覚悟の瞬間(とき)

Aegis 代表取締役 清水晴哉
しみずはるや

清水晴哉

大阪府生まれA型
職業:Aegis 代表取締役
趣味:魚釣り、テニス
座右の銘:攻撃は最大の防御なり

高校卒業後、様々な職種に付き2009年にスクラップの仕事で独立。その後2015年に晴金属産業株式会社を設立。コロナウィルスが出始めた2020年に当時、手に入らなくなった不織布マスクが手に入り。地元の八尾市にも寄付させていただき。周囲の方々にも大変喜んでいただき。今後も感染症対策は必須になると思い社会貢献もできるのではないかとの思いから、株式会社Aegisを設立いたしました。様々なご縁から2021年に除菌・抗菌施工業の株式会社Aegis(アイギス)を設立しました。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

コロナがはやってきた時期に、社会ではマスクの不足で騒がれていたと思います。その際に、不織布マスクを寄付したこともあり、社会貢献活動は今後も必要であり、一つできた実績を得て、今後も展開できたらと思ったのがきっかけです。今後どのような世の中になったとしても、ウイルスは数年一度は新型のものがでてきますので、ウイルス対策は世の中で必要不可欠であると考えています。私共は、化学薬品を一切使うことなく、天然由来成分100%で安心のできる商品になります。エビデンスも多く確かな除菌ができる商品ということもあり、それに関わる方々との出会いもあって現在も活動中になります。

現在の仕事への想い

女性の方々も自由に働ける環境づくりを考えています。出産や子育てがある中でどのように働いてもらうか。助け合える職場環境を作っていくことが私の仕事でもあり、そうゆう会社にしていきたいとも思っています。もちろんお客様にも喜んで頂けるサービス、関わってくれたスタッフも楽しく過ごせるようにしていきたいと思っています。

あなたにとって覚悟とは

21歳で収入も少ない時に長男を妊娠した時です。自分の給与だけでやっていけるのか、不安しかありませんでした。ただ当時私も覚悟しましたが、それより先に当時の妻は覚悟していました。並みの生活は、させないといけない。ここで腹をくくったと思います。当時の経験があったからこそ、必死でやればなんとかなる、できる!という考え方は現在もあります。

カッコイイ大人とは?

感謝の気持ちを持っている人や、周りにできるだけ迷惑をかけない人だと思います。また周りの人達からも頼りにされる人です。私の祖母が死ぬ間際まで自分で金銭的な部分なども準備をしていました。金銭的な部分だけでも子供たちに迷惑をかけたくないなと思っています。リタイアするまでは、仕事も遊びも色々な経験をして、何事にもしっかり準備すことは重要だと思っています。子供たちに「かっこいいお父さんだったな」と言われたいですね。

今後の展望

会社としては、子育て世代に対してスタッフの勤務環境の不安を解消していきたいと思っています。その上でリタイア後は、海外や暖かい所でのんびり、静かに過ごしたいなと思っています。リタイアした社員も希望があれば一緒に過ごせたらいいなとも思っています。

若者へのメッセージ

世の中、人生など、何事にも波があります。私自身、色々な方々と出会い、要になる人達との出会いがありました。沢山の言葉や教えは、現在も常に頭の片隅に置いています。浮き沈みがあって当たり前です。経験として必ず力となります。常に考える、何事も考え続ける、それができれば行動が変わり、未来が変わります。一緒に頑張っていきましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

衆議院議員 柴山昌彦

衆議院議員
柴山昌彦

プロボクシング選手 村田諒太

プロボクシング選手
村田諒太

精神科医 名越康文

精神科医
名越康文

お気に入り

財布

祖父からもらった初めてのブランド財布が使えなくなった時に母親から貰った2台目の同じブランドの財布です。

娘からの誕生日プレゼント

娘が小学生の時にプレゼントしてくれました。今も自分の寝室に飾っています。