国城コンサルティング 代表取締役 国城辰彦
くにしろたつひこ

国城辰彦

滋賀県生まれA型
職業:国城コンサルティング 代表取締役
趣味:ゴルフ
座右の銘:三方よしの笑顔の連鎖を創る

富士通カスタマーエンジニアを14年間担当、最年少の課長候補になるも家業を継ぐため転職。営業を極めるため大手リフォーム会社へ入社。25,000件の訪問販売で営業の厳しさを実感しながらトップセールスへ。ただ、クレームが多い環境のため退職。リフォーム店の支店長としてマーケティングを駆使した営業のシステム化に成功。大和ハウス入社後売上全国1位。下請け制度の歪んだ環境を変えるため当社を設立。その後、一般社団法人日本自然災害ホワイト診断協会を設立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私は14年間富士通のエンジニアとして銀行オンラインの安定稼働に携わってきました。エンジニアは極めたとの思いから実家を継ぐつもりで、今度は営業極めるとの思いから住宅リフォームの営業に転職をしました。大手のリフォーム会社では25,000件の訪問販売を経験して、トップセールスマンの極意を会得しました。ただここで経験してわかったことは、この会社は悪徳リフォーム会社だと言うことです。多くの営業マンが泣き、職人が泣き、お客様も泣くことがわかりました。その後地元リフォーム店の支店長として、感覚で行う営業をロジック思考でシステム化することに成功して、営業が喜び・職人も喜び・お客様も喜ぶ環境を創ることができました。50歳になった時、自分の会社だけでいいのかを自問自答しました。そこで営業システムを職人会社に指導すべくコンサル会社を設立して、職人が喜び、お客様も喜ぶ環境を創って好評を頂いています。現在では更に進化させるために、営業のシステム化を特許申請をし、一般社団法人も設立して、安心安全な三方よしのリフォーム業界を目指しています。

現在の仕事への想い

住宅リフォーム業界に30年ほど従事する者として、リフォーム業界を日本的な規模で、売りよし・買いよし・世間よしの三方よしが実現できないかを考え抜いていました。エンジニアと営業を極めた者として出した結論が、「一般社団法人日本自然災害ホワイト診断協会」なのです。スマホ時代に最適な、「AR自動集客自然災害ホワイト診断システム」を特許申請して実施段階に入りました。住宅は自然災害と経年劣化で痛みます。この事実をARチラシのアニメーション動画で分かりやすく解説をして診断依頼を自動集客をします。依頼者に、屋根に登らない安心安全なホワイト診断を実施することで、自然災害の被害の特定ができるため保険会社から認定金を獲得することでお客様は最高の笑顔になります。お客様の自然災害のリフォームはプラチナ施工店が担当します。この喜びの流れを、利益のシェアーをしながら紹介者を増やして、三方よしのリフォーム業界を実現していきます。

あなたにとって覚悟とは

50歳になった時、3か月後に死ぬとしたら何をするかを自問自答しました。営業を極めた者として、自社の売り上げを伸ばしていくか?自分のスキルを多くの方に伝えるか?そして結論をだしました。リフォーム業界の中でも塗装職人は下請けの環境では99%以上が不本意でも手抜き工事をすることは知っていました。手抜きの無い工事をする為には、職人自ら営業をして工事を獲得しなければいけなせんが、職人に営業を教えられる人がいなかったのです。そこで私が職人向けに、ロジック思考の再現性の高い営業ノウハウを教えることにしたのです。周りからは、大手のリフォーム会社のコンサルで稼いだ方がいいよ、下請け会社は儲からないよと言われましたが、私は手抜き工事の無いリフォーム業界にしたかったので、あえて儲からないと言われる下請け会社を専門にする会社のコンサルを始めたのです。この時が覚悟をした瞬間です。

カッコイイ大人とは?

私のカッコイイ大人と思うことは、チャレンジをし続ける人です。エジソンのように、「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」と言える大人、そして綺麗な言葉を語る大人はカッコイイです。

今後の展望

いろんな方と交流を重ねていく中で分かったことがあります。下請け制度で苦しんでいる方は、どんな業界でも存在して困っています。エンジニアと営業を極めた私が考え出した、三方よしの社会を創り出す「AR動画プロモーションシステム(特許申請済み)」で、本物のサービスを提供している方たちが活躍できる環境を創り続けていきます。

若者へのメッセージ

イソップ物語のレンガ職人を要約して紹介します。旅人が3人の男に何をしているんですか?と尋ねました。Aの男は「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。腰は痛くなるし、手はこのとおり、とひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。」Bの男は「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。」Cの男は「俺達のことかい?俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!素晴らしいだろう!」。一見同じことをしていても、目的意識で人生は変わります。多くの方が祝福を受ける大聖堂を創っていきましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

アーティスト 影山ヒロノブ

アーティスト
影山ヒロノブ

俳優 田中要次

俳優
田中要次

女性学研究者 田嶋陽子

女性学研究者
田嶋陽子

お気に入り

ノートパソコン

何処にいても、ZOOM会議や資料作成等ができるので必須のアイテムです。

iPhone

業務連絡や情報収集に必須のアイテムです。