あめとつち株式会社 クリエイティブディレクター 龍輪誠
たつわまこと

龍輪誠

東京都生まれO型
職業:あめとつち株式会社 クリエイティブディレクター
趣味:フットサル、映画鑑賞、美味しい酒と肴さがし
座右の銘:誰かを打ちのめすより自己のベスト

東京生まれ。
工業高校卒業後、職人を経験。その後、デザイン業界に転職。
昼間はインテリアデザイナーのアシスタント/夜は専門学校へ。
しかし、日中の仕事が過酷すぎて卒業はせず。その後、デザイン会社に入社。
在職中、グラフィックデザインという世界に興味を持つ。
印刷やウェブ・映像などの技術的知識を身に付けフリーランスへ。
多くのアパレルブランドの立ち上げや有名アスリートの独立支援、
カフェプロデュースなど、様々なスタートアップ企業の事業企画に参画。
その後、広告代理店へと入社するが、リーマンショックの煽りを受け、
再びフリーランスとして出発を決意する。
不況の最中、某大手広告代理店や企画会社から業務を委託。
メガバンクや証券会社を中心に富裕層向け企画など様々なクリエイティブ案件を担当する。
現在は、デザイン会社を設立。
「あめとつち株式会社」の代表 兼 クリエイティブディレクター。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

せっかくなので、会社プロフィールに載せていない紹介をします。
現在は、グラフィックデザイナー兼、クリエイティブディレクターとして活動しています。
デザインの仕事を始めたのが96’ です。
なのでグラフィックデザイナーとしては、来年でキャリア25 年となります。
これはDTP創成期とほぼ同じです。
一般の人に解りやすく言うと世の中がパソコンでデザインをするようになった頃と
ほぼ同じで、業界の人に解りやすく言うとWindows の日本普及が95’、
Photoshop が日本市場に登場したのも95’ ですので、
日本人デザイナーがパソコンでデザインをはじめた頃がちょうど96’ です。
今では考えられないですが、私は美大などの学校も出ていないため
パソコンすら触ったことのない全くのど素人、未経験者から現場仕込みで育ってきました。当時はデザイナーも弟子入りや年功序列と言った古い時代でしたので、
デザイナーと名乗らせてもらうまでに6年も下積みを経験しています。。。

あめとつちをはじめたきっかけは、先人をはじめ今まで多くの人に育てていただいたので、キャリア的にもそろそろ学びのインプットからアウトプットに切り替え
自らがどのように社会に貢献し、デザインと言う有効な手段を
これからどのように伝えていくのかを考えはじめたことがきっかけです。

現在の仕事への想い

私が行っている仕事の軸は「商業デザイン」。
視覚に訴えることを主目的とするビジュアル・デザインです。
これは、広告の目的を達成するために行なわれる造形表現で、
いわばビジネスにどれだけ貢献できるかが問われます。
また、デザインは性質上オーダーメイドサービスなため、使い手である発注者や、作り手である受注者の裁量によって出来上がるデザインの質が大きく変わります。
これは言い換えれば「人」によって、結果も大きく左右されるということです。
「目的を達成するためのデザイン」この本質が大前提ですので、
お客様であっても本質が抜け落ちてしまっている発注者や、
本質を見失いつくることがゴールになってしまうクリエイターとの仕事はしないようにしています。
なので、ディレクターとしては「誰とやるか」の意識はとても強いです。
そして、プロのデザイナーとして「売る」から「買ってもらう」へ
気持ちをいかにスイッチできるかを常に考えています。

あなたにとって覚悟とは

25年程のキャリアのなか半分がフリーでしたので、
最終的に守ってくれるのは、いつも自分自身であり、覚悟の瞬間は日常茶飯事でした。
新しいことや大きなチャレンジにはいつも覚悟が伴っていました。(今もですけど・・・)
特に若い頃は、プレッシャーへの葛藤と何か(人と違うことを)やってやろうという好奇心のハザマにいながら常に覚悟との戦いだったと思います。
やったことも無い仕事を依頼されたり、テレビで見ていたような人たちから依頼がきたりと「チャンスなのか?ピンチなのか?」よくわからない状況も沢山ありました。
特に型を破る際には、いつも覚悟がいります。

デザインにも基礎や型がありますし、どの業界も常識や暗黙のルールと言うものが存在します。
その基本の型を会得しないまま、いきなり個性や独創性を求めると、いわゆる「形無し」状態となってしまいます。
結局表層だけ真似ても、中身が伴わなくなってしまいますので、
客観性やタイミングといった難しい判断も必要となります。

カッコイイ大人とは?

理想の大人像:「時代に流されず、時代の創り手サイドにいるような大人。」

理想に近くために必要なこと:時代に流されないよう、ブレない心も大切ですが、
時代に合わせながら柔軟に変化させることも必要だと思います。
景気が悪い、会社が悪い、誰が悪いと嘆いている大人より、
「常にアンテナを張り巡らせながら、新しいことにチャレンジしているような大人」の方が断然カッコイイ大人だと思います。

今後の展望

「デザインは人の未来を動かす」 これは私が独立した頃からのスローガンです。
その思いを胸に多くの人と出会い、いまでは法人として活動しています。

私たちの会社では、中小企業の皆様をはじめとして、多くの経営者様とお仕事をさせていただいています。
その中小企業の皆様にとって、もっと身近にデザインを活用していただき、
「商品の高付加価値化」「競争力強化」を図っていただけるよう、様々な事業支援を実施します。
中小企業は、日本の全企業数のうち99.7%を占め、私たちの生活に密着した財やサービスの提供を行っています。
その中小企業の皆様の事業をデザインを通じて、サポートすることにより、
私たちの地域や日本が、より元気になるためのたくさんの原動力を社会へと送り出していきたいと考えています。
そして、私たちの武器であるデザインは、日本の未来をも動かします。

若者へのメッセージ

「若者には大変な時代だ」とよく言われますが、
若者にはとても働きやすく、チャンスの多い時代でもあると思います。

ただ、選択肢が多いので、どこで、どのような行動をとるのかという
「覚悟の瞬間」は、これからの時代も大切なカギとなります。

日本の明るい未来のためには、一人ひとりの想像力や行動力がとても大切になります。
それには身近なヒト・モノ・コトに対し、どのように自分が貢献できるのかを考えることが、いちばんの近道だと私は考えています。

ボランティアなどの活動も大切ですが、身近でも社会に対してできる小さな貢献は沢山あります。
現在、自分が置かれれいる環境などから、少しずつでも想像力を働かせ、
一人ひとりが、できる小さな社会貢献活動を考えることが当たり前な時代になれば楽しいですね。

そのために活気溢れる若者が中心となり、明るく輝ける日本の未来を創ってほしいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

スタジアムDJ パトリック・ユウ

スタジアムDJ
パトリック・ユウ

元スピードスケート選手 黒岩敏幸

元スピードスケート選手
黒岩敏幸

元WBA世界ライトフライ級王者 具志堅用高

元WBA世界ライトフライ級王者
具志堅用高

お気に入り

名刺入れ

若手の時、あまりにも社会人っぽくないため、周囲の人たちが心配していただいたもです。右は会社先輩(面倒見の良いおばちゃん)から。左は取引先の人(外資系の謎の外国人)から。

RAT FINK(ラットフィンク)

高校時代から大好きだったアーティスト Ed "Big Daddy" Roth の作品です。いつもデザインの楽しさや、遊び心を思い出させてくれます。