覚悟の瞬間(とき)

TS人事労務オフィス 社会保険労務士 流石武男
さすがたけお

流石武男

東京都生まれO型
職業:TS人事労務オフィス 社会保険労務士
趣味:スキー
座右の銘:継続は力なり

大学卒業後、銀行、サービス業、小売業、製造業などいずれも管理部門に勤務。製造業時代には3年間の海外勤務も経験。経営計画、資金繰り、借入、月次・四半期・年度決算の作成及び分析などの経理業務、また社会保険手続き、給与計算、人事制度などの人事総務業務を行う。2021年に独立し、会社員時代の経験や社労士としての専門知識を通じて中小企業の経営者様をサポート。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

大学卒業後はサラリーマンとして、規模の異なる様々な業界の会社で管理部門に所属して、経理業務や人事総務業務を担当していました。このような業務を経験する中で、筋道を立てて理解できるようになりたい。そして自分の中で武器になるものを身につけて手に職をつけたいと思うようになったことがきっかけで、この分野の専門家である社会保険労務士を目指すことにしました。資格取得後、日々実務をこなしていく中で、従業員の管理活用での人事評価制度や経営のこと、また会社業績で悩まれている経営者や経営幹部の皆様のお力になりたいと思い独立しました。

現在の仕事への想い

独立してからさまざまな経営者の方々とお付き合いをするようになり、どの経営者の方々も人材=従業員について大なり小なりお悩みを抱えていることがわかりました。ただ経営者の方々は部下である従業員にそのことを話すことはありません。立場上つらい状況です。そのため我々のような専門家である社会保険労務士が側にいることで、人材についての課題や問題の解決を通じて安心感や本業に集中できる環境を整えることができているのかと考えさせられることが多くあります。代表的なものに就業規則や賃金制度などがございますが、このような制度をご提案しながら経営者に寄り添うことを心掛けております。

あなたにとって覚悟とは

会社員時代に海外勤務の打診がありました。そのことが私にとっては人生の中でも覚悟を必要とした瞬間でした。結果は受け入れて海外赴任に3年あまりの時が過ぎていました。はじめは言葉の問題、生活ができるのかという不安、同じ内容の仕事をする日本人がいないという現実、現地スタッフとの関係など不安を挙げればどんどん出てくる状況でしたが、覚悟を持って現地に赴きました。赴任中にゴタゴタやトラブルは常について回り、手を焼く場面も多くありましたが、なんとか乗りきることができました。その時々で、部下である現地スタッフはよく見ているもので、ひとつ当てはまるとするとブレずに一貫性をもって対応したことでしょうか。やがて時間と共に話を聞くようになり、ある程度信頼関係も築くことができました。これが得たもののひとつです。

カッコイイ大人とは?

相手からの要求やご要望に対する引き出しをいくつも持ち合わせていて、これらに応えることができる人をイメージしています。言い換えると「頼りになる人」とも言えるでしょう。会社員時代の経験だけでは、この部分が足りないものと認識しているので、クライアントの要望、相談を通じて足りないものを身に付けようとしている最中です。労務関係の法律やクライアントの業界の動き、現状も理解しておく必要があるため大変なものになりますが、カッコイイ大人になるためには避けては通れないところです。逃げずに向かっていきクライアントから頼りになる人と思われるように活動しているところです。

今後の展望

中小企業の場合は、人手不足の影響から十分なスタッフがいない状況が多く、場合によっては経営者の方が直接されるケースもございます。そのため、現状を理解されていない経営者の方も多数いらっしゃいます。そのサポートや最近では、政府主導の働き方改革により「同一労働同一賃金」といった言葉も出てきています。どういった取り組みをしなければならないのかわからないという経営者の方も多いでしょう。現在会社が置かれている状況を踏まえつつ、どういう方法を取れば費用の負担を抑えられて、法律面をクリアすることができるのかを考え、それぞれの会社のステージに合わせた取り組みを促すことも今後の役目だと考えています。

若者へのメッセージ

皆さんの「やりたいことが見つからない」、「やりたいことができない」いろいろ置かれている状況、立場は違うかもしれません。本意ではないかもしれませんが、がむしゃらにやってみると何かしら得るものがあると思います。周りの人はそのことを見てくれていますよ。そこから巡り巡ってやりたかったことができるようになった人もいます。また、やりたいことが変わる人もいます。それは本気で取り組んだことがあったからでしょう。何もムダなことはありません。がむしゃらにやってみると誰かの役に立っているのですから。やったことの達成感、喜びを感じられるように応援しています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

バレーボール選手 清水邦広

バレーボール選手
清水邦広

プレイヤー・ディレクター 夏木マリ

プレイヤー・ディレクター
夏木マリ

プロボクシング選手 村田諒太

プロボクシング選手
村田諒太

お気に入り

名刺入れ

海外赴任が決まってから購入した名刺入れ。ご挨拶をするときなどに手に取ることが多くなりましたが、形が崩れずに持ちやすいため重宝しています。

ビジネスバッグ

独立する際に、新たに購入したビジネスバッグです。顧問先に訪問する際には必ず持っていく、私の相棒です。