ヒューマンディベロップメント研究所 企業研修講師 水内浩秀
みずうちひろひで

水内浩秀

京都府生まれA型
職業:ヒューマンディベロップメント研究所 企業研修講師
趣味:サッカー観戦(FC東京)
座右の銘:世のため、人のため、自分のため

関西学院大学文学部卒業後、製薬会社に入社し営業を10年経験する。その後に、企業理念浸透室が設置された機会に異動となり、企業理念の浸透と人材育成に従事する。41歳で外食、48歳でアミューズメントの会社へ転職し、人材育成を担当する。店長や総務・会社合併による全社プロジェクトなどの業務も幅広く経験する。53歳でヒューマンディベロップメント研究所を設立し、今に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

最初は単なる「社内異動」です。企業理念浸透室が設置され、営業経験者から1名の配属が決まり、私は第2候補者でした。第1候補者が異動を断ったため、私にお鉢が回ってきて、私は異動を了承しました。その後、企業理念の浸透と人材育成を担当しましたが、初期の頃は「自分の成長」が楽しくて仕事をしていました。色々な知識を吸収したり、自分のプレゼン能力の向上を感じたり、自分に目が向いていました。45歳くらいからようやく「受講者の成長」を意識するようになりました。そうすると、研修のアイデアがどんどん広がっていったり、受講者から「勉強になりました」と言ってもらえることで、今まで以上に仕事が楽しくなりました。

現在の仕事への想い

私の個人理念「みんなを笑顔に!広げよう笑顔の輪!!」これは単に、私の周りにいる人や受講者だけを笑顔にするということではありません。周りの人や受講者が元気になって、それを見たその人の周りの人が「最近、元気ですよね。どうやって元気になったのですか?」と質問し、「実はこんなことをやったんだよ」と教えてもらえることで、周囲や受講者の周りの人も元気になっていってほしいという想いをこめています。私は研修講師という仕事柄、非常に多くの人を観てきました。その経験の中で動かぬ考えがあります。「人の能力は無限大」ということです。受講者に元気になっていただくために、自分が受講者を信じて向き合うことが大切だと考えています。

あなたにとって覚悟とは

何があっても絶対に止めない、自分が心の底から納得するまでやる、ということです。私としては、1回目の転職の時と、独立して3年目の時と2度覚悟を決めました。1回目の転職の時は40歳であり、「同じ会社に残って、違う部署に異動になっても仕事をやる」のか「人材育成担当として他社でやっていくのか」の選択を自分に突きつけました。考えた末に「人材育成担当としてやっていく」と決め転職しました。安心感としては同じ会社にいる方が良かったのでしょうが、自分がやりたいことを選び、厳しい道を選びました。独立して3年目は、まだ売上が上がらず心が折れそうになっていました。ホームレスの方を見て「あのように一文無しになるかもしれない」と思いながら、自分が何のために仕事をしているのかを何度も思い出しながら歯を食いしばって耐えました。

カッコイイ大人とは?

自分が達成したいことや夢・信念を絶対にあきらめず、心が泥んこになっても折れずに、這いつくばって達成しようと頑張っている大人。しかも、達成したいことや夢・信念には、自分だけではなく、周りの人や社会の幸せも両方含んでいること。自分も周りの人も大切に出来る人。自分だけが良ければOKという考えは、私の中では一番カッコ悪い考えです。また、服装や外見だけで判断するのも違うと考えます。しかし、私は50歳近くまでカッコ悪い人間でした。今は少しカッコイイ大人に近づいているかなと思います。

今後の展望

5年後を目途に、小学生や中学生対象の「寺小屋」をやりたいと考えています。仕事に夢を持たない子供が多くなっているように感じますが、大人が労働に楽しさを感じていないことが要因ではないかと考えています。まずは大人に元気になって欲しいという想いで、今は企業研修講師をやっています。しかし、自分なりに考えたり、人の意見を受け止めたり、広い視野で物事を考える、という習慣は、早い時期から始めた方が良いです。その人の人生を豊かにします。そういう考えのもとで、将来的には小学生や中学生が自分なりに考えて善悪を判断したり、広い視野で物事を考えられるような環境を作っていきたいと考えます。

若者へのメッセージ

目標は持った方が良いですが、無理やり作っても納得していなければすぐに行動しなくなります。ですので、「これをやってみたい」「将来このような人間になりたい」という夢から始めれば良いと思います。そして、大切なのは「それに向けて何でも良いので行動すること」です。しかも「目の前のことに全力を尽くす」ことです。「これをやってみよう」と思った時に中途半端にやっていたのでは、何も得ないし失敗もしません。全力でやっていると、たとえ失敗しても何かを得ることができます。全力で取り組むからこそ、自分に向いているかどうかが分かります。楽しくなることもあります。「目の前のことに全力を尽くす」これが人生を楽しくする秘訣だと考えます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

パティシエ 辻口博啓

パティシエ
辻口博啓

プロライフセーバー 飯沼誠司

プロライフセーバー
飯沼誠司

花人/ フラワーアーティスト 赤井勝

花人/ フラワーアーティスト
赤井勝

お気に入り

万年筆

会社を辞める時にいただいた送別品です。この万年筆を見ると、みんなの顔を思い出すので、気合を入れたい時に使用します。

「7つの習慣」の書籍

私の人生を変えるきっかけになった書籍です。今も一年に一度は読み、内容と日頃の行動を結びつけて考えます。