トップ・クラフト 代表取締役 蛭間雅之
ひるままさゆき

蛭間雅之

東京都生まれA型
職業:トップ・クラフト 代表取締役
趣味:映画鑑賞・ボディーボード・スキューバーダイビング
座右の銘:夢なき者に成功なし

都立高校を1年で中退し1年間のアルバイトを経て建築内装の職人の世界へ2005年にチームとしてトップクラフをスタート2014年に内装施工会社として法人化 現在はオフィスや店舗の設計施工から技能実習生のコンサル事業・アプリ開発販売や起業家支援を行う。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

17才の時に親戚の紹介で試しで働いたのがきっかけです。もともとプラモデルとか物を作るのが好きだったので、自分で作ったものが完成していく過程をみるのが楽しかったんです。それから自分で考えた物を作りたくなって、独学で図面の書き方などを勉強しました。

現在の仕事への想い

17才の時に親戚の紹介で試しで働いたのがきっかけです。もともとプラモデルとか物を作るのが好きだったので、自分で作ったものが完成していく過程をみるのが楽しかったんです。それから自分で考えた物を作りたくなって、独学で図面の書き方などを勉強しました。

あなたにとって覚悟とは

仲間とチームとしてトップクラフトを始めた時、当時は内装会社に職人として所属し、会社から与えられた現場の作業責任者として不特定多数の職人のリーダーをしていました。当時、自分の後輩達が他の責任者が納める現場で、終了時間もわからなく夜遅くまで毎日作業したり、不安全な場所で作業させられたりしていました。辞めようかと思っていると電話で相談され、会社に直訴しましたが特に変化がなかった為、自分が会社から仕事を請け負い、辞めようとしている職人を自分の下で使う事を了承してもらいチームがスタートしました。請負にした事で損も得も自分たち次第の状況になりました。ただ責任を負う分、自由度も広がり自分の考えを現場に反映できるようになりました。

カッコイイ大人とは?

仕事を楽しんで遊びのようにやっている人だと思います。仕事と言われてしまうと、他の人から見ると仕事なんだろうなとか、でも自分は遊びながらやっているという言い方が正しいのか分からないのですが、好奇心がすごくあります。こういうのいいなとか、今日もどこのカメラを使っているんだろうと一台カメラを見て、動画作ってみようとか、それを自分で作ってみてできるようになっていく過程も楽しいですし、できるようになるとそれがまた仕事としてお客さんに喜んでいただく手段として提供できるので、そういう風になることが憧れです。自分もそうなれればいいなと常に思っています。

今後の展望

今うちの会社の社員の中から、起業したい人も希望者としているので、そういった人と新しい事業を2、3社会社を立ち上げていこうかなと思っています。それの種まきというわけでは無いですけど、アプリ開発とか、IT系です。建築は遅れている分野なので、未だに江戸時代から使っている墨つぼが、現場で大活躍しています。それだけ古いものが悪いというわけでは無くて、良いものだから残っているというのが事実なんですけど、やっぱり古いものから新しい物へのシフトという中では、かなりビジネスチャンスがあると思います。せっかく建築業に身を置いているので、その中でITを軸にした形で1社1社立ち上げて、今の社員たちと作っていけたら面白いかなと思っています。

若者へのメッセージ

失敗を恐れずチャレンジする事が大事です。人が失敗だと思っても、自分が失敗だと思わなければ失敗ではありません。成功への経験の一つなので、行動し経験しましょう。世間のルールに縛られることなく、自分のルールを作って守り、自分に関わる人を大事にし、感謝し愛する事です。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授 高山忠利

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授
高山忠利

サッカー日本女子代表 澤穂希

サッカー日本女子代表
澤穂希

元プロ野球選手 金本知憲

元プロ野球選手
金本知憲

お気に入り

色弱用メガネ

2年前に奥さんに買ってもらった色弱用メガネです。

ボールペン

お客さんへ配る為に作ったボールペンです。書き心地が非常に良い為常に愛用しています。