ojim 代表取締役 伊藤次郎
いとうじろう

伊藤次郎

東京都生まれB型
職業:ojim 代表取締役
趣味:カラオケ、温泉巡り、下手の横好きなゴルフ
座右の銘:簡単に絶望するな

1969年5月東京都で生まれました。教員の親は放任主義で、やんちゃな幼少期を過ごしました。最終学歴は杏林大学社会科学部卒近代史を専攻しました。1997年5月入社、その後「松屋フーズ」にて店長職を務め、5年間在職した際に、「何かしらの店を自身で経営してみたい。」という夢を持ち、 2005年12月に有限会社ojim(オジム)を創業しました。ドイツ式ポラテストをベースに斜位のお客様にプリズム度数を加えた眼鏡を提供し、その眼鏡は時に斜視の方にも喜んで頂けております。2020年眼鏡評論家眼石祝応としてメガネの評論番組「買いたい新書」をYouTubeにて開始しました。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

正直扱う商材は何でも良かったと思うのですが、前職のファーストフード店でのチェーンオペレーションに限界を感じ、これからは顧客の趣味嗜好に合わせてパーソナルに提案出来る商売をしたいと思いました。建築、外食それらの業界では全くダメで通用しなかったのに、メガネ業界ではそんな私を拾い上げてくれました。そんな業界に恩返しがしたい。それが私の一番のモチベーションです。

現在の仕事への想い

メガネは医療器具である事が前提で、損得よりも顧客の満足を他の業種以上に強く意識しなくてはいけないと強く感じます。顧客に何が最適かをアテンドする為にも、顧客のニーズに合わせてパーソナルに提案する事を心がけています。

あなたにとって覚悟とは

建築、外食と二度の転職で、私はやりきったと思えず、逃げたと感じてしまいました。その為、メガネ業界に転職し、その会社の経営が傾き、独立や転職を考えなくてはいけなくったその時に今度ばかりは逃げたくない。そんな思いで敢えて辛い道に見えた独立開業を目指しました。それが一番の覚悟でした。

カッコイイ大人とは?

自らのちっぽけさを自覚し、人に助けてと言える人でしょうか?人は一人では何にも出来ない。それはどんな優秀な人でもきっと一緒で、成功している方々にも数多くのブレーンがいる事でしょう。そんな人が集まれるハブに自分が若しもなれたら格好良いなと感じます。

今後の展望

メガネ屋という職種がいかに素晴らしい仕事で、メガネというツールがいかに大切で、そのツール選びやメガネ店選びがどれほど大切であるかと啓発していきたいと願っています。そして規模は小さくとも素晴らしいお店は日本には沢山あるので、そんなお店にもスポットが当たり、ご活躍頂き、その結果日本でメガネでお困りの方が一人でも減ってくれたら嬉しいと思います。

若者へのメッセージ

今日本はバブルが終息し、デフレが続いています。デフレそのものを害悪だと捉える必要を私は無いと思いますが、企業体力を奪ってしまうようなデフレは害悪です。そんな長期的なデフレで日本人の多くは自信を無くしています。更に企業は大手になればグローバルに人材を調達し、入社試験は同じ日本人同士ではなく外国の方とも競合する時代になりました。日本の眼鏡業界を取り巻く環境は近年、低価格化とファッションアイテム化に傾倒し、真っ先にメガネは医療器具であるという本質から外れ、メガネはちょっと包めばお仕舞いであるかのように雑貨化しました。その雑貨化していく中で、皆様の目の機能は低下し、目を使って得る情報量と質の低下が量販メガネにより、同時に起こっています。そんな中で皆様は他国の若者に比べてハンディキャップを背負わされている様に見えます。どうか皆様の周りで目に関してお困りの方がいらしたら、ちゃんとしたところで作ってみては?と促してみてください。今日本人で世界に羽ばたく人がまるでいないかのように喧伝されます。でも私は日本という国が好きで、日本人という国民性が大好きです。ですから何かをきっかけに私達は自信を取り戻せると信じています。私はメガネ業界に入り恩師の一言「伊藤君、君は凄いよ。」そのたった一言で自らの取り巻く世界が変わりました。どうか皆様の周りに凄いなって思える人がいらしたら、素直に凄いねって伝えてあげて欲しいと思います。誰かの長所を見つけられるのも、素晴らしい特技だと思います。そんな一言で誰かの人生に幸せが訪れる、奇跡が起こるのですから心からお願いしたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

映画監督 紀里谷和明

映画監督
紀里谷和明

衆議院議員 稲田朋美

衆議院議員
稲田朋美

国立ファーム 代表 高橋がなり

国立ファーム 代表
高橋がなり

お気に入り

Apple Watch Series6

ゴルフやウオーキング等、自身の健康意識を高めてくれるアイテムで当初はあまり意義を感じませんでしたが、次第にその世界にどっぷり浸かるようになりました。

METARIDE AMU by kengo kuma

アシックスのスニーカーですが、良い意味でアシックスが表に出て来ずに、優れたデザインだと感動しました。勿論履き心地も大満足です。