株式会社Enbition 代表取締役 川北憲史
かわきたのりふみ

川北憲史

大阪府生まれB型
職業:株式会社Enbition 代表取締役
趣味:スポーツ全般(特にゴルフ・野球・テニス)、旅行
座右の銘:思考は現実化する

高校時代は名門・京都東山高校テニス部でキャプテンを務め、全国大会に出場。大学時代は人生ネタ作りと称し、ヒッチハイクや東南アジアでバックパッカーの旅などをして、今しか出来ないことや経験に重きを置いていた。大学卒業後、大手ハウスメーカーに就職。営業として3年間従事した後、さらなる成長の場を求め、ベンチャー企業に就職。そこでとにかく個の力を磨く事に専念し、2017年12月に株式会社Enbitionを設立。今は成長著しいフィリピンの不動産を扱う事業を展開している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私の恩師が数年前に自身でフィリピンで不動産投資をしており、その時に接点のあったフィリピンの財閥企業から「日本での販売活動に協力して欲しい」という話があったのがきっかけです。フィリピンの今後の経済成長や不動産市場を考えると、これは長期的に事業展開が可能だと考え、本格的に取り組んでいく事を決めました。学生時代、東南アジアをバックパッカーで旅をしていて、その時に感じたエネルギッシュさや人々がイキイキしている姿を見て、漠然と「いつか東南アジアで仕事がしたいな」と思っていました。現在その想いは実現し、思考は現実化するのだなと感じております。

現在の仕事への想い

社名にも使っている“人とのご縁”を大切にしております。私自身、今まで人とのご縁で生かされ、成長してきたので、これは何歳になってもどれだけ成功しても大切にしていきたいと思っております。後は、まだまだフィリピンに対して良いイメージを持っていない方も多くいらっしゃるので、良いイメージを持っていただけるように変えていきたいです。

あなたにとって覚悟とは

3年間勤めた大手企業を辞める決断をした時が私にとって覚悟の瞬間でした。周りの人には「なぜ安定の大手を辞める必要があるんだ」「冷静になって考え直しなさい」「独立しても絶対うまくいかない」と言われたのを今でもはっきり覚えていますが、あの時負けずに貫き通して本当に良かったと思っております。私にとって覚悟とは、自分が決断した以上は何があっても最後までやり切る事。“出来る出来ない”ではなく“やるかやらないか”だと思うので、これからも覚悟を決めた以上は最後まで貫き通す人でありたいと思っています。

カッコイイ大人とは?

仕事もプライベートも全力な人!私の尊敬している人は皆、仕事も遊びも全力です。目指すべき姿は『何事も全力・謙虚さ・利他の精神・人間力』を兼ね備えている人です。私の周りには有難いことに目指すべき姿の方がたくさんいらっしゃるので、常にモチベーションになりますし、決して驕り高ぶる事がないです。

今後に向かって

今のフィリピンの事業をもっと拡大させて、人から信頼される会社経営をしていきたいです。人とのご縁を大切に、関わってくれた人と共に成長し、豊かになっていきたいと思ってます。私自身は人として・経営者としてまだまだ未熟者なので、とにかく今はたくさんの事にチャレンジをし、経験に重きを置いて成長していきたいです。目標はグローバルに長期で活躍し続ける人材になることです。

若者へのメッセージ

今の私の立場でメッセージなんて恐縮ですが、1つだけお伝え出来るとするならば「とにかく行動しよう!」です。世の中が激変している昨今、今までの常識や当たり前は通用しなくなってきています。私は今の時代、“動いたもの勝ち”だと思います。世の中チャンスだらけですし、何かチャレンジするにはとても良い時代だと実感しています。現状に満足するのでは無く、チャレンジ精神をもってどんどん行動していけば、必ず良い未来が拓けると思います。若いチカラで日本を元気にしていきたいです!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元プロ野球選手 金本知憲

元プロ野球選手
金本知憲

バレーボール元日本代表・タレント 川合俊一

バレーボール元日本代表・タレント
川合俊一

元プロ野球選手 小宮山悟

元プロ野球選手
小宮山悟

お気に入り

時計

良い時計を1本は持っておきたいと思ってる時にロレックスっぽくないデザインに一目惚れし購入しました。それ以降運気が一気にUPしています。

ペン

恩師に会社設立祝いでプレゼントして頂いたMONTBLANCの限定モデルのペン。
書きやすく、あまり被らないので気に入ってます。