ウエイト東海 代表 片山和洋
かたやまかずひろ

片山和洋

愛知県生まれA型
職業:ウエイト東海 代表
趣味:スキューバダイビング・ゴルフ
座右の銘:人生一人ひとりが主役である

1994年1月 片山組(個人事業)を創業
株式会社福川組の下請として足場工事・機械器具設置工事に従事
2000年3月 株式会社福川組の取締役に就任
とび・土工工事業の専任技術者及び経営管理者となる
2001年3月 株式会社福川組の取締役を退任
有限会社ウエイト東海を設立(資本金500万)
2001年4月 一般建築業 とび・土工工事業 許可取得 (般-13)第53977号
2002年8月 一般建築業 機械器具設置工事業 許可取得 (般-14)第53977号
2002年11月 有限会社ウエイト東海 資本金増額(資本金1,000万)
2005年7月 株式会社ウエイト東海に変更
2006年3月 建設業許可を統合
2011年4月 愛知県知事許可 (般-23)第53977号
2016年5月 建設業許可を統合
2016年6月 愛知県知事許可 (般-28)第53977号
2017年2月 S・G・B (Safety Gate Box) 特許出願
2018年2月 S・G・B (Safety Gate Box) 国際特許出願
2018年10月 S・G・B (Safety Gate Box) 商標登録 商願2017-106053
2019年5月 S・G・B (Safety Gate Box) 特許取得

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

熊本地震、2016年4月14日(木)21時26分以降に熊本県と大分県で相次いで発生した地震で、アイシン精機株式会社様でも機械、製品、荷物やパレットなどの落下・転倒・破損などの被害が大きかった事から相談を受け、人と荷物を守るために自分が何をすべきか!を考えました。

現在の仕事への想い

「to assist all safety policy」私たちは、安全に関わる全ての契約を手助けすることを企業理念としています。足場工事や、S・G・B(Safety Gate Box)を開発したことも、安全を最優先に、人や製品を守りたいという思いから生まれました。S・G・B(Safety Gate Box)が広く世に広まり、人々の安全を守ること、人の命や安全性を最優先にする社会の実現に向けて努力し続けます。

あなたにとって覚悟とは

SGB®を開発してこの仕事に初めて触れて、自分が何をすべきかを考えるようになった瞬間です。誰が見ても危険だねと思うようなこと、当たり前のことが浸透していない、他人事に考える人が多い。そのような世の中に対して伝え続けていこうと決めました。

カッコイイ大人とは?

本音でぶつかること、気持ちを伝えること、他人を思いやること、他人を裏切らないこと、そんなカッコイイ大人になりたいと思います。私が黙るときは死ぬ時です。怒られても、悔しい想いをしても、自分の周りの人間を守っていきたい。守るための責任感は持ち続けて行動していきたいですね。

今後の展望

『各企業さんのお手伝いをさせてもらいたい。』足場工事を安全や人を守るという気持ちで継続してきた経験を活かして人に協力させてもらいたい。世界中の物流に携わる人に、ぜひ、SGB®を安全対策や営業の1つとしてご活用頂けたらと思っています。危険を認識する。見てみぬふりをしない。ということをこれからも伝え続けていきたいです。

若者へのメッセージ

『人生一人ひとりが主役である。』夢をあきらめないで、伝える、叶える、努力をしてほしい。人を幸せにすることが自分の幸せの近道です。諦めず、自分を大切にして、自分が何をすべきか、何がしたいのかを考えて責任ある行動と伝えることを諦めずに、一緒に頑張りましょう!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プロフリークライマー 尾川智子

プロフリークライマー
尾川智子

デザインディレクター 川崎和男

デザインディレクター
川崎和男

ピアニスト 清塚信也

ピアニスト
清塚信也

お気に入り

スマートフォン

仕事をする上で必要不可欠です。お客様からの連絡はいつでも対応できるよう常に持ち歩いています。

腕時計

仕事やプライベートでも身につけ、一緒に歩んできた大切な時計です。様々な方とお会いする機会があるのでその時々で身につける物にも気を使っています。