覚悟の瞬間(とき)

いつもジェネラルクリニック 院長 金児民
きむあみん

金児民

生まれO型
職業:いつもジェネラルクリニック 院長
趣味:Dance、映画鑑賞、散歩
座右の銘:My true religion is Kindness.

東京にて中高卒業後、韓国の医大に進学し2009年に医師免許獲得後、アメリカニューヨークへ留学、医学と語学勉強後、ヨーロッパの各国を回りながら、各国の医療システムにつき学ぶ、2011年に厚生労働省認定を受け日本で医師となり東京女子医大病院初期研修後、東京女子医大病院救急センターに救急医学科に入局し集中治療、救急外来、災害対策班として勤務幅広い臨床経験を積む、社会活動としては東京DMATにて活躍。2018年「いつもジェネラルクリニック」を開業。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

女子医大病院救急センターにて勤務しながらも、診察のスペクトラムを広げるために、当直明けや休日を使い様々な病院やクリニックを経験しました。その3年間の間、専門化されすぎている、無駄が多い今のクリニックの在り方に疑問を感じ、何でも相談できる古き良き時代の「町医者」の必要性を強く感じるようになったため、「いつもジェネラルクリニック」を開業しようと思いました。

現在の仕事への想い

私の理念は「ヒューマンラブ」です.私は人が大好きで、どんな人にも愛をもって接したいと思ってます。相手に対し差別や先入観なく、家族を思うような気持で接することができれば、すべての問題は解決できると思ってます。この心をベースにそこに医療という究極的なサービスを提供する。それが私のこだわりだと思います。

あなたにとって覚悟とは

「失敗しても悔いはない」と思うことが覚悟だと思います。クリニック開業準備の際、うまくいきそうにないと周りの反対が強かったんです。しかし自分そして開業準備をともにした親友(今のクリニック事務長)を信じて、失敗しても悔いはないと思ったからこそ、一歩踏み出すことが出来ました。

カッコイイ大人とは?

どんな状況でも優しさとユーモアを忘れない大人です。まさしく、インディ・ジョーンズのような方です。彼はどんな危機的状況でもユーモアを忘れず、その逆境を乗り越えます。辛くて、キツイ、そんな状況でもユーモアでプラスに変えることの出来る方はかっこいいです。

今後に向かって

やさしさに包まれている医療が提供できる場所(Place)をどんどん増やしていきたいです。その場所は「いつもジェネラルクリニック」のようなクリニックでもいいし、全く別の形でも良いと考えてます。とにかく人々に対し優しい医療を親密に持続的に適切に提供できるような場所(Place)を増やしていきたいです。

若者へのメッセージ

しっかり勉強して、しっかり仕事して、その後に遊べばシンプルに何事もそう難しくないはずです。自分が思う「正しい道」を悔いなく歩いていきましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

作家 石田衣良

作家
石田衣良

北海道夕張市長 鈴木直道

北海道夕張市長
鈴木直道

元シンクロナイズドスイミング選手 青木愛

元シンクロナイズドスイミング選手
青木愛

お気に入り

カバン

ミニマリズムで、ものにこだわらないですが、常に共にしているといわれたらカバンですね。

家族写真

私のやさしさや愛の源です。