが、ある日突然上司と部下になるんです。でも苦しい生活から抜け出すには変わるしかありませんでした。今までの経営者としてやってきたプライドを捨てて、一からやり直す。そう決断をして覚悟を決め今の業界に入ったことを思い出します。これからも決断や覚悟は度々起こると思ますが、覚悟して進んだからには絶対成功するんだというブレない強い信念で進んでいこうと思います。

カッコイイ大人とは?

カッコいい大人=魅力のある大人ですね。全てにおいて全力の大人ってカッコよくありませんか?全力=本気。本気だからこそ信用も信頼も得ることができるし、魅力的だし人が集まると思うんです。だから「仕事も遊びも恋愛も、全て全力」とても魅力的でカッコいいと思います。あとは余裕のある大人もカッコいいですね。職業や立場上、いろいろな方とお会いすることが多いのですが、例えばシャツがよれよれだったり靴がボロボロだったり髪がボサボサだったりする方もたまにいらっしゃいます。こういう人って余裕がないんだなぁと思うんです。余裕っていうのは金銭的とかじゃなく、普段から自分や周りに気を遣うことができる余裕です。経営者はいろんな方とお会いする機会が多いですよね。相手から受ける印象でいろいろ判断することもあると思いますが、逆に自分が与える印象でいろんな判断をされているってことも忘れてはいけないと思います。特に会社の代表ともなれば、会社や社員の印象にまで影響するかもしれません。そういうところまで常に考えている余裕のある大人、カッコいいと思います。

今後に向かって

会社を創った時からイメージしていたのは「スモールリッチカンパニー」。地元の淡路島で地域に密着して事業を展開し、会社はもちろん社員一人ひとりが経済もメンタルもリッチになるような会社、他から憧れられるような会社にしていきたいと考えていました。今、ようやくそのイメージに近づきつつあります。また地域に貢献できる事業展開をしていくために現在関係会社を数社立ち上げて社員と共に奮闘中です!

若者へのメッセージ

不景気でどうしようもなくなった時に手を差し伸べてくれたり、新しい仕事のお話をいただけたのは本当にラッキーでしたし運が良かったと思います。でもその運は偶然訪れたのではなく、日ごろの考え方や周りへの接し方があったからなのではないかと思っております。ポジティブだったり利他の心があったりオープンマインドだったり。周りはそういった人に引き付けられます。人が集まれば同じく情報も集まります。人と情報が集まれば、自分が未経験でも経験者や成功者からのアドバイスや意見を聞くことができます。自分の周りにポジティブな人や情報が集まっているか考えてみてください。逆の考えの人がいたらどうでしょう、あなたは近寄りたいと思いますか?楽な人生はありません。困難や苦労、挫折は必ずあります。でも、その時周りにいる人がポジティブで利他の精神を持っているなら、必ずあなたのプラスになってくれます。良い環境を作るのか、悪い環境の中で過ごすのかはあなた自身で決めることができます。自分自身の考えやスタンスでいい方向にも悪い方向にも進んでいくことを忘れないでください。「人生は1回きり。人生の主役は他の誰でもなく自分自身」。自分の人生、思いっきり楽しんでください!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

作家 よしもとばなな

作家
よしもとばなな

映画監督 井筒和幸

映画監督
井筒和幸

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授 高山忠利

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授
高山忠利

お気に入り

ベルルッティのレザーアイテム

ベルルッティはベネチアンレザーに「パティーヌ」といわれる染色技法で深みのあるムラ感が楽しめるブランド。パティーヌはオーダーで好みの色にすることができて使うほど味が出てくるので、他と被ることがない自分だけの唯一無二のアイテムとして使えてすごく気に入ってます。

HUBLOT ビッグバン

「時間を見るなら携帯でいいじゃん」みたいなのはナンセンス。腕時計はアクセサリーの一つだと思っています。この時計以外に4本持っていますが、その日の服装やお会いする方、またはその日の気分に合わせて付け替えています。ちょっとしたことですが、こういった自分への気遣いもかっこいい大人の条件じゃないのかなぁと思ったりします。