中央直販 代表取締役社長 曽我郁人
そがあやと

曽我郁人

千葉県生まれO型
職業:中央直販 代表取締役社長
趣味:温泉旅行
座右の銘:選べる立場

2013年 10月 株式会社光通信へアルバイトとして 入社
2015年 1月 歴代最年少部長として 入社
2019年 4月 株式会社中央直販 設立

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

きっかけは、すごくシンプルなものです。高校生までずっとサッカーに夢中でしたが、大学進学後、なにをやってもつまらなくて人と違う事がしたい、周りと差を付けたいと思うようになり、営業の世界に飛び込みました。その後大手企業の営業として結果を出しマネジメントをする中で、部下達が「10年後もこの会社にい続けるのか?」という不安の声を聞き、そこで私が「じゃあ新しい風や挑戦する場を率先して創っていこう」ということで今の会社を起業するに至りました。

現在の仕事への想い

正直、今やっている事業に特別なこだわりは無いんです。儲かる儲からないの判断で物事を完結したくない。ヒトが溢れ、成長する仕事を生み出してチャレンジして行くことを常に意識しているので、逆に言うと、どのような事業や別業種でも、フットワーク軽く飛び込めて固定概念に捉われない方が良いと思ってます。当社の社員には、正直なところ2年、3年の短期間でどんどん退職して行って欲しいというのが私の思いで、理由としては優秀な人材ほど常に挑戦する場を次から次へと求めていくと思うんですね。そこで会社都合で優秀な社員達の成長の妨げをしてはいけないと思っているので、むしろ会社を踏み台にどんどんチャレンジしていってほしいと考えています。そうすることで、様々な場で本質的な仲間がどんどん増えていくことが当社としては嬉しいですね。

あなたにとって覚悟とは

私が独立する前に、約50名から60名の当時部下だった従業員に起業することを伝えたところ、それぞれの生活がある中で、全員が自分についてきてくれることを意思決定してくれた時ですね。正直起業当初から不安はなく、前職から積み上げてきたものがあったので、ワクワクする気持ちの方が強かったです。私1人で会社を創っていくというよりかは、皆で会社を創っていくという気持ちだったので、仲間がたくさんいて、挑戦しがいがあるなと感じていました。

カッコイイ大人とは?

目先の利益や物事に囚われない人ですね。今様々な情報が溢れる中、儲かるビジネスなどと言われているものはたくさんありますが、10年後、20年後と、ずっと続くビジネスでなければ私は一経営者として事業運営をする意味はないと思っています。参入障壁が作れるような可能性がある事業でないと取り組む意義はないと感じますし、さらにそこに紐づいて、利益が出るだけでなく人が成長でき、幸せにできることでなければ、意味がないと思います。お金、事業、人間関係、あらゆる物事を目先ではなく、長期で考えて発言、行動、継続できる大人はカッコよくて、且つ、かっこよく居続けられると思います。

今後の展望

当社から独立していく会社を5年以内に300社、輩出することです。またこの「株式会社中央直販」を5年以内に日本一の営業商社にすることです。「営業」というものは全てのビジネスにおいて必ず関係してくるものですので、当社の「営業」のノウハウを商品として様々な業種業界に広めていきたいと考えております。多くの人材を採用し、多くのアイディア、個性を最大限に活かせる環境を常に意識して様々な参入障壁のある事業を展開し、ヒトが100年成長し続けられる企業を目指します。

若者へのメッセージ

みなさんにお伝えしたい事は、「選べる立場になろう」です。僕の座右の銘でもあるのですが、僕は明確な目標や夢って無くてもいいと思ってます。なぜなら、自分が決めた目標や夢ってその時の環境、結果によって、変わりまくる物なので以外に目標や夢を無理に決めると、それに縛られて、視野が狭くなったり逆効果になる事が僕は多いです。だからこそ、いつ、どんな時にもチャンスやキャリアが降ってきてもいいように、選べる立場になるために目の前のことを一生懸命コツコツやることが一番大切で一番難しい事だと僕は思います。挑戦することは意外に簡単で、逆に、継続することの方が難しいんですねよ。人間、一発逆転は基本無いんです。みなさんも、一歩一歩、毎日毎日を積み重ねて、少しでも多くの、少しでも良い選択ができる様に、選べる立場になりましょう!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

格闘家 宇野薫

格闘家
宇野薫

北海道知事 鈴木直道

北海道知事
鈴木直道

栃木県知事 福田富一

栃木県知事
福田富一

お気に入り

携帯

仕事用で使っています。ガラケーの方が落ち着きます。

ペン

創業した際、お祝いでいただいたペンです。思い出が詰まっていますので今も大切につかっています。