大宮エヴァグリーンクリニック 理事長・院長 伊勢呂哲也
いせろてつや

伊勢呂哲也

東京都生まれAB型
職業:大宮エヴァグリーンクリニック 理事長・院長
趣味:ゴルフ・筋トレ
座右の銘:行動しないと何も始まらない

2003年3月 東京学芸大学附属高等学校卒業
2009年3月 名古屋大学医学部医学科卒業
2009年4月 JAあいち豊田厚生病院初期研修医
2011年4月 JAあいち豊田厚生病院・腎臓泌尿器外科勤務(若手研究B 科研費取得)
2014年4月 医療法人仁生会高木病院勤務
2016年4月 医療法人誠高会おおたかの森病院勤務
2019年4月 大宮エヴァグリーンクリニック院長就任

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

泌尿器科は全身管理、感染症や悪性腫瘍など、多くの分野を網羅していることから、幅広いことができる医師を目指し、泌尿器科を選びました。いつかは、地域に根ざした開業医になりたいと考えており、泌尿器科だけでは心許ないと思い、消化器科の病院を継承する道を選びました。私自身、勉強をすることは好きなので、2年間、消化器の専門施設で勉強をし「患者さんをより広くサポートできる」医者を目指しました。

現在の仕事への想い

私は、この仕事を天職だと思っています。患者さん・スタッフの声に真摯に耳を傾けることを重要視しているのですが、実際、患者さんと会話をしていることが楽しく、そして私が進めたお薬を選ぶことで患者さんに「良くなったよ」と言っていただけることが、やりがいです。また経営者としても、常にクリニックがどのような状態にあるか意識し、世の中の情勢を判断するようにしています。

あなたにとって覚悟とは

一生大宮の地域に根ざし、個々の患者さんの健康とスタッフを守っていくことです。事業継承をする時、クリニックを自分で守っていくという覚悟はしておりました。患者さんも多く来院してくださり、順調に進んでいたところ、2020年新型コロナウィルスの発症で、クリニックにも影響が出ました。病院に行くことを不安視する患者さんが増えることで来院数も減り、クリニックの代表として、経営意識を更に高めていく必要があることに気が付いたのです。ここで、改めて「覚悟」する瞬間となりました。今後も、新型ウィルスや社会の変化で、同じような影響を受けることがあるかもしれません。そこで、患者さんにもスタッフにも、安心していただける環境づくりを私自身が行っていこうと強く考えております。

カッコイイ大人とは?

心が通ってる大人。自分のやっていることに触れなく誇りを持っている人です。以前勤めていた職場で出会った先輩が、どんなに忙しい状況でも文句や、人の悪口を言うことなく、黙々と自分ができることをこなしていました。その先輩を、医師としてカッコイイと感じております。

今後の展望

大宮の皆様に、私個人のこと、当クリニックのことを、より知っていただきたいと考えております。「ここに来れば良い診療を受けることができる」「ここで働けばやりがいのある仕事に就ける」と、皆様に感じていただけるクリニックにしていきます。そして今日、コロナウィルスが猛威をふるっていますが、まずはクリニックを守り、スタッフを解雇せずにこの先も守り続けていきます。

若者へのメッセージ

新しいことに挑戦する時、周りの人に「やめたほうがいいよ」と言われることがあると思います。一度きりしか無い人生です。まずはやってみないと何も始まらないですし、何が待っているかはわかりません。安全なところにいるのではなく、挑戦することを大切にしてください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授 高山忠利

日本大学医学部 医学部長・消化器外科教授
高山忠利

フランス料理人 坂井宏行

フランス料理人
坂井宏行

衆議院議員 稲田朋美

衆議院議員
稲田朋美

お気に入り

白衣

短いジャケットが好きなので、長い白衣より短い白衣が好きです。

理念カード

2020年の初めに、職員全員で意見を出し理念を決めました。
「共に支え合い、お互いを尊重し、一つのチームとして常に笑顔で成長します。私たちは、気軽に相談できるスタッフがいるクリニックであり、すべての方に満足して帰っていただけるクリニックを目指します。」