センターモバイル 代表取締役 中越達也
なかごしたつや

中越達也

和歌山県生まれA型
職業:センターモバイル 代表取締役
趣味:旅行
座右の銘:迷ったらGO

1989年和歌山県生まれ。人が喜ぶ顔を見ることに生きがいを感じ、学生の頃から様々な事業に挑戦。ファッションが好きなことから「イタリアで自分のブランドを立ち上げる」という夢を掲げた後、自分のブランドを立ち上げ、イタリアのモンテ・ナポレオーネに本店をオープンし、日本の百貨店にも出店。近畿大学経営学部経営学科を卒業後、個人で通信事業と広告事業に取り組む。これら2つの事業をつなげることで、社会的意義のある携帯電話のシステムをつくろうという想いから、2020年に「センターモバイル」を設立。FC事業も展開。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

毎月支払う携帯料金の負担を少しでも減らしたいと思い事業を立ち上げました。友人との会話で「お金が無くて子供を塾に通わせれない」と嘆く一方で、「携帯電話には家族で3万円を支払っている」という話を聞いた際、矛盾と違和感を感じました。どのようにすれば携帯料金を0円にできるかを、自身が携わってきた事業を省みた際、現れた発想が広告分野との融合でした。もし顧客のスマホやアプリの使用履歴や通信経路などのビッグデータを取得することができ、広告企業が求める顧客に、最適な内容、最適な時間に広告配信ができたならば、情報を届けたい広告スポンサーが集まると確信し、集まった広告費を活用すれば、携帯料金は0円にできると考えました。

現在の仕事への想い

「もし、毎月の料金が0円だったら。もし、携帯電話に流れる広告が本人が知りたい情報だったら。もし、広告費の無駄遣いがなくなったら。」これが「もし」ではなく実現できたら、どれだけ社会に役立てられるのか。弊社の企業理念は「人との信頼を育み、人を大切にする」です。関わった人全てを幸せにし、社会をより良くする企業でありたいと考えています。

あなたにとって覚悟とは

迷ったらGOが私の覚悟です。人生というのは選択の連続だと思っています。人は誰でも何かに挑戦するのは怖いと思います。しかし、勇気を出して挑戦し続けることで得る経験が、凄く人生を豊かにしていると思っています。正直僕は人前に出るのが苦手です。しかし、自分が表に出てくることで、良い商品を世の中に知らせることができると思い、最近は表に出るようになってきました。自分が表に出たくないと言いながら、世の中に良い商品を伝えるは矛盾している「自分のエゴの為に社会に迷惑をかけている」と思った時から勇気を出して表に出てきました。結果、大勢の人に弊社の商品を使ってもらうことができましたし、素敵なご縁を沢山いただけました。その経験が自分への自信につながり、充実した毎日に繋がっていると思います。迷ったことでも、勇気を出して挑戦してよかったと思っています。

カッコイイ大人とは?

私が思うカッコイイ大人は、何かに挑戦し続けている人です。何かに挑戦すれば周りから好き勝手言われます。陰口も沢山言われたりもします。しかし、主人公は陰口を言っている側でなく、言われている側なんです。有言実行で挑戦し続ける、そういう大人が何かを成し遂げます。何があろうとも、自分の美学を信じ、自分に嘘を付かず、覚悟を持って挑戦し続ける人間がかっこいい大人だと思っています。

今後の展望

携帯電話は毎月0円で使えるという常識を世の中に浸透させていきたいと思っています。常識というのは日々変わっていきますが、その常識を作り上げたいと思っています。インターネットで服なんて誰が買うの?って言われていた時代もありましたが、今では多くの人がインターネットで買い物します。Googleマップが普及してからカーナビが無料でも使えるようになりました。携帯電話は毎月無料で使えるという常識を作る企業でありたいと思っています。

若者へのメッセージ

伝えたいことが2点あります。1つ目は、挑戦することを忘れないで欲しいです。傷つくことは誰でも怖いです。しかし、挑戦することを恐れている人は、成功の反対にある失敗というものに恐怖を感じているからだと思います。しかし、挑戦することで得ることは「成功」か「経験と学び」のどっちかしかありません。世の中のかっこいい大人達は日々挑戦しています。挑戦すればするだけ、良いことだと分かっているからです。グーとチョキしか出せないジャンケンならグーを出しますよね?損することなんて何もないので、日々挑戦することを忘れないで欲しいです。2つ目は、社会のことを考えて欲しいです。今もし、自分自身が幸せだと思っていないなら、まずは自分を幸せにしてあげてください。自分自身を愛せない人にはなって欲しくありません。自分を大切にしてあげてください。そして、自分自身が幸せになってきたと思ったら、自分自身が社会にどのように貢献できるのか?ということを考えて欲しいです。社会に貢献することを考えて、挑戦してみてください。必ず、今まででは経験できなかった経験ができますし、多くの人を幸せにすることができます。将来に不安を感じている若い人も多くいるとは思いますが、それはあなたが見ている大人が輝いていない人だからかもしれません。一度視野を広げてみてください。あなたが思っているよりも輝いて見えるかっこいい大人は沢山います。是非とも、あなたもかっこいい大人になって、次世代に憧れられるような立派な理想の自分になってくれると嬉しいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

脚本家兼演出家 西田大輔

脚本家兼演出家
西田大輔

衆議院議員 中田宏

衆議院議員
中田宏

元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者 石田順裕

元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者
石田順裕

お気に入り

財布

イタリアで製作した自社ブランドの財布です。

時計

目標を達成した時に買った時計です。初心を忘れずに日々覚悟を思い出せます。