覚悟の瞬間(とき)

x-climb株式会社 代表・起業家 飯降敦史
いぶりあつし

飯降敦史

奈良県生まれO型
職業:x-climb株式会社 代表・起業家
趣味:難しいゲーム
座右の銘:全てのことに意味がある

奈良県室生村向渕に生まれる。22歳までサッカーに没頭する日々。Rマドリッドからオファーがなく、悔しいから全てのエネルギーをビジネスに注ぐ。24歳で起業。現在は「世界一の黒子になる」というビジョンに向かってx-climb株式会社を経営中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

ビジョナリーな企業や経営者と出会い、常に新しいミッションが絶え間なく続いていつもワクワクできるからです。それは仕事というより、旅や冒険に近くて、次はどんな面白い事が待ってるのだろう?と胸をワクワクさせながら新しい出会いに飛び込んでいます。そして、1億人を幸せにするサービスやビジョンを持っている企業や経営者を支え、応援するという事は、それだけの人たちに影響を与えられるかもしれないわけで、その魅力もこの仕事を続ける理由の一つです。

現在の仕事への想い

ありきたりですけど、仕事というものは「魂を込めた本気の挑戦」をしないと全く楽しくないし、ヒリヒリとした緊張感に包まれる勝負の世界でしか得られない充足感や達成感は何物にも代え難いです。そのため、企業として生き残り、従業員やクライアントの幸せを実現することと、経営者のエゴである”ビジョン”を実現することの双方を目指して走り続けるつもりです。

あなたにとって覚悟とは

もう一方の未来を捨てることですね。プロを目指して、12年間打ち込んできたサッカーを辞める決断をした時は自身のアイデンティティと幼少期からの夢を捨てることに内臓が引き裂かれる思いでした。ただそれがあったから、商売の世界で成功を目指す本気の覚悟ができたのかもしれません。

カッコイイ大人とは?

自分に嘘をつかない人。自分を騙したりごまかすことは簡単で楽ですが、歯を食いしばって苦しみながらも信念を貫き、心の声に正直になって生き抜いている人はかっこいいですね。

今後の目標

x-climbは、ビジョナリーな人達を支える「世界一の黒子」になります。基準が世界一なので、2020年までに海外進出し、グローバルで活躍する基盤を整えます。事業はITという軸からブレることはなく、コア事業になっているシステムインテグレーションに加え、企業のデジタルマーケティングを加速させる自社プロダクトのリリースも予定しております。IPOも視野に入れているので、2022年には売上50億円を目指しています。

日本を背負う若者へのメッセージ

世の中は、過大評価と過小評価で溢れています。本当はどうなんだ?という視点で自分の頭で考え続け、自分だけの答えを持って欲しいですね。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

 パラリンピアン 中西麻耶

パラリンピアン
中西麻耶

タレント 小島慶子

タレント
小島慶子

プロレスラー 武藤敬司

プロレスラー
武藤敬司

お気に入り

サングラス

「童顔のくせにいきってる」と思われそうで全然使っていませんが、いつか挑戦したいです。

はぐれメタル

デスクに置いていると、常に経験値が上がりそうでなんかテンション上がります。